私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年12月29日

JIN−仁− の公式ホームページより お江戸豆知識

 JIN−仁− の公式ホームページ

 お江戸豆知識というページがありました。時代考証をされた山田さんって方が書いています。面白い。

 第1話の「ごはん」を食べるシーンについて

「あのご飯の盛り方はちょっとマンガチックだったけれど(笑)、あながち間違ってもいないわね。江戸の人たちは、ひとりで1日5合ぐらいの白米を食べていたから、朝からあのぐらい(約1合強)は食べていたんじゃないかしら。その他のメニューを見てみると、御御御付(おみをつけ)に梅干し、なすとだいこんのお漬物。夕食時、これにめざし(干物の一種)なんかがつくと、「今日はごちそうだねぇ」って感覚だったと思うわ。めざしもそうだけれど、昔は梅干しも超高級品だったの。」

 5合ね。

 第3話のコレラ対策で水分補給のためのORSを作るシーンで。砂糖を長屋の人たちが使っているのが不思議でしたが。

「この時代の庶民たちが、塩や砂糖を簡単に手に入れることができたのか・・・。」

「一方で、砂糖は国内でも琉球や徳島あたりでしか生産されていなかったし、確かに高級品ではあったのよ。だけど、江戸の味といえば「甘辛」というぐらい、甘いものをこよなく愛していた江戸の人々。どこからその砂糖を手に入れていたのかというと・・・実は、幕府が海外から大量に輸入していたのね。鎖国中にも親交のあった国・オランダから輸入していたものの中でも、一番比重を占めていたのが砂糖だったという記録が残っているほどなんだから!」

 長屋にあったかどうかはわからないですが、相当量は輸入されてた、ということですね。

 遊女に身売りする値段について。

「貧しい家が生活のため幼い子供を売るというもので、相場は文化年間(1804〜1818)で3〜5両(約24万〜40万)。この子供は禿(かむろ)と呼ばれ、花魁の部屋子として身の回りの雑用などをしながら読み書きを習ったり、遊女になる教育を受けていくわ。もうひとつは、娘に成長してから売られてくるパターンで、すぐに客がとれるということから10両(約80万円)の値で売買されていたの。」

 幼い子で40万円。娘で80万円。う〜ん。現金収入が無い家にとっては目もくらむような金額やったんやろなあ。

 火を使うことに関する決まり事について。

「江戸の町には「大きい火を使ってよいのは原則夕刻の6時まで。ただし、風の強い日、将軍が江戸城から外出する日は火を使ってはならない」という決まりごとがあったのも、これまた事実。」

 そうかあ。まあ昔は夜が早いだろうから夕刻6時以降禁止でもやっていけたのか。

「毎日のように女郎たちがヒマな時間帯を狙って吉原へやってくるのが貸本屋さん。」

 この前の部分に「女郎は手紙を書くのが仕事のようなもの」というのもあったし、識字率というか読み書きの力は高かったんや。

posted by kingstone at 19:07| Comment(21) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウラジロとシダ 注連縄

 Wikipediaよりウラジロ

「葉が正月飾りに使われ、注連縄、ミカンの下に垂れ下げるのはウラジロと決まっている。ただし、その由来については、「裏が白い=共に白髪が生えるまで」という意味だと解釈されているが実際は不明である。また、マツタケなど山の幸を運ぶ時に下に敷くのもよく見かける。」

Wikipediaの写真。

kingstone page-ウラジロ

  ウラジロ

kingstone page-ウラジロの芽

  ウラジロの芽

ウラジロの観察よりの写真

kingstone page-ウラジロの裏

  ウラジロの裏

 ええっと    シダ⊃ウラジロ  ってことみたいですね。

 Wikipediaより「シダ植物

「シダ植物(シダしょくぶつ、羊歯植物、歯朶植物)は、維管束植物かつ非種子植物である植物の総称、もしくはそこに含まれる植物のことで、胞子によって増える植物である。」

$kingstone page-成長したワラビ

  成長したワラビ

syunさんのブログのエントリ「悪どいのか、無知なのか、、」より

$kingstone page-シダの注連縄

 これはウラジロではないらしい。で、今日うちにcoopさんから届いた注連縄。

$kingstone page-うちの注連縄

 確かに裏は白い。これはウラジロなのか、どうなのか。ようわからんな。現物を実地で見て教えてもらえば一発やろけど。


posted by kingstone at 17:27| Comment(4) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

問い合わせるならまず公式ルートを

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 ハルヤンネさん、どうもです。
 kingstoneです。


 なんでハルヤンネさんに質問が来たんだろう・・・(ハルヤンネさんは丹波篠山の人やもんね)

> >*****************************
> >・ある地域での就学指導、判定の状況
> >・ある地域での特別支援学級設置の現状
> >・ある地域での特別支援学級等におけるIEP実践の現状
> >・ある地域での障害者福祉の現状
> >*****************************

 で、これってもちろん公式には前3つは教育委員会、後ろは??どこだ?社会福祉協議会??に聞くことかな・・

 で、公式だと「たてまえしか・・・」とか思いはるかもしれないけれど、でもまずは公式のルートって大事だと思うな。でその後というか同時でもいいけど、非公式のルートからも情報を集める。

 まず教育委員会の特別支援教育担当係へ連絡を取られると良いのでは。
 電話番号は※※※※※※※※※※※※

 それから関連ホームページはある地域の中の下記の所に様々な連絡先が載っています。
URL

 転勤が目前に迫ってる方なのかな。

私の息子たちのこと

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 今日が息子(長男)の誕生日。

 昨日そのパーティーをしました。
 ばあちゃんが「こういう時にビデオを見たら」と言うので4歳の時の体操教室のビデオを見ました。

 見終わった後、一人で部屋に入った私を追いかけて妻が概ねこういうことを言いました。門前の小僧というやつで、妻も少しは特別支援教育の時に使う言葉というか概念は知っています。(細かい単語は違ってます)

「多動と衝動性は次男だと思っていたけど、4歳の頃は長男も多動と衝動性、すごかってんねえ」

 みんながA地点に集まればB地点に行く。
 期待される行動と違うことをする。
 友達をたたきまくる(友達はたたき返さず、トレーナーさんから期待されてる行動をしてる)
 トレーナーさんは2人いるのだけど、一人が長男専属みたいになってる・・・

 長男はADDかな、次男はADHDかな・・と紹介することも多かったのですが、少なくとも小さい時は長男もHがあったんやあ・・・年齢が進んでHが取れる、という例もあるのかな。

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 まあ息子たち診断名がつくようなレベルでは無いと思いますが・・・

 年齢が進んだせいか、二人とも幼児の時とは随分違います。ま、しかし・・・ようわからんなあ。

 自慢の息子たちですが、いろいろ苦労はするかもしれません。



プロの条件 「力及びません」が言えることなど

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 syunさん、どうもです。
 kingstoneです。

> 私がいうプロとはですね、
> 自分に何が出来て何が出来ないかわかってる。→「力及びません」が言える
> 良い仕事をするために必要な投資をしてる。

 「力及びません」

は私のカウンセリングの師匠にも「大事やで」と教えてもらいました。と同時に

「私じゃ無理やけど、この方面はこの方が」

という紹介ができるというか頼れる人のネットワークがある、というのもひょっとすると大事かな・・・

 一人で何でもかんでもできるわけじゃないですもんね。

自閉症の人の頭の中でどんな処理がされているのだろうか

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 ○○さん、□□さん、どうもです。
 kingstoneです。

>  △△さん(自閉症のお子さん)を通した世界を、○○さんが伝えて
>下さることは、本当に嬉しいし、私も、AA(自閉症のお子さん)を
>通した世界しか(しかも想像の)書き込むことが出来ません。

>  けれども、そういう例を読むことで、自分の子や、担当するお子
> さんの感じ方や考え方が見えてくることがとても多いと思っていま
> す。。

 ○○さんにも昔からいろなんことを教えて頂いています。

 ただし、わかりの悪い私は、理解しようとして、理解できないまま来てることも多いのですが、でも

「ここがわかったら自閉症の方の気持ちの理解がぐっとすすむんだろうな」

という予感はいつもあります。

「上手くいかないから視覚的援助をするんじゃなく、まず最初に視覚支援」とかいろいろ

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※なんか、時間順が少しバラバラになっているのと、私以外のものを編集したのが多くなってきています。これでもあれこれ考えて「この範囲だったら、まっ、いっかあ」と考え、改変しつつやってんですが。もし何か不都合ありましたら、すぐに削除しますんで。


※ハルヤンネさんたちの講演を聞いた方複数のメモ。今と変わらないなあ、とも思うし、今だと違う言い方をされるだろうか?よくわかんないですね。結局同じ事を言ってはるような気がする。


・上手くいかないから視覚的援助をするんじゃなく、まず最初に視覚支援

・(自閉症の人は)ダメと言われた裏側にある肯定的な事を理解出来ない(だから最初から肯定的に伝える)

・子離れ出来にくい障害

・並列に並んでいる脈絡のないものを直列にする事で理解

というくだりが頭に残りました。なんせ128枚の原稿というのを速記しようとする方が間違ってる。^^;

※しゃべくり原稿がA4で128枚あった、ということだと思われます。

 ○○さんの

・人様に迷惑を掛けなければ・・・との思いは傲慢(これはたぶん、周囲の人が「迷惑をかけなければ良い」と考えるのは自閉症の人本人に対して傲慢、という意味かな)

というのも印象的な言葉でした。

 ハルヤンネさんはチャーミングでした!!
 想像していた威圧感はなかった・・・。^^;

※ほうほう、威圧感があると思われてたんだ・・・
 ちなみに「頭ん中で、鳳蘭とゴルゴ13たして2で割ってた」そうです。

−−−−−−−−−−−−−−−

・注意はその本人からに伝えてもらうこと(「△△さんは今これをあなたにしてあげることは出来ません」は「△△さん自身からちゃんに伝えてもらう」から意味あること)

・ネガティブな経験が嫌いなこと(失敗が嫌いというのはわかってたけど)

・自閉症の方の思考回路について・・・これはsyunさん論?

・そして、表出できる方法があることの大切さ・・・。

−−−−−−−−−−−−−−−

・息子を自閉症児として育ててきたことに間違いはなかった。
 息子に表出性コミュニケーションが出始めるようになって他の多くの子どもと”あっ,同じやん”と思えるようになってきたが,この部分(息子を自閉症児として育てること=自閉症の特性を十分に踏まえて支援すること)が無ければ,他の多くの子どもと”同じやん”と思えるところが見えてこなかった思う。

−−−−−−−−−−−−−−−

 ○○さんの

・自閉症の方に選択をしてもらうとき、すぐ答えが出てこないのはじーっとしているように見えて思考してるんだ

※だから、それを支援者が待っている時、外から見てる人には、支援者がさぼっているように見えてしまう、という話も出ました。

−−−−−−−−−−−−−−−

 kingstoneです。

 今日は音楽会、自閉症児託児活動「れもん」の準備とひーひー言ってます。

> 並列に並んでいる脈絡のないものを直列にする事で理解

 詳しく聞きたい。

> ○○さんの、
> 人様に迷惑を掛けなければ・・・との思いは傲慢

 これまた聞きたい。

>・自閉症の方の思考回路について・・・これはsyunさん論?

これも興味あるなあ・・・

−−−−−−−−−−−−−−−

> > 並列に並んでいる脈絡のないものを直列にする事で理解

> >・自閉症の方の思考回路について・・・これはsyunさん論?

※これは同じものであり、それにsyunさんが答えたもの。

同時(的)総合と継次的処理のことですね。(誤字脱字ご勘弁!!!)

注:(的)は、あちこちでついたりつかんかったりするからです。

※わかる人にはすっとわかり、わかんない人にはわかりにくいかも。どうやら私が今「自閉症や高機能自閉症(アスペルガー症候群)の人がコミュニケーションすること」という題で書こうとしようとしている内容とほぼ同じようです。そっか、ここらへんのやりとりで私が学ばせてもらっていたんだ。12月31日づけの未来公開予定で書き始めているのですが、うっちゃらかしたままです。

12月29日(水曜日)

 おはようございます。

 CPU速度、RAMの量、が増えたらサクサク動くのか・・・
 最近、動いてるけど止まってるみたいなことが増えたなあ・・・

 薄く、少しの雲はあるけど、気持ちのいい晴れだな。

 もう花園(ラグビー高校選手権)がおとといから始まっていますね。
 1開戦が一昨日・昨日。
 いい戦いもありました。
 別エントリにはできるかな。
posted by kingstone at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする