私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2011年01月30日

「個別の教育支援計画」と「個別の指導計画」

 昨日「A4用紙 IEP・個別支援計画・個別教育計画・個別の教育支援計画など」をアップしたところ、Twitterの方でいろいろ教えて下さった方がおられました。興味深かったのでこちらにもアップさせていただきます。教えて下さったのは現役の特別支援教育担当教師の方。

 ただし、こういう書類は地域・学校によって呼び名が変わることがありますので、ご自分の場所に合わせて読み替えて下さい。

「読ませていただきました。個別の教育支援計画は、学校、福祉、医療、家庭、地域の連携のためのツール、それに就学前、小、中、高と縦の時間軸で、支援をつないでいくためツールだと考えています。」

kingstone「ええ。ただし、そこまで話を広げると学校の教師にはむつかしくなるので、まずは学校内で「できること」を上げていって欲しいとは思いますけど。それができれば必然的に地域・時間軸と広がって行きますから。」

「その通りですね。ただ、学校の現場だけでは行き詰ってしまう場合も多いです。その時は、医療、福祉とつないでいかなければならないので、そのためのツールが必要です。それに対して、学校内の指導は、個別の指導計画の守備範囲になるのだと思います。」

kingstone「なるほど。「個別の教育支援計画」と「個別の指導計画」にはそういう違いがあるのですね。先日の東京都の「個別の教育支援計画」のパンフがいまいち飲み込めなかったのですが、少しわかりました。」

「はい。私の解釈が、間違っていたらすみません。でも、両方を別々に作成していくと、ものすごく煩雑になるので、今やっているのは、個別の指導計画を個別の教育支援計画の中に含めて策定しています。」

kingstone「そりゃそうですね(煩雑)当然支援計画⊃指導計画ですもんね。」

「つまり教育支援計画の目標、本人、保護者の願いを、実現するために、学校でどんな支援、指導をするかが個別の指導計画というわけです。 」

kingstone「はい。よくわかります。」

 この先生及び学校の意図してはるところはすごくクリアにわかります。

 教育支援計画の方は大きく言っちゃえば乳幼児から成人まで、また地域というか社会生活を見通して作られる。(もちろんいきなり完璧なものはできません)そして指導計画の方は「今」「学校で」「何を」「どういうふうにやるか」が書かれている。それはもちろん教育支援計画での「ねらい」や「願い」を具体化していくもの、みたいな感じかな。(これまたいきなり完璧なものはできません)

ラベル:特別支援教育
posted by kingstone at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「おとうさん」と呼びかけることができた話

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

> ついでにご報告!
> 注意換気の言葉「かあちゃん」に続いて「おとうさん」も出ました。
>「かあちゃん」が出てからそう遠くなく「おとうさん」も出たと報告しろ!
> と主人が言いましたので・・・・。

 おとうさん、嬉しかったろうな(ニコ)

 音声でも、他の手段でも、いっぱいこんな嬉しいことを身の回りで起こしていきたいな。

追記
 自閉症のお子さんの環境の中に「見て分かる」ものを積極的に取り入れだして、(お母さんの写真カードなども使って)割りと早くに「おかあさん」と呼びかけることのできたお子さんです。でもなかなか「お父さん」という呼びかけは出ませんでした。それが出た!!っていう喜びの報告です。

 これも「見てわかるもの」を使ったら音声言語の利用を阻害する、という説が嘘だ、という反証になりそうです。逆に促進するんだ、という言い方もできるでしょう。もちろんそれをねらっちゃうといろんな意味で良くないですが。

 ま、エピソードですけどね。(科学的証拠では無い)
posted by kingstone at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TEACCHプログラム研究会某県支部を作るかどうか

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 kingstoneです。

 ぼんやりとした発言です。

 2年前にTEACCHプログラム研究会に我々の研究会を加盟させる方向で努力するかどうか、という話し合いをしました。で、ま、とりあえず現状でとなって今まで来ています。

 で、よーく考えたら他も全部「○○県支部」(京滋支部はちゃうけど)だからそれなら「某県支部」となるわけで(この時点でそれは存在しないので我々の研究会が母体になることになる)、ごっついいろんなところが関係してくるやろな。

 とりまとめ(?)てくれる人がいるんなら、その方向もいいかもしれない。
 もちろん私はそーゆーことには全然向かない人ですね。

 こないだいった実践研究発表大会でも、仙台やその他東北の人たちもみんな神奈川県支部所属だったりするから、別に大阪支部や京滋支部に属してそれぞれ地域でやるっ、てんでもいいんだろうな。

追記
 現在某県にはTEACCH研はありますね。別に我々の研究会が母体になったわけではなく、できました。
posted by kingstone at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある地域にもTEACCHの風が?3

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 みなさま、今日は、○○です。

 療育センターで、TEACCHをとりいれた訓練をするというのを知り、以前母子教室でお世話になった先生に連絡をとってみました。

 □□さんが書かれていることと同じ内容でした。付け加えるなら、センターでの他の訓練部門を受けている子は、重複して受けることは出来ないとのこと。また、5月以降の開始であり、訓練期間は半年または必要であれば1年であり、継続して診てくれるものではないこと。

 とりあえず、うちの子は未就学児であること、他の訓練部門にお世話になっておらずその気もないこと、ということで、TEACCHを取り入れた訓練の申し込みをしました。後日連絡があるようです。今朝、児童相談所から、手帳と、センターでの(TEACCHを取り入れた)訓練の申し込みのための判定をするから、来るようにという電話がありました。
 まだ、どうなるかわかりませんが、進展があればお知らせしますね。

追記
 ええっと記事がややこしくなるので説明。「療育センター」と「就学前施設」は同じ場所にあるのですね。
 で、この時点ではセンターはTEACCHと「言語訓練」「感覚統合訓練」と同じようなものと考えている感じですね。まあ、ちゃんとわかっていて、しかし人的・時間的問題があって、ということかな?
 いずれにしても、別室で「1コマ取ってやる」なら、そこでわかったことを、家庭や就学前施設での環境設定や表現手段の獲得に使えるように情報提供していく、ということが大事になるわけですが。

posted by kingstone at 09:52| Comment(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月30日(日曜日)

 おはようございます。

 う〜む、やはり昨日MacBookPro を触ったから、今日は愛機のひとつひとつの動きが全てかったるく見えます。今までは「こんなもん」と思っていたのですけどね。

 空にはたくさんの雲がわいてますが、青空も見えてます。
posted by kingstone at 08:57| Comment(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする