私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年01月03日

「念じれば伝わるシステム、この夏にも製品化 産総研が計画を前倒し」という記事

念じれば伝わるシステム、この夏にも製品化 産総研が計画を前倒し」という記事を見つけました。

 私の、この方面の知識はほぼ15年前で止まっていますので、的を射た意見を書けるかどうかはわかりませんが・・・この手の事柄がニュースに取り上げられるのは嬉しいのですが。

2011.1.3 00:00 産経ニュース

kingstone page-作業技研脳波スイッチ

 見出しもですが、書き出しの

「言葉や身体が不自由でも、念じるだけで意思を伝えることのできるシステムが、今年夏にも製品化されることが2日分かった。」

も何か誤解をまねきそうな表現ですね。例えば「水を飲みたい」と念じたらそれがそのまま音声で発声されたり、相手の脳に伝わる、みたいなイメージ。しかしよく記事を読むと

「患者は脳波が測定できる8つの電極がついた特殊な帽子(ヘッドキャップ)をかぶり、モニター画面に向き合う。頬に力を入れると電源が入り、画面に「飲食する」や「移動する」など複数の項目が順番に点滅する。選択したい項目が点滅するときに強く念じると、コンピューターが脳波の形状を読み取り、次の画面に進む。」

あれ?「頬に力を入れると」ってことは脳波スイッチじゃなくて、単なる筋電センサか?だったら8っつも電極いらんぞ。で、安くできるぞ。まあ脳波スイッチということで、以下の記事を続けます。

 つまり、オートスキャン(画面上のハイライト(明るくなる)する場所が自動で動いていく)する意思伝達ソフトがパソコン上に起動されており、それを脳波センサーのスイッチによる on/off (というか on だけですが、それをソフトで1回のマウスクリックというかキーを押した時のように処理するようにしている)で操作する、という話なわけです。

 これって大昔にも既にあったぞ。

人間ゆうゆう(NHK教育)で脳波スイッチの実践が紹介されたが

のエントリで書いた晃一くんは脳波スイッチをすでに使っていました。

晃一くんの桜吹雪―人工呼吸器をつけた少年と母の夢/荒木 智子

¥1,890
Amazon.co.jp

 この本は2004年の8月に出版されてます。

 その時の脳波スイッチはこちら。

マクトス

$kingstone page-マクトス

 定価は38万円。なおこちらで晃一くんのエピソードは読めます。

株式会社テクノスジャパン事例紹介

 私も直接お会いしたことがありますが、当時、彼はパソコンは使っていませんでした。しかし、当時最新のアメリカ製意思伝達装置(名前は忘れた)を販売会社からモニタとして使用させてもらっていたと思います。それがうまくフィッティングできたかどうかまでは継続しておつき合いしなかったのでわかりませんが。

 なお、当時はβ波を使っており、フィッティングに関わってもいた方に聞いたところ、「ウンコの時にきばるあの感じでスイッチが入る」とのことでした。その人より晃一くんの方がうまかったそうです。慣れないと、スイッチングが難しいのは確かだったようです。

 で、これをパソコンにつないで意思伝達ソフトと組み合わせれば、記事の環境は実現できるわけです。

 今だと何があるんだろう。現在、私は少しうとくなっていますが、例えばこんなもの。

ボードメーカー with スピーキングダイナミカリープロ 日本語 ウィンドウズ版

$kingstone page-スピーキングダイナミカリー

 これが98000円です。

 で、パソコンですが、「障害のある人(だけには限らないと思うけど)に使い易いパソコンを安価で手に入れる」みたいなこと。

 で、大事なことは、最新を追求するよりもシステム全体が安定していること。今だったらWindowsXPパソコンがいいのかもしれません。これが10万円以下でしょう。

 ってことは58万円あればできちゃう。

 記事では

「医療機器メーカーを通じて発売する予定で、価格は50万円以下になる見込みという。」

とのことです。確かに、現時点で実現できる物より安くなるのはいいことです。しかし

「 システムは昨年12月に厚生労働省を通じて日本生活支援工学会の倫理審査の承認を取得。産総研では月内にも在宅患者を訪問し、使い勝手の検証などを急ぐ。
 開発をめぐる研究事業は21年度補正予算で10億円の助成金対象となり、22年度から実用化に向けた取り組みが本格化していた。」

 バックで10億円使ってる!!

 ・・・何に10億円使うのやろう・・・う〜〜ん。

 センサ(スイッチ)の使い易さ、確実性が上がる?
 ソフトが使い易くなる?

 そういうことがあるのかもしれません。実物を比較したわけではないし、私も引退しちゃった人間なので、しかとはわからないところがあります。

 しかし、

 ハードについてはテクノスジャパンに依頼。
 ソフトについてはスリーテンに依頼。(「あのね♪」を作った会社)
 アドバイザーに大西 俊介(障害者相談支援専門員:office syun )さん、田代 洋章(福祉情報技術コーディネーター:NPO法人 e-AT利用促進協会)さん、あたりを呼んで来る。

 これって「アンテナショップin姫路」の時のメンバーや・・・

 でもって開発費を1〜2億円出せば、ごっつい安くてええもんできるんとちゃうやろか。そんなかからんかもしれん・・・あるいは現在のシステムを使いたい障害のある人に補助金を出したほうがよっぽど良いのじゃないかしらん。

 事業仕分けの時の「科学技術に対する予算が削られる」という危機感が語られることがありましたが、金額の問題もだけど、「どこにお金を投資するか」ってすごく大事じゃないかなあ。

 これって「公」の不効率の話じゃないのかなあ。

 それとコメント欄にsyunさんやもずらいとさんの書いて下さったこととも関わって、記事中に

「進行性の神経系難病患者らの要請が相次いだため、」

となっています。この「難病患者」さん、関わるお医者さんや医療関係者、またこの度の開発に関わった産総研の方々、どれだけ過去の実践事例や開発されている物を知っているのだろうか。これだけ情報伝達や検索が簡単になった時代に、まだまだ必要な人のところへ必要な情報が届いていないのじゃないだろうか。それが気になります。

posted by kingstone at 20:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花園の全国高校ラグビーから外国人選手のことへ

 ああ、他のことばかり書いていて、花園のことが書けない。

 27日から始まった花園。熱戦が続いています。

 昨日(28日)も福岡高校のウィング、名前は忘れたけど○○君のラストワンプレーでの逆転トライとか感動的なのがありました。(福岡高校は12月30日に大阪朝鮮高級学校に負けました)

 私もやっとDVDの予約録画というのができるようになり、深夜のダイジェストを録画して翌日楽しむようにしています。(とか書いてたら予約日時を間違えて録画できなかったり・・・)

 高校ラグビーの世界にもたくさんの留学生がいます。

 札幌山の手高等学校にはニュージーランドからの留学生、正智深谷高等学校にはトンガ留学生。

 それぞれに活躍しています。両校とも現時点(1月3日)の段階では負けてしまいましたが。

 ラグビーはもともと外国人・外国籍の人に寛容なのかな。日本代表に外国籍のままのニュージーランドやトンガからの選手も入っていたと思いますし。サッカーはFIFAの方針なのかその国の国籍を持たないと代表にはなれないみたいですね。でもJリーグや各国のリーグでは国際化は進んでます。

 そういや私がTwitterでフォローさせて貰っているラグビー女子全日本代表候補の亜耶バネッサさんも、国籍は日本ではないのじゃないかしらん。(知りませんけど)

 で、亜耶さんのエントリ「ガチガチ!!」の写真を見ると代表候補の人たち、少なくともお名前・見た目は「外国人」の方がたくさんおられる。ええなあ、国際化。

 また留学生というのじゃないけど、花園に常連として大阪朝鮮高級学校が出てくる。ええことやと思います。アメリカンフットボールでアメリカンスクールなんかも出てきたらいいのに・・・でも人数的に選手層が薄くて難しいのかな。

 今はどうか知りませんが、王貞治元監督が甲子園には出られたけど、国体には出られなかった、なんて話は面白くありません。

 12月26日に行われた全国高校駅伝は男子・鹿児島実業、女子・興譲館の優勝で幕を閉じました。こちらにもいろいろな高校に何人かの留学生がいました。これまたいいことだと思います。高校駅伝でも大学の駅伝でも「最長区間は留学生に走らせない」という規制があるみたいですが、そんなのやめたらいいのに。で、何人出してもいいってふうにしたらいいのに、と思います。

 「お金で勝利を買うのか」というご意見もあるかとは思いますが、留学生も夢を抱いてやって来る、高校・大学側も奨学金などを出しても、様々なメリットがあって儲かる、それっていいことじゃないか、と思うのですね。(高校野球の特待生だっていいと思いますもん)

 ひとつ気になったのは、高校駅伝の開会式のニュース映像で、緊張してたのかもしれないけど留学生さんがうつむいてる感じの映像をよく見た気がすること。堂々と顔を上げていて欲しいなあ。

 大相撲も外国籍力士は一部屋一人という規制はやめてしまえばいいのに、と思います。メジャーリーグなんだから。

 いっぱい外国人顔の人や外国籍の人がいるっていいなあ。

posted by kingstone at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラグビー・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

比叡山と高野山

 これはまあ、あることと似てるかなあ、似てないかなあ、とあれこれ思ってる話で。

 いや、もう、まったく私の趣味の世界でして、かつまた知識は司馬遼太郎さんがどこかに書かれていたことの受け売り(しかも不正確な)だと思う。(以下の何年とかはWikipediaから)

 804年7月最澄と空海は当時の先進国、唐に留学に行くわけです。当時最澄は官寺で戒も受け、いわば新進気鋭の実践者。空海は経歴もよくわからない怪しい人。

 で、最澄はいっぱい勉強したかったけど、とにかく唐で学んだことを日本で広め実践しなきゃ、ということで、もっと勉強したいという思いはありつつも、ありったけの経典とともに、805年5月には日本に帰って来ます。比叡山にはそれ以前から登ってはったみたいですが、まあ比叡山延暦寺を開かれる。

 で(当時は庶民には仏教は行き渡らず、貴族に対してですけど)たいへんな人気となる。

 空海はできるだけ学び806年10月に帰国し、高野山を開きます。すると、最先端の体系化された密教であり、最澄の天台宗以上に人気が出ます。最澄自身は空海に学んだりする。また最澄自身ということもあるかもしれませんが、周囲の人も、あれこれ探してみたら、比叡山にも密教の経典はいろいろあった。中心でもなく、体系化もされていなかったけど。

 で、天台宗も真言宗も切磋琢磨し、それぞれ伸びていくわけですが。

 空海・真言宗の高野山のほうがより体系化され、深くある意味実用的であったようです。

 ただ高野山からは一宗の祖と世間に知られるような人はあまり出ていない。

 それに対して比叡山からは多くの一宗の祖となる人が出ている。

 法然(浄土宗の開祖)・栄西(臨済宗の開祖)・道元(曹洞宗の開祖)・親鸞(浄土真宗の開祖
)・日蓮(日蓮宗の開祖)

 ここらへんが面白いところですね。比叡山には何でもあった、という感じかな。

 しかし、司馬遼太郎さんの「空海の風景」上下2巻ありますが、空海が若くていろいろなことを身につけ、いろんなことをやっていく上巻はワクワクして面白いのですが、組織を作り、その維持に腐心するようになる下巻はあまり面白くないと感じてしまう。ここらへんは坂本龍馬が面白くて、大久保利通になるとあまり面白くない、というあたりと同じかな。

 両方大切だとは思うのですが。

空海の風景〈上〉 (中公文庫)/司馬 遼太郎

¥720
Amazon.co.jp

posted by kingstone at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福祉学習についてバリアとバリアフリーの話なら自閉症のお子さんによくわかった話

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※それまでの小学校での福祉学習がよくわからなかったのに、バリアとバリアフリーの話になったとたん理解し発表までしちゃった、という話。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

>  気に入った証拠に、自由帳にも「バリアのある電話」「バリアフリーの電
> 話」とカメキが電話をしている絵や、「バリアのある階段」(急な坂になって
> いて登れない)「バリアフリーの階段」(普通の階段で登れる)は、マリオが
> 出てきた絵を描いていました。


 すごーーい!!


> 「バリアフリーを調べました。本にしています」と発表して、先生が本を開
>くと、みんな関心を示してくれたそうです。誉められると嬉しい。
>
> その本を持って帰っていました。
> バリアのある電話やトイレ、エレベーター…、バリアフリーの電話やトイ
>レ、エレベーター…に吹き出しで、それぞれコメントが書かれていました。
>
> 「とどかないよ」「とどいたよ」
> 「あーん、せまい」「いいね!OK!」などなど
>
> □□の表現は、本当にシンプルでわかりやすい。
>
> エレベーターの点字版を触っている人の吹き出しは
> 「知っています」でした。


 でもって発表もしてしまう・・・
 すごいなあ。
posted by kingstone at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おねえちゃんのこと

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※あるお子さんのおねえちゃん。お店のなかでえらいこっちゃになった弟に淡々と接して解決した、という話で。

 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

> 全く無関心に見えて、私の知らないところで、おねえちゃんは、
>こうして淡々と、□□に接してくれてるんだろうなあ・・・

なんか、とっても素敵なおねえちゃんですね。
 何事においても淡々とって大事なんだなあ、と思います。

posted by kingstone at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忘年会レシピ

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※まあ記録に残しておくのもいいかな、と。

 kingstoneです。

 今日はといくらふと(syunさんが代表)の忘年会で私も参加させていただきました。そのレシピおば・・・

シェフ syun
  於 syun邸

前菜  鴨の炙り焼き・トマトの花型の中のオニオンサラダ
スープ 百合根のスープ
??  海の幸の・・・・何と言うんだ?
??  鮭のパイ包み 鱸や帆立添え
パン  オニオンパンと・・・
肉料理 フィレステーキのアスパラ添え

飲み物 ビール・白ワイン・すだちスパークリング
    すだち酒・すだちのお酒・ウーロン茶

 うーむ・・・わたしゃ料理にうといから抜けやちゃうとこがいっぱいあるやろな。。とにかくひとつひとつにかかってるソースもめちゃこってました。とにかくおいしかったです。

−−−−−−−−−−−−−−−

 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

>  これって、さっきまで働いていて職場でカップ麺をすすっていた者
> に対する当てつけでっか!

 ニコ

 おいしいものって幸せな気分にしてくれますね。
 とんでもないストレス状態も少し楽にしてくれます。

> いいも〜ん、来週は鳴門の「びんび屋」でみそ汁だ!

 いつか話題になってたご飯の入ってるやつ?

posted by kingstone at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この頃私の書き込みが無かったという話

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※具体的には「この時」何があったかは特定しては思い出せません。表には書けないことだったのでしょう。あの件か?この件か?まあいろいろありました。またウィルス騒ぎで各社のサーバがダウンしてたようでもあります。

 kingstoneです。
 
 全然メールが送られて来ない、という話がありました。
 そーいや、昨日の○○さんの11時25分が最終ですね。
 みんな忙しくて出してない??

 私は実はめちゃくちゃストレスフルな事態があって全然メールを出せてない、状況です。(それでも出さなきゃなんないメールは出してますが・・・)

 さてこれがちゃんと配信されてたらみんなが単に書かなかったってだけですね。

 でも、先日、いくら待ってもサーバにつながらない、という事態もあったなあ・・・

 ひょっとして各サーバがウィルス対策で動きがめちゃめちゃ遅くなってたり、まともに動いてなかったりして・・・

−−−−−−−−−−−−−−−
 みなさん、どうもです。
 kingstoneです。

 どーしたんだ??って思った方も結構いはったんですね。
 しかし24時間発言が来なかったら「どーしたんだ」と思われるここってのもなかなかすごいなあ。

 ところで、誰も「んじゃためしに送信してみよう」って思わなかった??(笑)



posted by kingstone at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィルスでえらいこっちゃの話

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○です。

 ついに私のところにもウィルスが来たようで(「トロイの木馬」らしい)
 私のOutlook Express に登録されているアドレスすべてに自動発信してしまうタチの悪いヤツのようです。

 ウィルスバスターによる駆除が今、終わったところです。

 12/11〜12/12未明にかけて私はどこにもメールを送っていませんので、発信者名○○のメールが届いていたらすみやかに削除をお願いします。

 何人かの方からウィルスメールが届いたとのメール戴きました。
 ご迷惑おかけしました。

−−−−−−−−−−−−−−−

 kingstoneです。

 □□さんから

「お詫びのメールを出したいのだけど、パソコンからメールが送れない状況です。お詫びしといて下さい」

とのことです。

 たいへんでしたね。
 でもまあ□□さんが悪いってんじゃなく、ここ何週間かのウィルスの状態は異様だ、ということちゃいますかあ。

 私にfaxを送って下さったのですが、その中に

「ワクチンソフトを入れておくことがマナーだと思った」

と書いてはりましたが、今まではそんなことは無かったけど、今後はそれがほんまになるかもしれませんね。

 あっ、○○さんからも来ましたね。
 これウィルスバスターが反応せんかった???
 私が見逃したのかな?
posted by kingstone at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TEACCHの実践のための評価の考え方が作業療法と同じと思えてたという感想

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 先日、ボランティアさんで研究会に出た方からの感想がありました。

 この方、作業療法を学んでいる大学生さんだけど、講師の新澤伸子さんの評価の話、「考え方」が作業療法の評価とも同じと思え、すごく興味深かったそうです。

 面白いですね。

追記
 作業療法を学ばれているから、卒業後OT(作業療法士)になるわけですね。

posted by kingstone at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもの家の文化

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※保護者と教師の関係を話してての話題。もちろんお子さんが自閉症の場合ですが、普遍的な話でもあります。

 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

> 以前、□□先生が子どもの家の文化を知らずに支援なんてできない。
>と言ってらしたのおもいだします。

なるほどな。
posted by kingstone at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月3日(月曜日)

 おはようございます。

 パソコンの描画の遅さは、週刊誌を置き、ワンクリックするたびに記事を読み、描画が終わるのを待つ、という手でしのいでいます。

 曇りです。

posted by kingstone at 07:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする