私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年01月05日

知的障害特別支援学校高等部ではIEPを引き継げません、と言われたらしい話

 Twitterにてある方がこんなつぶやきをされました。

「息子の学校では高等部に上がるに際して中学部までのIEPの引き継ぎができないとのこと。全国的な話なのかな。」

 私がこう返しました。

「なんで?めっちゃ不思議?引き継ぎなしに何の授業も生活も成り立たないと思うのだけど。それともIEPを「保護者から学校がさせられること」とか勘違い?」

 それに対して

「制度的にできないようなことを言われたらしいですよ。義務教育じゃないからとかなんとか」

 で、私が返したのが

「んな制度あるわけない。学校独自の勝手な(言い過ぎ失礼)決まり事に過ぎません。」

 伝聞なので確かなことはわからないのですが、頭に浮かぶことがあります。

 ここにはいくつかの問題がからまっているようです。もう少し詳しく書きます。なお、この方はブログでの公開された情報からは、お子さんは千葉県の知的障害特別支援学校に通っておられるようです。

 まずこの学校の小学部・中学部ではIEPという名前のものがある、ということがわかります。

 ただし、これがどういうものかはわかりません。実のところ、私の現役時代、IEPという名前で呼ばれるものは「個別教育計画」「個別の教育計画」「個別の教育指導計画」「個別支援計画」とかいろんな名前がありました。そして文部科学省は「こんなもの」という定義はせず、各教育委員会・各学校に実行するかどうか、どんな形式でするかなどを含め、任せました。(注・私はそれ自身は良いことだったと思っています。現場の人間が頭を絞って考えればいいことですから。当時も現場で「そんなこと(現場で考えろ)どないしたらええかわからへんやないかあ」と文句を言う人が居ましたが、あほかいな、です)ですからIEPがどんなものであるかは、教育委員会、学校、教師、保護者、専門家を含めイメージがばらばらである可能性があります。

 私のイメージとしては

・(あれば)診断名
・その人の様々な特徴(特性)
・何を教育活動で目指すのか(大方針)
・そのためにはどんな教育活動(授業)が必要か
・細かいやり方も(どうやれば参加できるのか)

について、保護者・教師・(できれば)専門家の協議の上で確認し、作っていくものです。専門家との協議が難しければ、専門家にあらかじめ作っておいて頂いた意見書などを添付し、参考にするだけでもいいでしょう。埼玉県でのサポート手帳のような感じで。

 指導に関する記録と言えば昔から通知票・指導要録があるわけですが、これは実のところ翌年の担当教師が指導の参考にできるようなものではありませんでした。参考になるようなことを書くには欄があまりにも狭いですから。(その割に教師はある意味、全精力を傾けて書くのですが。労多くして益の少ないものでした)

 もちろん、それでも必要に感じる教師は(私もその一人)は前年度までの通知票(本物は本人に渡しているがコピーはあるはず)や指導要録を読み、また文の裏を読み、参考にするわけですが、私の周囲を見回してもそんなことをする教師はほとんどいなかったです。

 IEPについては私も過去にたくさんのエントリを書いています。ブログ内を検索して頂ければいっぱい出てきます。

 あと、これはIEPでは無いですが、「高等部入学前検診」の日にどんなことをやるべきか、で私が提案したことをこちらに引用しておきます。

引用開始
−−−−−−−−−−−−−−−
LDT−Rについて」からの一部引用

私は知的障害特別支援学校高等部の入学の公式発達検査にLDT−Rを入れました。
 (後年どうなったかは知りませんが)その時の意見書です。

先生方へ
                発達検査について
                               kingstone

 入学生についての発達検査についてどんなことをすればいいのか、相談を受けました。私の考えを書きますので、またみなさんからご意見が頂ければありがたいです。

 学校で行う発達検査は、その後の教育活動において、こちらがどのような手だてを取ればより充実した活動ができるか、そして子どもたちが「安心」して「自信」を持って「自由」に活動できるか、これらについて必要な知識を得ることができことを目的とする。

 そこで

 音声言語を頭の中でどれだけ道具として使えるか。(LDT-R)

 目と手の協応動作や手の巧緻性がどれだけあるか。
    ・持つ ・つまむ ・はさむ ・入れる ・差す
 上記のことを入れながら下記のことを検査する
    1対1対応ができるか?
    色のマッチングができるか。
    色を音声で認識できるか。
    形のマッチングができるか。
    形を音声で認識できるか。
    文字のマッチングができるか。
    文字を音声で認識できるか。
    絵や写真と単語のマッチングができるか。
    絵や写真と音声とを一致させられるか(LDTにも一部あり)
    数字の順序がわかるか。
    数字を音声で認識できるか。
    数字と量のマッチングができるか。
 
 ぐらいがわかればいいのではないか。
 また、ではどんな教材(検査器具)を用意すれば良いか、も相談に乗って下さい。

参考

LDT−R(太田のステージのテスト。めちゃ簡単)を高等部入学検査に入れた
−−−−−−−−−−−−−−−
(引用終了)

 この公式検査の日に、身体健康診断・精神科診断(?要するに校医さんに合う)・感覚遊具(トランポリン・ボールプール・ゆれ木馬などで遊ぶ・・・好きなものを探すため)・課題学習(上で書いた項目がわかるようにわかるように組み立てました)などをします。

 地元中学から「有用な」情報が上がってくることはまず無かったです。

 このように「具体的に何ができるか」がわからないと、授業や生活を組み立ててはいけないはずなのですね。

 引き継ぎについては、やはり私のブログ内で「引き継ぎ」で検索して頂けば、昔の特別支援学校や特別支援学級の引き継ぎの当時の現状が出てきます。はっきり言って「無かった」です。私は非公式に時間を取って何とかしていましたが。

 なお特別支援学校小学部から中学部への引き継ぎの時間というのは私の勤務していた特別支援学校ではありました。しかし2時間ほどで全員の引き継ぎを全職員が集まってやるのですから、まともな引き継ぎにはなりませんでした。

 引き継ぎで、上に書いたような項目がわからないと困るわけです。しかし、情報を出す側が「何が大切か」がわかっていないと、もちろん引き継ぎができるわけがありません。例えば私が通常校の特別支援学級に異動した時の例で言うと

トイレで床におしっこをまきちらしていた子への対応

では、そもそもおしっこをまきちらす、ということが報告されていなかった。

通常校でまずやめさせたこと

では、「(教室や必要な所への)移動はできる」という話でしたが、実情は「友だちがごぼう抜きにして無理矢理押したり引っ張ったりして連れて行く」というこでした。また一人のお子さんは体重が重くなってそれもできなくなってきていました。

叩かれていた子の例1

では「勉強が嫌い」という引き継ぎ内容でしたが、要するに担任教師が「その子に楽しい授業を組む」力が無かっただけであることは1日でわかりました。

給食、ある時

では、「私の指導で牛乳が飲めるようになった」というのは要するに威嚇し、怒鳴り上げて飲ませていたのでした。(口につけて無理矢理押し込んだ可能性もありますが、そこは確認できません)

 つまり、情報を出す側の教師にどんな情報を出したら役に立つのかがわかっていなければ有効な情報が出てきません。(こちらが聞いても、そこに注目していないからよう答えない)

 逆に言うと、情報を受け取る側が「何が大切か」がわかっていないと、聞きようが無い、ということもできる。

 で、IEPというのは、本来、そういう不都合を無くそうというものです。



 先ほど文部科学省の学習指導要領を調べてみたのですが、なんと高等学校には特別支援教育という項目が無い!!そうだったのか。

 だから高等部の教師が「IEPは制度として無い」という言い方をしたのかもしれません。文部科学省が規定しているわけでは無い。

 しかし、同じ学校内の小学部・中学部で作られていて・・・

 また特別支援学校高等部の場合、特別支援学校中学部の学習指導要領を参考にする、という話では無かったかな?

平成21年度「高等学校における発達障害支援モデル事業」研究概要(PDFファイル)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/21/06/__icsFiles/afieldfile/2009/06/08/1268884_2.pdf

の中では11校で「個別の支援教育計画」(名前はいろいろですが、同じようなことを考えていると思われる)を作ることが書かれています。中には千葉県立船橋法典高等学校もあります。

 通常の高校でこうなのです。特別支援学校高等部においておや。

 おっと、あった、あった。

特別支援学校高等部学習指導要領

の中の

特別支援学校高等部学習指導要領 第1章 総則

第2節 教育課程の編成

第4款 教育課程の編成・実施に当たって配慮すべき事項

5 教育課程の実施等に当たって配慮すべき事項

(16) 家庭及び地域や医療,福祉,保健,労働等の業務を行う関係機関との連携を図り,長期的な視点で生徒への教育的支援を行うために,個別の教育支援計画を作成すること。

とちゃんと書いてあるじゃないですか。これで「IEPは作らない」という話ではないことは明らかになりました。もしそう言ったらその教師、そしてその学校の不勉強です。



 しかし、本来、高等部の方でも「こちらから中学部に頭を下げてでも引き継ぎをお願いしたい」と考えて当たり前だと思いますが、「いえしません」と言うなら、ひょっとして「めんどくさいだけで、役に立つ情報が出て来ないじゃないかあ」と考えている可能性があります。

 ここでもとの発言をされた方のお子さんのIEPの文言を少し見てみます。引用しようかと思ったけど、やめておこう・・・

 実のところ、文言を読むと、「どんな特性があるのか」「具体的に何ができるのか」「それを組み合わせてどんな活動ができるのか」があまり書かれていません。

 イメージとしては昔からの通常校通常学級通知票の所見欄をたくさんに増やした、そんな感じでしょうか。「ちょっといい」「ちょっと困る」と教師が判断したエピソードの羅列ですね。その時とられた具体的方法はあまり出てきません。(と言うか、音声言語でやってる)

 たぶん音声言語は少々わかりづらいところのあるお子さんであるはずなのに、音声言語で「わかった」「できた」「納得した」という記述が多くあります。つまり教師の価値観がそこにあるわけです。しかしおそらくはそれでうまくいかない面が多々あるのじゃないかなあ・・・

 これは・・・たぶん、情報を受け取る側(高等部側)が「役に立たない」と判断する可能性はあるなあ、と思います。でその結果「引き継ぎはしない」ということになっている可能性もあります。


 制度・仕組みに魂を入れるのは人なのですが・・・


 まとめると

1.その書式にどういう名前を与えるのか(IEP?個別支援計画?個別の教育支援計画?etc.)
2.そういう書式を作っているのか
3.引き継ぎに意義を認めているのか(有用な情報を書く力があるか。有用な情報を聞く力があるか)

の3つくらいの問題かな。


 まあ、上では「指導要領にこう書いてあるやないかあ、やらんかい」みたいな書き方になっていますが、本当のところは、私は「文部科学省が言うからやる」というスタンスは嫌いで、現場から文部科学省に対して「俺らはこれが必要やからやってるんや!四の五の言うな!」という立場でありたいとは思っていましたが。

IEP(個別支援計画)はみんなを楽にするためにあるんだけどなあ
posted by kingstone at 21:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスプレゼント

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ハルヤンネさん、どうもです。
 kingstoneです。

>  聞かせてくださいよ。嬉しいことも共有しましょうよ。
>  「フィクションです。」と入れるとOKかも。

 ほんまね・・・
 でも、やっぱ書けない。

 ただ、今学期途中、ほんまsyunさんに度々長電話して相談する必要があったほど苦しんでいたのが、そしてやってることが全然効果が上がってないように見えたことが、2学期最後になって突然みんなつながっていろんな嬉しいことが起こって来たんです。素敵なクリスマスプレゼントです。

 そう言えばC君が初めてカードでトイレを伝えてくれたのも1998年のこの時期でした。新人Aさんや新人Bさん(当時の同僚)と「我々へのクリスマスプレゼントや」と喜びあったもんです。

追記
 映像として少しは浮かんで来るのですが、表に出さない過去の個人の記録を読んでみたい。部屋に転がっている、うまくは動かなくなってしまった外付けハードディスクの中に入っていると思うのですが。

 で、当時の私に、今の私だったらどうアドバイスをあげるか、無茶苦茶興味があります。

posted by kingstone at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怒り & 楽しい 2

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 ハルヤンネさん、どうもです。
 kingstoneです。

>   はじまりは、もっと強烈が想いがそうさせて行くんですけど、「怒り」と
> か「悲しみ」は、相手が共感しにくいと思うんですね。

 そうですね。
 引かせてしまう場合もままある。

 私、肢体不自由特別支援学校でコミュニケーション支援のための機器利用をやっていましたが、もちろん

「これを子どもたちが利用できるようにしなければ我々教師は税金泥棒と言われても仕方がない」

という思いはありつつも、同じ思いを持ち始めた人たちが周囲に対して怒りや焦りの気持ちを表明すると

「でもこれって楽しいやん。楽しいことを子どもとにこにこやってたら、きっと周囲は変わってくる。あんな楽しいことしたい、って思うよ」

と言いながら励ましていたもんでした。

 まあ、でも「怒り」や「悲しみ」を表明せんとおれん時は表明していいんだ、というのは持っておきたいと思います。受ける方はつらい時もあったりするけど。でもしかたない。(積極的に「しかたない」)

 で、その上でほんま「楽しいやん」になっていけたらいいな。

>  私は、前に書いたように、他人のネガティブなことは、共感出来ないという
> 「障害」(と言っていいと思う)を持っているので、とくにそう思います。

 うふふ。
 でもつきあってくれてありがとう。
posted by kingstone at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマス会に自閉症のお子さんが来てくれた時の周囲のお子さん

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

※このクリスマス会は地域のイベント。いろんな出し物を練習して見せ合います。どちらかというとそういうのが苦手な自閉症のお子さんが「行く」と表現したので行ってみた時のできごとです。もちろんこれらのことはそれまでの保護者の様々な努力があってのことですね。


>  迎えてくれた○○君の嬉しそうな顔ッたらなかったです。
>
> 昨日、演奏の前の言葉まで考えたそうです。
> □□は「リコーダーで」と言うセリフ。でも、うまく言えるかどうか、△△
>ちゃんはとても心配していました。
> どうするのかな?と思って見ていると、□□が詰まったら、隣から声をかけ
>ると言うことに決まったみたいでした。
>
>  それでも、心配のAAちゃんが、「書いたものを見せた方がわかりやすいン
> やった…」と自分のセリフのカードを折り込んで、小さなメモにしました。

 ええなあ、ええなあ。
 出先で読んでウルウルしてました。

 私もその手の嬉しい話があるんだけど・・・
posted by kingstone at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怒り & 楽しい

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 ハルヤンネさん、どうもです。
 kingstoneです。

> > 正直に「怒りです」と答えちゃった・・・(笑)
>
>  私やったら「楽しいやン」と言いますね。

 そうですね。

 私があれこれ勉強し、そして活動を作り上げていったいっとう最初の原動力は「怒り」というのが本当なのですが、でもやってるとめちゃ「楽しい」のも本当です。もうぼちぼち「怒り」を忘れてもいい頃かな、とか思うのですが、時としてブワッと出てきてしまいますね・・・

 でも少なくとも他人に伝える時はぼちぼちそこんとこは黙っとく方がいいかな。
posted by kingstone at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

余暇活動について(実践発表大会から)

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 ○○さん、□□さん、どうもです。
 kingstoneです。

 まあ、別に秘密にするようなもんでもない、ってか多分お二人ともとっくにご存知のことばかり、とも言える発表ではありました。

 いつも中山清司さんに教えて頂いているように、家事活動もいい余暇なんだよ、とか。一発ドカンのイベント型じゃなくて継続的なクラブ自立型がいいね、とか。日常生活で取り組めることね。

 ビデオによる実践は
・ バスに乗ってマクドナルドへ行く。
・ 調理をする。
ってのがありました。

 どちらの実践も1回だけのビデオでなく複数回のものでした。で、手順書などが改良されていき、もちろん慣れもあるんだろうけど、本人さんがうまくできるようになっていく様子を見せていただくことができました。

 PLAN→DO→SEE→PLAN→・・・・ですね。
 計画し、実行し、評価し、また実行する。

 そうそう、余暇活動なんだから当たり前なんだけど、本人の興味関心、好きなことを大切にする、というのが複数の方から繰り返し出てました。

 で、調理実習でハンバーグ作りの予定がハンバーガー作りになったり・・・本人さんがパンに物を挟んで食べるのが好きだからだって。

 なんかいいなあ、と思いました。

 で、私は会場にいるみなさんとは、多分ちょっと異なった思いをもって見てたと思うのですね。で、私の質問。

「その活動は援助者さんの勤務時間内にやってはりますか?時間外ですか?」
回答は「時間内」

 ふむ、そういう組織を作ればいいんだな・・・・

 ところで、質問の前ふりになぜそんな問題意識を持ったのかというあたりで簡単に自己紹介をしました。自閉症託児活動「れもん」のことなんかも含め。会の後、保健師さんに呼び止められました。

「サポートしていこう。サポーターを増やしていこう、というその原動力は何なのですか?」

 正直に「怒りです」と答えちゃった・・・(笑)
 自閉症の人たちが不当に扱われていることへの怒りね。

 ま、ぼちぼち変えないとな、と思ってますけど。
 ほんま私は「情(というより情動か?)」の人です。

 それから何人かの保護者から

「研究会って大阪の人が行ってもいいんですか?」

と尋ねられました。もちろんと答えたら

「講師がすばらしいので是非行きたくて」

とおっしゃってました。だったらTASもいいですよ、とお伝えしておきました。

posted by kingstone at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月5日(水曜日)

 おはようございます。

 昨日夜、寝ようと思ったところで今日下宿に戻る息子のパソコンのウィルスバスターをバージョンアップしていないことに気づきました。そこから小1時間。バージョンアップ自体はスムーズだけど、時間はかかるのでしんどかった・・・

 薄雲はありますが、穏やかないい天気。
posted by kingstone at 08:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする