私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年01月22日

高校ラグビー 大阪朝鮮高級学校VS黄金世代選抜 於関西学院大学

 今日は、関西学院大学まで高校ラグビーの

 大阪朝鮮高級学校VS黄金世代選抜(「友情花園」)

 を見に行きました。

 阪急電車に乗ったのは何年ぶりだろう。

 甲東園の駅から歩いて行きましたが、関西学院大学のホームページにあるアクセスマップとキャンパスマップのPDFファイルを印刷して持って行った地図がすごく役に立ちました。

 キャンパスに入ってから、少々方向が不安で、歩いている大学生さんに「第2フィールドはどこですか?」と尋ねるも、なかなかわかりません。何人目かにキャンパスマップを示しながら「現在地はどこで第2フィールドはどこですか?」と尋ねると、方向を教えてくれました。

 途中でおばさんが中学生くらいの子(たぶん関学中学の生徒でしょう)に「ラグビー場はどこでしょう?」と尋ねていました。私もいまいち自信がないのでそのやりとりは横目にしつつ自分の判断した方向に進んで行きました。そしたら中学生が私を追い抜いて歩いて行き、おばさんに「ここを通って下さい」と言っているのは、確かに私が進むべき方向と思っている道。ただしあぜ道(舗装はしてあるけれど)なので、これはわからにくいよな、という道。

 並んで進むようになったのでおばさんと会話。

お「ラグビーですか?」
私「ええ。すごい人たちが来るんで見たいなあ、と思って」
お「花園には行かれたんですか?」
私「いいえ。花園は遠いので」
お「松島君は来ないみたいですね」
私「ええ。残念ですね」
お「権君は脳震盪で出られなかったんですよね」
私「今日は頑張ってくれるんじゃないですか」

 なんて話をしながら行きました。で、ついたのが人工芝を貼った陸上競技場。400mトラックの周囲に2重くらいの人が取り囲んでいました。練習をやっていましたが、パスのボールの速さ、距離がいつも見ているのと違う、違う。

 午後2時40分頃の試合開始でした。


kaisimae.jpg

 開始前挨拶。

kinen.jpg

 開始前の写真を撮る報道陣。音声さんが2人いたので、テレビクルーは少なくとも2組いたと思われます。

kinen.jpg

 肩を組み合う両チームの選手。



 動画はLUMIX FX-60の動画機能で撮ったので非力ですが。サイズはVGA。



大阪朝鮮高級学校の試合前の雄叫び。黄金世代選抜の方も撮ったのですが、雄叫びが終わってしまってからになってしまったので割愛。



 ファーストスクラム。



 権裕人君の突進もあり(と思うんだけど・・・)



 ゴール前からの黄金世代選抜の反撃。

gon.jpg

 背番号13番が権裕人君。



 目の前のモール・ラック。



 目の前のスクラムから黄金世代選抜がボールを回すが、朝高が奪ってキック。
 試合結果は 大阪朝鮮高級学校 19−10 黄金世代選抜(ありゃあ、23日の新聞によると21−10ですね。ゴールを1本外した、と思っていたのが入っていたのかな)

 でも、勝敗とか得点とかはこの試合ではどうでもいいのかもしれません。



 ノーサイド。負傷してグラウンドの外で治療を受けていた黄金世代選抜の選手を迎える。そして観客に挨拶。みんなすごくいい顔してますね。

 タックルするたびにドスッ、バキッ、ボコッ、っというような音が聞こえてましたが、全然平気な顔をしてみんな走り回っていました。

 冥土の土産にええもんを見せてもらいました。

大阪朝鮮高・権、感謝の親善試合…ラグビー


 おまけ。



macdo.jpg

 甲東園駅前のマクドナルド。いっぱいでした。

bokujyou.jpg

 上ゲ原牧場から見た校舎。この風景にあこがれて受験しました。どんな学問してるかとか、全然関係なしに(アセ)落っこちましたけど。

kousya.jpg

 校舎と木。

kangakurugby.jpg

 見ている、たぶん関西学院高校ラグビー部の選手たち。いきなり腕立て伏せをやったりしてました。

kaeru.jpg

 西宮市の下水(汚水?)の蓋。何故かカエル。

kosien.jpg

 西宮市の消火栓の蓋。酒蔵と甲子園。

bukkyo.jpg

 西宮北口の駅にあった仏教大学の宣伝看板。京都なのに・・・。阪急沿線に校舎ができたということかな。

posted by kingstone at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ラグビー・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある施設での自閉症者への対応の件 虐待? 続報 施設長さんの反論も

ある施設での自閉症者への対応の件 虐待?

のもとになった「探偵ファイル」に続報が出ました。今回は施設長さんの反論と、情報を流出させた方の言い分やインタビュー動画があります。

私はさつき学園の園長です。

 また思い浮かぶことなど、書いて行きます。まず施設長さんの反論から。

「まずIさんの怪我についてですが、口の横の擦り傷はその時に出来たものではなく、日常的に腕や方で口の横をこするという行為で出来たものです。」

 なるほど、そういうことはあるかもしれません。これは「自己刺激行動」である場合もあるかもしれません。でもやっぱり「環境を整え」「意思を表現する手段がある」状態なのかなあ、それが満たされていたら、回数はどうだろう、というのはあります。

「右目の痣については投稿者がIさんにこれまで頭突きの行為が無かったと書いている通り、初めは私も信じられませんでしたが、頭突きをされた職員もおでこに腫れがあり、氷で冷やしていました。
その数週間後に私自身がIさんに同様の頭突きをくらいそうになったことがあり、「なるほど、これで怪我をしたのか」と納得しました。その後他の職員もIさんに頭突きを受けそうになったことが記録されています。Iさんには施設内では他人の足を踏みつけるなどの他害行為はありましたが、過去に頭突きはありませんでした。しかし、家庭内では以前はあったそうです。」

 頭突き行動が「家庭内ではあった」が「施設内では報告が無かった」しかし最近出てきた。となれば、環境の変化があったのではないか、わかるように伝えているのか、表現手段の確保はされているのか、を疑うべきだと思います。

「また、Iさんはお父さんを亡くされてからかなり身体的にも心理的にも大きな変化があり、行動が以前とはかなり変わってきていました。」

 もちろんお父さんが亡くなられた、という事実は大きいものがあるかもしれません。しかし「問題」が起きた時、こちらが情緒的に考えると失敗することが多いです。心の問題、と言うかな。そういうものが「無い」と主張しているのではありません。そこはめいっぱい考慮するとして、我々他人にできるのは環境の調整しか無い場合が多いのです。

「次に投稿者がマウントと称している行為ですが、施設内では安全確保のための行動制限ガイドラインを設け、パニック状態で自身にも他者にも大きな危険を伴う状態の時には、安全確保のために寝かせた状態で体を抑えるようにしています。」

 これも前回も私も書いたように「仕方ない」場合もあります。しかし、この文言では、う〜ん、結構日常的に行われているような感じがあるなあ。あくまでも「よほど危険が迫っている時以外は、腕をつかんだり、体を押さえつけたりしない」という方向から語られるべきものであって。

「動画にあった場面では、利用者さんはガラスへの頭突き、自分の目に指を突っ込む自傷行為、他者に対する噛み付きと叩きという行為が1時間以上続くという大変な状態で、職員も利用者へ大怪我をさせないために必死で行動を抑えている場面です。」

 「見てわかる環境」「表現の手だて」「選択できること」がどれだけ確保されているのだろうか。

「「当時あったはずのこの記録が今はなぜか削除されている。」と投稿されていましたが、そのようなことは一切ありません。今でも支援記録管理ソフトの中にそのまま残っています。」

 なるほど。この部分は明白な間違いということですね。

「職員の言葉使いについては、一人の大人の人間に対して失礼に当たる言葉使いが聞こえてくることもあり、その都度注意をして改善する努力をしています。これはどの現場にも共通した課題ではないかと思います。」

 これは努力して頂きたい。ただし「言葉づかい」の問題でなく、それこそ「人権感覚」の問題なのですけどね。

 私が知的障害特別支援学校にいた時、校長が授業参観のある日の職員朝集で「今日は保護者が来られるので大声や乱暴な言葉で子どもに指示をするのはやめるようにして頂きたい」と職員に指示を出したことがあります。全然根本的な解決にならない指示ですが、それでも何も言わないよりましでしょう。逆に言うと、使命感あふれた校長でも現場にそれくらいしか言えなかったのですね。(注・これは大昔の話で今は違うと思います)

「さつき学園ではこれまで、自閉症者の内面理解に努め、本人の主体性を大事にして支援者との間に相互主体的な信頼関係を築くことを目標にして支援を行ってきました。」

 どういうふうに努力してきはったのかな?一生懸命考えるだけでは意味が無いのですが。具体的な手だてをもって表現してもらわないと。(その上でいっぱい想像力をはたらかせることは良いことです)そしてそれ以外で自閉症の人と支援者との間に相互的な信頼関係は生まれません。

「強度行動障害の方を多く支援する中で、自傷や他害による事故、怪我というものは絶えません。そうした中で職員は日常的に利用者さんに噛まれたり殴られたりしながらも、それを利用者さんの言葉に出来ない気持ちの表現行動であると捉え、辛抱強く対応しています。」

 辛抱強く対応してるだけではダメだということは何度も書いている通り。「噛まれたり」「殴られたり」が日常的にある、ということは環境調整(「わかるように伝える」「本人からの表現手段がある」のあたり)に失敗していることがおおいに考えられますから。

「投稿者はおそらく昨年末に退職した元職員であると思います。数年前からうつ病を患い、仕事の面でもミスや病欠が多くなり、周りの職員との人間関係もうまくいかなくなっていました。そうした中で隠し撮りや盗聴などの人権侵害に当たる行為も行うようになっていきました。」

 その通りかもしれません。私も周囲から「変」と呼ばれてたなあ。でもだからこそ大切なことを伝えてくれているのかも。

「投稿者の今回の行為は利用者さんへの重大な人権侵害であり、毎日身を犠牲にして全力で行動障害の支援に当たっている現役職員への侮辱が含まれていると思います。非常に悲しいことです。」

 確かに「了解を取っていない」という意味では人権侵害かもしれませんね。しかし、その前に周囲にある「困ったこと」の量や強度が強すぎるかもしれない。「現役職員への侮辱」はどうなんだろう。

「もしご不審に思われる点がございましたら、いつでもけっこうですので見学にいらしてください。
当施設には日常的に見学者や実習生、保護者様が出入りしており、何も隠し立てすることはございません。」

 これはとてもいいことですね。


 投稿者の記事から。

「本人は本当に危険な場合にマウントをすることもありますが、感情に任せてということはないようです。」

 感情に任せてならダメで、冷静になら良い、というもんでも無いなあ。私のいた知的障害特別支援学校でも冷静に「威嚇と暴力」を使う人はいたけど。

「泣いていた女性支援員もいて、あなたの行為は、たくさんの人を傷つける行為だと、非難されましたが、暴力行為にさらされ、心ない言葉の暴力を日々浴びせかけられた利用者のために泣いたのではなく、自己保身、自己愛、自分が傷ついたことの涙なのでしょう。 」

 これはわからないですね。支援員さん自身は「愛情豊か」で「熱心」な方である可能性が高いです。本当に利用者さんのため、またそれなりにうまくやっている(と思っている)組織ががたがたにされる、という怒りや悲しみで涙を流されたのかもしれない。ただ、実は「知識」や「技術」を知らないためである部分もあるかもしれない。「こうすりゃそんなことしなくてすむんだよ」ということをご存知ないという意味で。

「多くの理不尽な扱いを受けている障害者のための今回の私の行動ですが、少なからず、復讐をしたいという気持ちがあることも事実です。いけないとはわかりつつも…」

 あはは。「復讐」なあ・・・私が「威嚇と暴力」をばらしたのはなぜだろう。死ぬまでにどこかに残しておきたかった、というのはあるなあ。あんまし「復讐」という気分は無いなあ。で、そこから考え始めないと何も始まらない、そんな気分なのですが。

 ちなみに投稿者が「復讐」と書いておられる気持ちはよくわかるような気がします。現場にいて、すごく悲しいことを見て、自分が何もできないことに傷ついてしまわれるのですよね。それに対して何かをしたくなる。だから、投稿者が正しいとか、ちゃんとやり方がわかっている、とかいう話ではなくて。でも大切な気持ちだと思います。

 そして施設長さんも、何とかうまく運営していきたい、という大切な心を持っておられると思います。

 なお、最後の投稿者とおぼしき方の動画は、私は難聴のせいか何も聞き取れません。


posted by kingstone at 10:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

活動のあれこれ 自閉症児託児活動「れもん」で

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 今回のれもんではA君はボランティアさんとスターバックスへ。
 ○○君はデパートへ。
 □□君も電車に乗りに行き・・・・

 と保護者の方やボランティアさんからの提案で公園以外に外に行く活動も出て来ました。こんな提案が保護者からもどんどん出てきてもいいなあ、と思っています。

 それからプールについても私が全てを段取りしている時は、もうプールに入る、入らないを決めるのがたいへんになってやめちゃいました。ボランティアさんも入れる人もいれば入れない人もいるし。

 でも、保護者主導でボランティアさんを集めて下さるようになったら、集める時に入れる人を指名してお願いしちゃったりしてもいいよなあ、と思っています。現在、△△君のところはお父さんと入ってからボランティアさんがついて託児してますが、ある意味「自分たちでプールに入ってくれる人を見つけ」りゃそれでいいわけですもんね。

追記
 ○○君は知的障害特別支援学校で初めて担任したお子さんでした。私は何もできず、相当つらい目に合わせていたと思います。でもお母さんが研究会に続けて来てくれて、○○君(もう大きくなっていました)も「れもん」に参加しててくれたんや・・・

posted by kingstone at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月は支援グッズ制作会にしますか? 研究会や自閉症児託児活動「れもん」のだんどり

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 kingstoneです。

 ○○さんが来年度の計画に入れてくれてはる

 > (8月11日の制作会は「れもん」、といくらふと共催)

 これは制作会にしますか?
 
 私なんかは昨年度午前中だけ(午後から「れもん」をやった)質問に来られた方を対象にAAC的な実践についてのやりとりを個別にやってたんですね。例えばポスターセッションと言うか、みんな(保護者も)が発表する事例を持ち寄って、で興味ある実践について話を聞く、ついでにその場でとりあえず作ってみることができるもの(カードをパウチしてみるとか※この頃は個人宅にパウチの機械は普及していなかった)をやってみる、なんてのがいいかな、という気がしてるんですが。

 あと、サポートブックの雛形を置いておいて参考にしてもらうとか・・

 もちろんライトタイマー制作会があっても良いと思います。
 ただしこれはsyunさんが「よしやったろ」という気にならないと無理ね。ニーズは確実にあると思うけどね。
posted by kingstone at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幹事ありがとうございました 自閉症児託児活動「れもん」や研究会の打ち上げ

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 そやそや、○○さん、打ち上げの幹事、何から何まで本当にありがとうございました。私が席順を準備するとか言ってたけど、結局間に合わなかった(笑)

 でもって座ってた人を強引に動かしちゃいましたけど・・・・

(※たぶん、普段知り合わない人同士が横に来るように席を変えたのだと思います。保護者同士固まっていたのを、バラバラにするとか) 

 ううう、最近宴会の時は一杯だけビールを飲むのだけど、下手するとさめて眠れなくなることがある・・・・明日(今日だけど)が休みで良かった・・・

posted by kingstone at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月22日(土曜日)

 おはようございます。中途覚醒かな?

 こないだ問題なしとか書いたと思うのですが、またChromeでページを変える時「応答がありません」アラートがほぼ必ず出るようになってしまいました。あ〜あ。

 外は真っ暗です。

 今日は関西学院で高校ラグビー大阪朝鮮VS黄金世代選抜を見に行きたいのですが・・・
 体調次第やな。

posted by kingstone at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする