私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年12月13日

世界ゲーム革命 NHKスペシャル

世界ゲーム革命 NHKスペシャル

を途中から見ました。

 正直なところ、私はゲームはほとんどしないので、現状というのはよくわかりません。一生懸命やったのは「ドラゴンクエストV」くらい。あれって地道な努力が大事っていうゲームだよね?それと「テトリス」か。

 途中で出てきたカナダのゲームテスティングの会社、エンザイム。テスティングというのは、要するに「面白いか、面白くないか」を判断し、改善点を指摘すること。全世界のゲーム会社から依頼が来るとか。で、ゲームを1日8時間、仕事としてするための人が雇われるのだけど、これまた世界中からやって来る。

$kingstone page-エンザイム
  (C)NHK エンザイムでゲームを評価している人たち。


 もちろんゲームが大好きな人たちが集まって来る。でも「脱落」する人も出る。

 最後の方で「鬼軍曹」みたいな中間管理職が出て来て、「ゲームやらんかい!」「電源切らなきゃ終わらないんだ!」とか発破かけてた。こええ。

 あとエンザイム社ではゲーム中の集中力を脳波を使って調べたりもしているのですが(これやるケースは少ないみたい。基本はビデオで表情を撮影して判断するみたい)集中力を0〜100で表すとすると、50ぐらいでずっとやれるのがいいゲーム(つまり人気が出る、売れるってことだろうな)って言ってたのが面白い。深く集中しすぎるとすぐ疲れてしまって続けられない、と。

 それからロシアの脳科学者さんがゲーム作りに参加していて(研究費獲得のため)リラックスできるソフトとか開発してるみたいなのだけど、メガネをかけて、そこに被験者にあった光を点滅させてリラックスさせるというのがありました。これって大昔に既にあったような気がする。でまたその科学者さんが

「ゲームは麻薬になるかもしれない」

と語っていましたが、もう既になってる人いるんじゃないかな?



 戦闘物のゲームなんかもいろいろ出てましたが・・・

 そういやNHKスペシャルで

危機と闘う・テクノクライシス 第2回「軍事転用の戦慄(りつ) ロボット」

を見た時、軍事用のロボットのすごさというか怖さを思いました。で、新兵訓練でパソコンに向かって操作の仕方を習っている複数の兵士に感想を聞いていたのですが、一様にみんなにこにこしながら

「これはいいです。私たちは危険じゃないし」

と語っていたのに、すごく違和感がありました。相手は死ぬのに・・・これなんかはまったくゲーム感覚になってしまってるってことですね。

 まあ、でもゲームには私の知らない世界がいっぱいあるんだろうな。


島国大和@shimaguniyamato氏の『NHK世界ゲーム革命』評…二ノ国もバッサリ! NHKの視点の遅さを指摘!

NHK 世界ゲーム革命に対する、 多根清史@bigburn氏のレビュー とその周辺ツイートまとめ

NHKスペシャル 『世界ゲーム革命』・・・加藤登紀子@TokikoKato女史がみた、日本のゲーム業界事情 ジブリもでるよ!
posted by kingstone at 13:08| Comment(4) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自閉症のお子さんを「がんばらせる」ことについてのあれこれ

 Togetterで

自閉症のお子さんを「がんばらせる」ことについてのあれこれ

をまとめました。

 別に「がんばる」ことを否定しているわけではありません。本人が「わかって」「好きで」やってるならそれはそれでいいこと。本人さんが「表現」してるかな?それを周囲はわかってるのかな?ってあたりです。

 たぶん「「がんばらせる」あるいは「ストレス」のこと」を読んで下さってのコメントから始まっています。

それぞれの地元で「勉強会」や「ボランティアグループ」を作る

 大昔の話です。

 特別支援学級担任の頃。



 ○○さん、□□さん、どうもです。
 kingstoneです。

> 私は障害児福祉に関して特別な知識は全くといってよいほど
>ないのですが、ボランティアのメンバーに入れていただけると
>嬉しいです。

また新たなつながりができましたね(ニコ)

 地元で忙しくなられるとこちらの自閉症児託児活動「れもん」に来て頂きにくくなるかもしれなくて、ちょっと残念ではあるのですが、でも本来「勉強会」にしても「ボランティアグループ」にしても、いろんなことがそれぞれの地元でできるようになるのが一番だと思います。

 いろんな動きが出てくると嬉しいな。

ホットケーキが焼けるのを待つ時間

 大昔の話です。

 特別支援学級担任の頃。


 kingstoneです。

 明日、クラスでホットケーキを作ります。

 片面はブツブツができるまで待ってひっくり返しますよね。
 これは目で見える。

 しかし、出来上がりはどうしたらいいかな。
 どっちにしても、タイマーで知らせたほうがいいかな。

 うーむ・・・昨日作ってみたのですが、時間は計らなかった・・・

「がんばらせる」あるいは「ストレス」のこと

 大昔の話です。

 特別支援学級担任の頃。


※この話の前には「理科室へ行こう」の話とともに、「お子さんが他の子を噛んじゃった」という話が出て、「わからない環境でストレスがたまっている」みたいな話の流れです。

 みなさん、どうもです。
 kingstoneです。

 ほんまね。私も担当のお子さんに「がんばらせ」すぎてストレスをためさせていた、と思います。もちろん何かができるようになることはいいんだけど、それこそ「健常者の文化」で考えすぎ、みたいなことをここ最近一段と強く感じるようになりました。

 自閉症の特性、そしてそのお子さんの特性を考えて「がんばらなくてもできる」ことをほとんどにして、時に応じて「ちょっとがんばる」くらいにしておかないと・・・

 あるところで

「自閉症のお子さんにとって、登校する、ということだけでものすごく頑張っていることになるのではないか」

というご意見をうかがい、なるほどなあ、と思いました。 


私の作った地図を自分のところで使ってはる

 大昔の話です。

 特別支援学級担任の頃。



 kingstoneです。
 
 助成金の団体からお知らせのしおりが来ました。
「第2回市民活動団体交流の集い」ってやつです。

 でね下に「福祉センター」の地図があるんだけど、おーーい、これ、私が作ってうちのホームページに上げてる地図やんかあ(笑)

「アトラスメイト」(地図ソフト)と「まっぷっぷ」(地図作製ソフト)で作ってるんやけど、これってええんかなあ・・・・(私が使う分には問題ないはず)

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 私としてはありがたいくらいのもんでしたが。

 今だと、まあいいんでしょうね。
 著作権のある写真なんかも、バリバリ他人が自分のブログで使ってたりもしますもんね。
 歌詞だっていろんなところで出てるし。


posted by kingstone at 08:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就学前施設の方たちが見学に来た

 大昔の話です。

 特別支援学級担任の頃。



 kingstoneです。

 こんど就学前施設の保護者が我がクラスを見学に来られます。

 小学校の特別支援学級はどんなところだろう、というので年一度、各地区で一校を選んで行くそうです。今年の私の地区はうちに当たった(?)とか。

 で、来られるのだけど、先生が一人着いて来るとは聞いていましたが、施設長さんが来るそうです(アセ)

−−−−−−−−−−−−−−−
 kingstoneです。

 今日、就学前施設の方が来られました。

 結局のところ施設長先生そしてこちらの校長先生を含め、ずーーっとおしゃべりしてました。

 おしゃべりしながらあるお子さんは私の膝の上で勉強し、

「ぜーんぶ○。がんばったね」

と言うとみなさんから拍手をもらい嬉しそうにしていました。

 自閉症のお子さんも一人で勉強(自立課題学習)や先生(1対1の学習)と勉強を見て頂くことができました。

 でも、言い足りなかったこともあったな、と思います。

 ひとつ気がついたこと。

 4家族来られて3組は「自閉症」「アスペルガー」の診断を受けていたり受けつつあるところだと言うことです。(1組みは別の障害)

 3年くらい前にこの就学前施設に行った時には当時の施設長さんが

「ここには自閉症の子はいません。コミュニケーションを取るのが難しい子がいるだけです」

と言っていたことを思うと隔世の感がありました。

 ある地域も少しずつ動いているようです。

子どもの方から「理科室へ行こう」と誘ってくれた2

 大昔の話です。

 特別支援学級担任の頃。


 syunさん、どうもです。
 kingstoneです。

> 浪速友あれよかったですね。

 ありがとうございます。

 でもね、このお子さん、私と出会ってから、かなり早い時期に「見せて伝える」でいろいろできていたのに、それを嫌なことを無理させることで崩して来てしまった、という反省があります。それがはっきりわかりました。

 音楽会の練習が始まりました。

 相棒がいろいろ工夫し、誘ってますが、まだ体育館には行けてません。で

「ほんと我々もいろいろ努力しよう。でも、もし本人さんが最後まで嫌がったら、みんなに謝って、行けなくてもいいことにしよう」

と相棒と話し合いました。

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 お子さんから「表現できる」方法を探すこと、それを「認める環境を作る」ことがおろそかになっていたわけですね。

子どもの方から「理科室へ行こう」と誘ってくれた

12月13日(月曜日)

 おはようございます。

 起動させっぱなしですが、メールソフト(Becky2)のツールバーの文字が反転したままになっている。
 ま、使えることには問題ないみたいですが。

 今日こそ、ウィルスバスター契約更新しよう。

 雨がぽつぽつ降っています。

posted by kingstone at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする