私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年01月20日

大阪朝鮮VS黄金世代選抜!22日“友情花園”開催(スポニチ)

 スポニチより。(写真も)

大阪朝鮮VS黄金世代選抜!22日“友情花園”開催

$kingstone page-大阪朝鮮権

「両校優勝という劇的なフィナーレとなった第90回全国高校ラグビー大会の番外編が実施される。大阪朝鮮の呉英吉監督(42)が脳振とうにより3回戦以降を欠場した高校日本代表候補のCTB権裕人(コン・ユイン=3年)のための親善試合を企画。交流のある各校に呼びかけたところ、優勝した東福岡のLO水上彰太、桐蔭学園のWTB竹中祥、FB松島幸太朗(いずれも3年)ら黄金世代が一堂に会することになった。

 権は12月30日の2回戦(対福岡)、頭部を打ち、途中交代した。脳振とうと診断されたため大会規定で3週間は試合に出場できないため、離脱。優勝候補だったチームは準決勝で桐蔭学園に敗退した。

 権や水上らはU−17日本代表のころから切磋琢磨(せっさたくま)してきた仲間で、全員が最後までグラウンドに立てなかった権を気遣っていた。優勝した両校以外にも尾道、石見智翠館、明和県央、関西学院、東海大仰星なども参加。「彼の人柄でこれだけの人が集まった。勝負を超えた友情です」と呉監督は感謝している。1日限定の“友情花園”は大阪朝鮮対黄金世代選抜の形式で22日、午後2時20分(関西学院グラウンド)キックオフする。
[ 2011年1月19日付 ]」

 関西学院大学のグラウンドかあ。ええなあ。放送は無いのかな。
 あさってやなあ。


posted by kingstone at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日かあさん 第7巻 ぐるぐるマニ車編 西原理恵子著

 これは買って来ました。

毎日かあさん7 ぐるぐるマニ車編/西原 理恵子

¥880
Amazon.co.jp

 やっぱり笑わせられ、ほろっとさせられます。

※がんじ君が学校に行きたくなかった時の話

とりあえず

 がんじ「なんかつかれた いろいろと」

 朝息子が布団から出ようとしない。

 りえこ「じゃあ今日はお母さんもおやすみ」
 り「とりあえずうどん」どん

 いやな気分の時はおいしいあったかいおつゆ。
 私はちくわのあげたんのせ。
 息子はエビ天二本おねぎたっぷり。
 ずー ずー
 それから公園

 り「お母さんねー45年生きててねー、思うけど」
 り「とりあえず人間は日に干されると大丈夫」

 魚もシイタケもぐっとおいしくなるし ぐっ
 それからコーヒー飲んで
 オレココア

 り「そんな学校イヤなら南米行かない?ウユニ湖って塩田がイカス」
 そらきた
 が「その手にはのりません。だったら学校行きます。」

 が「お母さん仕事いっぱいあったんじゃないの」
 り「んーあるけどいーの」

 ながいことしてなかったな。
 好きな人と公園でさんぽ。
 ゆっくりあるくと楽しいし。


posted by kingstone at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある施設での自閉症者への対応の件 虐待?

 こんなのがありました。

自閉症施設で虐待はあって当然
自閉症施設で虐待はあって当然  〜苦痛


 内容の信憑性については「何とも」というところらしいです。
 ま、私は専門家ではないし、ただの引きこもりだし、書きたいことを書きます。

 私は、この記事に書かれているできごとが事実だと「仮定」して、あるいは文から思い浮かんだことなどを書いておきたいと思います。画像は上記エントリとYouTubeから。

 まず「自閉症施設で虐待はあって当然」の方。

「自閉症施設では、腕力、威圧的な態度、力の対応によって、利用者を大人しくさせる職員のほうが周囲の評価が高く、非暴力、非虐待は利用者を助長させるといって評価が低い。」

 私が過去、勤務した知的障害特別支援学校はこの状態でしたね。それを私は少しは変えたわけですが。それは長々と過去のエントリに書いて来たことなのでいちいち上げません。

 まあ、「威圧的な態度」とやっている本人も思っていることが、実は自閉症の人にとって「わかりやすい」態度であった可能性はあります。また「非暴力、非虐待」は良いことなのですが、その態度を取っている人が自閉症の人にわかりやすい手だてを取っているか、は別問題ではあります。また自閉症の人の自己選択・自己表現が周囲の人にわかるようにしていたか、それが実現できる(あるいはできないのであれば交渉する)環境は整えられていたのか。いくら「非暴力」「非虐待」と自分で思っていても、そこんとこができてなかったら、それは虐待です。

 それから「腕力」「力の対応」は基本はいけませんね。日本でTEACCHの5日間のトレーニングセミナーが開かれた時にスタッフに対し、髭のジャックがまず言ったこと。

よほど危険が迫っている時以外は、腕をつかんだり、体を押さえつけたりしない

ここではちゃんと「よほど危険が迫っている時」と、使う場合もあることが示唆されています。机上の空論、使えない理想論、ではありません。


自閉症施設で虐待はあって当然  〜苦痛

「『日常的には20歳そこそこの女性支援員が利用者のことを呼び捨てにする。
お前、あいつ呼ばわりは日常会話。今日聞いたのは”おめぇ、こんなところで何やってんだよ! お菓子やんねぇぞ!” ジョンとあだ名をつけられている利用者がおり、実際本人を呼ぶときに”ジョン”といい、頭をパシパシと手で叩いていた。利用者は”いたーい”と叫んでいた』」

 アメリカならファーストネームやあだ名で呼ぶことも当たり前かもしれません。日本では「○○さん」だよなあ。「頭をバシバシ」もやったらあかんわなあ。肩口・背中でかつ関西地方なら「つっこみ」の可能性もあるけど、この場合、違うよなあ。

$kingstone page-顔のケガ2

「写真の彼(Iくん)の顔面は腫れ上がっている。ケガは顔の右側。右目下は内出血。頬に擦り傷。目尻に深い傷。記録を読む限り、「利用者から頭突きをした。職員の額と利用者の顔が一度ぶつかった」と書いてある。」

 どうなんやろな。私の勤務していた知的障害特別支援学校では、「跡」が残った場合は問題になりました。

見本になるということ

「自閉症患者の意思表示は行動(健常者から見ると暴れ)や叫びだ。時に言葉で意思が通じないから子は自虐行為に出る。毎日何十回も、(タコが出来るほど)手を噛み、壁を殴る子もいる。」

 これは「こういう場合もある」と言うだけのこと。で、それは周囲が意思表示をできる手だてを用意していないからで。そういう手だてが確保されていれば「暴れ」や「叫び」「自虐」「手噛み」「壁殴り」は相当減らせます。無くなる人も多い。(それでも残る人がいる、と言われたら反対はしません。でもそれは環境を整えてから言うこと)

「この施設ではパニックを起こした利用者への対応として当たり前のように記録でも「マウント」という言葉が使われている。総合格闘技で言うところのマウントだ。」

「ウワア〜」 マウントの瞬間 自閉症施設の虐待
 YouTubeの動画は「禁止タグ」とのことで貼り付けられませんでした。なのでリンクだけ。

 これもさっきの「よほど危険が迫っている時以外は、腕をつかんだり、体を押さえつけたりしない」ですね。私も激しいパニックになっている生徒を抱き留めることしかできなかったことがあります。しかしそれは彼と会って1回目か2回目。その後はそんなことしなくていいようになりました。下の記録はそんなことのあった後のことだと思います。

今日の自立課題学習
今日の自立課題学習2 どこまでがんばらせるのか
今日の自立課題学習3 やっぱりがんばらせてる

 また、私がその知的障害特別支援学校からいなくなった後、ある地域の特別支援教育担当者向けの実践報告会で、給食後にみんなでごちそうさまをするのを待たされていてパニックになった子を抱いて落ち着かせた、と得意になって告げた教師を私が批判したこともあります。エントリにしてるはずなんだけど、探し出せない。そのお子さんも、視覚支援をし、納得できるやりとりをして解決していればパニックにならなかったはず、と思えます。

 あ、あった。これですね。後ろの方に出てきます。

特別支援教育担当教師を支援するということはどういうことだろうか

 でもって、この「マウント」とやらをしている時は1対1対応になっていますよね。まったくもって非効率。人手をそんなことに使うのはお金のめんから言ってももったいない。

「実態を知らないのに何を言うか!」と言われるかもしれませんが、その前の努力がされてるのかなあ??

 私のブログ内を「虐待」で検索して頂くと、施設での虐待事件(公的に報道されたもの)もいろいろ出てきます。

posted by kingstone at 10:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

syunさんに研究会で話をしてもらう件

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 今朝電話でsyunさんと少し話したのですが、といくらふとについてそら多くの人は「うむむ、いったい何なんだ・・・わかんないぞ」だろうし、マジカルトイボックスで話をして資料もあることだし、一度、研究会の教職員部会などで話をするというのもいいね、といったやりとりをしました。

 えっと、ただ私が注文をつけると、マジカルの場合はやはり支援物制作や肢体不自由児の病院→家→学校というようなトータルサポートの話が主で、最後にちょっとだけ(自閉症児対象の)TASキャンプの話などが出て来ました。

 研究会で話す機会があれば、ここはひとつTAS(丹波自閉症協会)や自閉症児託児活動「れもん」、
そして本業(知的障害者通所更生施設。強度行動障害の人も来る)のところの話(私がいつも1対1で聞いてる話)の部分をふくらませて欲しいなあ、と希望しますです。

 そこらへんの話で来年度の教職員部会のひとこまにsyunさんの話を入れて頂いたらどうですか。明日運営委員会で話し合うんよね?

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 syunさんの支援は肢体不自由だ、知的障害だ、という区別はありませんから。とにかく障害のある人が自己選択・自己決定し楽に生き、できる範囲の社会参加をする、そのあたりでしょうか。

posted by kingstone at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

といくらふと(様々な障害のある人へのボランティア集団)のこと

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

>私、といくらふとの代表はsyunさんで、

ここはあたりね。

> 集めてるのじゃなくて、代表を心配して集まっているんだと思いますが

 まあ、□□さんがこう書けば、普通この書き方だと本人(代表)が謙遜して書いてるのかと思いはるかもしれませんが、他人に対して冗談(?)でこう書くノリの集団なわけです(ニコ)

といくらふと(最近の更新は無いみたいですが古い物が読めます)

posted by kingstone at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護者がだんどりをして下さった 自閉症児託児活動「れもん」

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 remonの方かここの方か迷いましたが、こっちに書きます。

 今回、保護者のみなさんがボランティアさんを集めて下さいました。

 実は今週も結構落ち込んでいた私なのですが、おかげ様で何も気にせずひたすら眠っていたりしました。2週間前くらいから帰宅後はいろいろ連絡をしなければ、と気ばかりあせる毎日だったのが、嘘みたいです。

 ○○さんが「託児申し込みのお知らせ」(ただし当分は新規の申し込みはなし・・・つまりかつて申し込んだことのある方だけってわけですね)も作って下さってるし、□□さんがビデオデッキを買って来て下さってるし・・

 あ、あのお知らせ、あれでええんとちゃいますか>○○さん

 めっちゃありがたいです。
 よーし、明日は準備するぞ、という元気も出てきます。
 
 しかしほんま頭がぼーーっとしてるから、いったい何をするか、書き出してからやらないと抜けがいっぱいでそう。

posted by kingstone at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブロック崩し(パソコン用のゲーム 自閉症のお子さんが好きだった)

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※これは「ブロック崩し」ゲームが好きだ、という自閉症のお子さんに、いいのが無いかな、と探した話です。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 ブロック崩しについて、まずGoogleで検索をかけてみました。
 たくさんヒットするのですが、iモード用であったり、win用でも画面がめちゃ小さかったり。

 そこで友人に尋ねてみました。そしたら教えてくれたのが

url(※今見に言ったら既にページは無くなっていました)

 ここからダウンロードしたやつは大画面で迫力あります。
 ゲーム本体だけなら89kですからダウンロードも早いです。
 ただし音楽は2Mあるので結構たいへん。
 もちろん音楽なしでも楽しめます。

 ただし、私にはようわからんがDirectXというものが必要だそうです。でも最近のパソコンならたいてい入っているのではないかと思うのですが。私のはそのまま使えました。

 私はマウスとあとctrlキーとescキーで操作できました。
 他のキーでもできるみたいですが。

−−−−−−−−−−−−−−−

 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 ダウンロードが苦手とのことですが、これ、ダウンロードした後、解凍という作業が必要になります。そういうのもよくわかんないということでしたら、たぶん私が解凍したものをフォルダごと送れば動くと思うので、一度○○さんに解凍ずみのものを送ってもいいかな、と思いますが・・・・

 300kほどの大きさなのでそんなに時間はかかりません。
 どないしはります?

 私が遊んでみたら結構面白いことは面白いですが。
 でも古典的なものがあればもっといいのにな、と思います。

追記
 尋ねた友人はゲーム好き。で、自分でゲームもプログラミングし、その業界では少し名の知られた人でした。

posted by kingstone at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月20日(木曜日)

 おはようございます。

 Chrome8で(別にそれ以前でも)Webを移動あるいは更新しようとしたら「このページは応答がありません」というアラートがほぼ毎回出る。これってひょっとして相手側(サーバと言うか、クラウドのサーバと言うのか)の問題ではなく、私のパソコンの問題なのかなあ。そんな気がしてきた。

 雲はたくさんあるけど、お日さまは出てる。

posted by kingstone at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする