私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年01月09日

アクセス解析

 私のブログに対する気持ちは以前

目立ちたい けど 目立ちたくない」に書いた通りですけど、でもほんと読んで下さる方がいるのは嬉しい。

 アメブロにもアクセス解析機能がついており、またNINJYATOOLというのも使っています。で、この両者の数字が違う。例えば2011年1月8日(土曜)だと

NINJYATOOL    Visit 164 PageView 584
アメブロ アクセス者数 657 PV(PC) 1299

ってことです。かなり数字が違います。なお、これはどちらも携帯電話からのアクセスは除いた数値。(スマートフォンはパソコンに入るようです)この日は訪問者がかなり多いです。今までの最高ではないですが。

 アクセス解析ソフトによって違いが出るのは、

1.検索エンジンのbotがデータを読みに来た場合をカウントするかしないか。
2.一度見に来た人が、ブラウザの矢印キーで戻った時にカウントするかしないか。
3.(私にはよくわかりませんが)タグというものの読み込み方。

等の理由があるとのこと。また「そのブログに備え付けのアクセス解析は甘め」なことも多いとか。確かに数字が大きいと嬉しかったりするもんな。

 現在、裏ブログの方は、アクセス者数が50でPVが100くらいですね。




posted by kingstone at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレビのなみだ 鈴木おさむ著

 図書館で借りて来ました。

テレビのなみだ 仕事に悩めるあなたへの77話/鈴木 おさむ

¥1,260
Amazon.co.jp

Chapter07 テレビの涙

 荒井昭博さんというバラエティー番組のプロデューサーの話。

 鈴木さんが23歳の時出会い「スマスマ」で大当たりを取った頃。プロデューサーは荒井さん。でしばらくして荒井さんの奥さんに癌が発覚。荒井さんはもし休めば一番迷惑をかけるであろう鈴木さんに相談をします。

 休んで今まであまり一緒にいれなかった妻と一緒にいてあげるべきか、番組を作り続けるべきか。

 23歳の鈴木さんの答え。

「奥さんの面倒を見ながらでも、番組は続けなけりゃいけないですよ、絶対」

 鈴木さんはこう書いておられます。

「『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のタイムマシン、デロリアンがあったら、1996年に戻って、僕をグーで殴ってやりたいところだ。」

 もちろん、決めるのは荒井さんだし、「一緒にいる」が必ずしもいいわけじゃないけど・・・

 で結局荒井さんは番組を続けることを決めます。

「笑うことは、病気への免疫を上げるんだって」

 この時は手術で小康状態。しかし3年後奥さんは亡くなります。

 その前のことかな。番組でディレクターさんが「カツラの人とそうでない人を見分ける」というクイズをやろうとした時、荒井さんは止めます。「面白いからやるべきだ」というディレクターに荒井さんは

「面白いかもしれないけど、俺がプロデューサーをやっている番組ではやらせない!」

と断言されたとか。

「世の中には抗癌剤を打って、カツラをしている人もいる。そういう人が見たら悲しくなるからダメだ」


 このエピソードの後に、鈴木さんが「おさむ」という名前でみんなからバカにされた話。ザ・ぼんちの「おさむちゃんで〜す」が流行った時。ただ鈴木さんは自分から「おさむちゃんで〜す」と言うようにしたら人気者になったとのことですが。だから「痛み」があることと、笑いとばすことの良さ、両方を視野に入れつつも「今、僕が荒井さんの立場でも同じことをしていただろう」そして「テレビとは、どんな番組でも、最終的には個人によってジャッジされているのだ」


イタくていいのだ!

 空気を読みすぎるな、という話。鈴木さんが、放送作家になりたい、と思った時、お笑いのドキュメンタリーを見てたらお笑い芸人さんにアドバイスをする放送作家さんがいたので、そこへ行けば放送作家さんに会えるだろうと、まずお笑いネタ見せ会に応募、そして会の時にいた放送作家さんに「実は放送作家になりたいんです」とお願いして弟子入り。

「−僕、イタいでしょ?それも、相当。
 だから僕は思う。空気読みすぎてたら損だって。自分の気持ちを、衝動を冷静に分析することなんかないって。イタくていいのだ」

 で、だんだん大学にも行かなくなる。たまに大学で友だちに会うと

「同級生が聞いてくるのはお金のことばかり。『いくらもらってるの?』とか『儲かるんでしょ?』とか。『お金なんてないよ!』と、ちょっと怒った風に言うと、みんな『な、なんだよ・・・』って軽く引くような感じだった」

「だから思う。人の夢を笑わないでほしい

 人の夢を笑っている人は、どこかに嫉妬心がある。『うまくいかないで欲しい』的な気持ちがあるんだと思う」

熱い夢や目標がある人は、自分の夢を応援してくれる人たちのそばにいたほうがいいと思う。そうじゃない人とばっかり一緒にいると、心が折れるから」






posted by kingstone at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラグビーを見てて思うこと

 ブログテーマはよしなしごとかもしれません。

 ラグビーを見てて思うのは

「ゲインライン(ボールが止まった位置)はなかなか突破できない」

 一生懸命ぶつかり、走るのだけど、なかなか前進できるもんじゃない。まあ、そこであきらめないのが大事で、何度も何度も前進を試みるうちに、ふいに突破できることもあるんだけどね。

 人生と同じ・・・まあ1〜2時間のゲームと長く続く人生はちょっと違うけど。

posted by kingstone at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

散歩

 今日は散歩してちょっと遠出。

 公共交通機関も使います。

 実はうつになってねたきり以降、その公共交通機関は使ったことがありません。別にその公共交通機関で嫌な目にあったわけではないのですが、それを利用して行った最後の職場ではいい思い出が無いので。別に悪くされた、とかじゃないのですが、私がうつになり、そして退職を宣告され、というわけで、誰が悪いというのではなくても、私の嫌な思い出と公共交通機関が私の頭の中でくっついちゃってたんですね。だから使うのが嫌って。

 今日は行きたい所があったので、思い切って行ってみました。

 楽しく行けました。ほっとしました。


 ところで、不登校のお子さんにもそんなことはあるかもしれません。私の知っているのは一例ですが、ある不登校のお子さん。転校して来て、私も彼がいごこちよくできるような努力はしたし、学校そのものは嫌でなくなったみたい。(以前の学校はすごく嫌というか、行く意味が感じられないようでした)

 ところが登校時にもとの通学路を少し通らなければなりません。それがすごく嫌だったみたいで、私の学校にもなかなか登校できる回数が増えません。

 ところがたまたま引っ越ししました。すると通学路が変わるから登校に全然問題が無くなってしまいました。

 まあ、問題無くなったのはたまたまかもしれません。また「じゃあ引っ越ししよう」と考えられるのも勧めません。かかるいろんな意味のコストや、リスクも大きいですから。

 何が言いたかったか、っていうと、全然嫌なことなどないはずの通学路にだって嫌な気持ちが張り付いてしまってることもあるかも、ってことです。って言ってもそこを通らずにすますのはかなり難しいことですが、でも理解していると「もう、問題ないはずなのに行かないのは君が悪い」とか言わなくてすむかもしれません。

 まあ、こんなこともあった、というだけのことです。

kingstone page-お寿司屋さんのスロープ

 お寿司屋さん(回らないお寿司屋さん)にあったスロープ板。

kingstone page-サザンカ

 サザンカ。

kingstone page-外壁

 外側。

kingstone page-ゴール

 ゴール。

kingstone page-コンタクト

 コンタクト。激突。ISO1600で撮るべきだったか。

kingstone page-ラインアウト

 ラインアウト。
posted by kingstone at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1年の計

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 kingstoneです。

 では、私も。

1.アセスメントの部分をしっかりとする。(プローブデータ(何かを実践する前のデータ。応用行動分析で言うとベースラインというやつ?)をちゃんと取る)

2.学校の行事や授業に振り回されず、こっちが企画し提案していく。

3.保護者との連携を密にする。

4.卒業後を考えて生活(授業)を組み立て、それを保護者や校内に説明し合意しつつやっていく。

追記
 やっぱり私のキーワードは説明と合意なんやな。

posted by kingstone at 08:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけましておめでとうございます

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 みなさん、あけましておめでとうございます。

 年賀状を頂いた方、ありがとうございました。
 数年前、私の命も、もう長くはないのではないか(予想は外れたけど・・・)と思った時からこちらからは出さず、来たところに出す、というふうにしています。態度でかいと思われるとは思うのですが、楽ちんは楽ちんです(ニコ)

 そうそう、○○さん。ごめんなさい、住所がわからなくて・・・
 住所管理が全然だめなもんで、良かったら個人メールででも、住所をお教え下さい。

 今年は妻が「筆まめ」を導入して親戚の分はそっちから打ち出してくれたので随分楽でした。私も来年の分からはそうしようかな。

 今年の私の年賀状は、担当したことのある子供たちには私の写真を大きく使いました。普通はこっ恥ずかしくってそんなことできないと思うけど、お子さんたち(でももう中2の人たちはお子さんとは呼びにくくなりました)やっぱり「kingstoneから来た」ということをわかって欲しいかなあ、と思って。

(すんません。F君のところは間違って一般用のに書いてしまって後から気づいたのでそのまま出してしまいました)

追記
 「もう長くはないのではないか」と思って20年・・・長いっすよね。えらく予定が狂ってます。まあ確実に最終コーナーに近づいているのでしょうが。

 年賀状は妻が印刷してくれる親戚分以外、まったく出さなくなりました。
posted by kingstone at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末のご挨拶

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 kingstoneです。

 何やかにや書きたいのもあるけれど、まあ一服。
 でもって、本当に今年もみなさんいろいろありがとうございました。
 知的障害特別支援学校から通常校特別支援学級への異動があって強烈に悩むこともありましたが、でもやっぱりみなさんに支えられてやってこれたなあ、と思います。

 ほんま、ありがとうございました。

posted by kingstone at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電動車イス水浸し事件のボランティア保険がおりた

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 kingstoneです。

 れもんで今年の2月にやった「電動車イス水浸し事件」の保険金がやっと12月28日に振り込まれたということです。(まだ銀行で確認はできていない)

 10か月以上かかっています・・・

 246750円のうち、222075円が出ました。
 差し引き24675円は私が出していることになるので、また「れもん」から私に頂くということにさせて頂きます。

追記
 このボランティア保険、すごく助かりました。


posted by kingstone at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風邪や・・ & ハリーポッター

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 先日、自閉症託児活動「れもん」の保護者のみなさんとお話してた時、自分でももともと「ネクラ」な人間であるけど、何か元気が出ないなあ、と思っていたら、どうも風邪だったみたいです。

 昨日胃をつかまれるような痛みが来たと思ったら強烈な下痢、で今日はお節用の買い出しについて行ったのに、買い物がすむまでお店のベンチでダウンしてました。

 あっ、そうそう、保護者のみなさんと話してた時に、

「ハリーポッター、シネマコンプレックスで見れる」

という話があり、今日家族で行って来ました。(で、終わってから買い出しね)

 吹き替え版の朝一番(今日は8:50から)で、6分の入りでした。

 まあ、妻の友人は初日に行ったら、全部席は売り切れ(全席指定)だったそうですが。

 ここって小さな上映場所がたくさんあるのだろうと思っていたら、少なくとも私たちがハリーポッターを見た上映場所はかなり大きかったです。

 駅からも近いし、駐車場は大きいし、ボーリング場もあるし、余暇活動のポイントとしてなかなかいいかな。


posted by kingstone at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月9日(日曜日)

 おはようございます。

 昨日、パソコン画面のスクリーンショットを撮ろうとしてPrintScreenのキーを押したけど、何も起こらず、画像ソフトでCtrl+Vをしたけど何も起こらない、と質問したら「メモリ不足じゃ?」と教えてもらいました。

 確かに、RAMは12Mだし、ソフトはばんばん起ち上げてるし、ハードディスクの空きは無いし、「仮想メモリがありません」というアラートは出るし・・・・だもんな。

 しかし、やることが多くてまだ「他のソフトを終わらせて試す」はやってません。


 雲はたくさん。雲間から少しおひさまが見える感じ。

posted by kingstone at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする