私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年12月07日

100万人近くの児童がADHD(注意欠陥多動性障害)と誤診か、早生まれで

 アメリカの記事の紹介で、かつ信用度はあまり高くないページみたいですけど。

100万人近くの児童がADHD(注意欠陥多動性障害)と誤診か、学年の中で生まれが遅いことが背景に

「これらの記事によると、ADHDと診断された450万人以上の児童のうち、5人に1人は学年の中で生まれが遅いことが原因で、つまり「5歳児が5歳児らしいふるまいをすると6歳のクラスメートと比べ落ち着きがなく見える」ことによりADHDと誤診されている可能性が高いようです。それらの児童が誤診によりリタリンの処方を受けているということであれば、長期的な健康への影響も懸念されるほか、年間5億ドル(約430億円)規模の金額が無駄になっていると、専門家が指摘しています。」

 ありそう・・・

「「注意力や落ち着きがなく、じっと座っていられない子どもがいても、それは単に、その子が6歳児の中に紛れた5歳児だからかもしれないということです」と語るElder准教授。「5歳と6歳というのは大きな違いです。教師や医療従事者は、子どもがADHDであるかを診断する際そのことを考慮すべきです」」

 そらそうやわなあ。

 また早生まれ、遅生まれについてはこんな記事も。

早生まれ(1〜3月生まれ)の人生の難易度の高さは異常。ベリーハードってレベルじゃねえ

 2チャンネルの情報ではありますが、Jリーガーの統計やU−14のサッカー選手の統計など、なるほどなあ、です。

 もちろん、経験的には体育などで早生まれの子は遅生まれの子よりも不利だというのはわかっていましたが、ここまでグラフを見せられると、早生まれの人はたいへんやなあ、と思います。

 もちろん、統計は統計であって個人の人生は表しませんけど、知ってて悪いもんじゃないですもんね。

 そういやゲゲゲの鬼太郎の水木茂先生は、親御さんの判断で尋常小学校入学を一年遅らせたんですね。まあ、水木先生の場合、どっちにしても水木先生で、同じことだったかもしれませんが。

法然の衝撃 阿満利麿著 2

 死者との連帯

「さきの『一向専修之七箇条問答』のなかにも、第三条に、親の供養のために墓堂、五輪卒都婆をたてるべきではない、という主張が記されている。また、『歎異抄』の第五条には、『親鸞は父母の孝養のためとて、一返にても念仏まふしたることいまださふらわず』という有名な一節がある。この一節の真意はのちにふれるが、いずれにしても法然の念仏が、当時一般にひろまっていた、死者の鎮魂慰霊のための念仏と摩擦を起こしたことは、想像に難くない。それは、神祇不拝、道徳の軽視と並び、専修念仏の信徒が非難される有力な理由ともなった。」

 先祖を供養しないと言ったら非難されるやろなあ。自分のために念仏し浄土に行ってから(往生して)先祖も含めて、現世に還って来て衆生を救う、ということらしいですが。

 道元禅師の「正法眼蔵随聞記」から

「親孝行というのは大切なことである。だが、それには在家と出家では考えが異なる。在家では『孝経』の教えを守り、生前はもちろん死後も、父母に仕えるのがよい。しかし、世俗の一切をなげうって出家したものにとっては、親に対する孝行も、世俗のことにすぎない。つまり、出家者にとって大切なことは、恩を自己の親だけに限らず、一切衆生が父母であると考えて、その積み行う善をあらゆる所へめぐらすようにしなければならない。」

「親子の関係をふくめて世俗の人間関係を断つ、仏教の出家主義は、いつの時代でも批判をうけてきた。とくに、中国では儒教の立場から鋭い批判がなされ、仏教側っも懸命の反論をくりかえしてきた。」

「この点、従来の鎮魂慰霊の念仏は、自分が仏になるという個人的契機に基づくというよりは、共同体の行為というべきであった。自分一個の救済のためではなく、村全体を疫病や災害から守るための念仏なのであった。当時は、災の多くが怨霊によると信じられていたから、その念仏はいきおい死者の鎮魂慰霊のために手向けられることになったのは当然であろう。
 法然の本願念仏は、こうした共同体の庇護から見離された個人から出発していったのである。」

「日本仏教は、『葬式仏教』という言葉において、もっとも生き生きとしているといってよいであろう。
 このような葬式仏教が成立したのは、十五世紀ころであった。このころから、日本列島のうち、南西諸島や北海道を除いた大部分の村落では、墓地や村はずれにあった小堂に漂泊の宗教者たちが住みつき、恒常的に死者の祭祀をとりおこなうようになった。のちに、このようなお堂やそこに住むヒジリは、江戸幕府公認の宗派に属する立派な寺や坊さんに昇格して、今日の私たちに親しい姿となる。」

 こういう葬式仏教の道を一番劇的に進んだのが曹洞宗。

「また平安貴族の間では、祈祷僧と念仏僧のあいだには、画然とした区別があったという。つまり、病人に息がある間は、真言天台の祈祷僧が病気平癒を祈願するが、いよいよとなると、祈祷僧は退席し、ただちに念仏僧が招かれ、臨終念仏が唱せられた。(堀一郎『我が国民間信仰の研究』)念仏は、あくまでも死者のためのものであった。」

「専修念仏を信じるようになったものは、亡き人々の冥福を祈ることは、もはやない。なぜなら、死者は、阿弥陀仏とその教えを信奉する無数の人々によって、すでに浄土に救いとられていると確信しているからである。まだ、もし救われていない人がいるとしたら、それは、私が浄土に往生してから救う人々なのである。ここには、死者祭祀にまつわる一切の不安は存在していない。死者祭祀の手落ちが不幸を招くなどという脅迫観念にとらわれることはない。信心を得たものに存在するのは、亡き人々への感謝のみであろう。」


 ふ〜む、知らないことがたくさんありました。

 しかし、一番興味があるのは、東大寺などの官寺は。荘園などを寄進されて運営されており、また比叡山や高野山も多くの寄進で運営されていたものと思います。そうした中で法然上人は比叡山を降り、市井の中に入った。今風に言えば、莫大なコストのかかる教団から劇的に低廉なコストで大衆的なビジネスモデルを作り出した?

 そこのところの仕組みがどうだったのかな、という点ですね。

 また現在、従来の「葬式仏教」(馬鹿にしてるんじゃなくて、これは大切なこととみんなの合意があったからこそうまく行っていた)が、墓地にしろ戒名にしろお布施にしろうまく立ち行かなくなっている今、どういう展開があり得るのか。

 あるお坊さんが、「仏教が入ってきた時はロックだったんだ」と言っていました。確かにシンバル(?)木魚を打ち鳴らす宗派もあるし、声明の美しい宗派もある。踊り念仏もあったのだし。

 う〜ん、どんな展開があり得るのかなあ。

posted by kingstone at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法然の衝撃 阿満利麿著 1

 図書館で借りて来ました。

法然の衝撃―日本仏教のラディカル (ちくま学芸文庫)/阿満 利麿

¥1,050
Amazon.co.jp

 図書館から借りるのは書評などを見てネット予約というのを基本にしていますが、本を借りに行ったり返しに行ったりする時に、「今日返された本」(手続きが終わってから本を置いておく)コーナーを見てみて面白そうなものがあっった時に一緒に借りて来ます。そうやって借りた本。私の借りたのは1989年に出た版で1990年の第二刷。20年前のですね。

「専修念仏の出現は、それまでの日本人の精神生活のさまざまな局面において、混乱や問題を生じた。たとえば、阿弥陀仏一仏のみをたよりとするところから、他の仏たち、とくに神を拝む必要がなくなるという問題。道徳の無視。祖先供養の軽視、等々。」

「思えば、柳田国男は、日本に定着した仏教には、2種類があることを強調していた。一つは、死者の鎮魂慰霊に役立つ仏教であり、他は、生きている自己自身の安心のための仏教である。後者は『自家用の念仏』とよばれ、具体的には、法然に始まる専修念仏をさしていた。」

「ただここで強調しておきたいことは、鎮魂慰霊の仏教、つまり葬式仏教は、日本の仏教史では主流であったが(今もそして今後も主流であろう)、それではどうしても救われない『個人の問題』が残るという事実なのである。」

「日本への仏教公伝は、538年とも552年ともいわれているが、その内容からいえば、一軀の仏像が、ほとんど単独にちかいかたちで伝来したと考えられる。多数の僧侶がやって来たわけではなく、膨大な経巻が届けられたわけでもなかった。」

「この仏像について『日本書紀』は、『相貌端厳』、『かほきらきらしい』と記している。もっとも、この部分の記述は、仏教伝来より150年ほど後に、道慈という人物によって創作されたと言われているので、仏教伝来当時の人々が仏像について抱いた感情とただちにうけとるわけにはいかないが、埴輪はあっても偶像をもつことがなかった日本人には、きわめて異質な造形と映ったことは、まちがいないであろう。」

 なるほど。埴輪から一気に仏像だとびっくりするなあ。

 蘇我稲目が仏像を祭って

「しばらくすると、『神の心(いかり)』がしばしば発生することになり、その原因について、排仏派は『他国の神を礼(ゐやま)ふ罪』とし、蘇我大臣は『他国の神を礼はざるの罪』としたが、欽明天皇はこれを機会に蘇我稲目の仏像祭祀を禁止する。だが、蘇我大臣は『他国の神』に対する信仰を捨てず、三十余年後死に臨んで、二人の孫を呼び(後に推古天皇と用明天皇になる)、心を一つにして仏法擁護に励むように遺言した。」
 
 当時のことだから災害にしても病疫にしても多かっただろうし、いっぱいこじつけることができただろうな。

 569年、蘇我稲目死去。(「日本書紀」では570年)

「用明天皇が即位し、天皇の仏教帰依を群臣にはかるが、物部、中臣の反対があり、守屋と馬子の戦いが始まる。」

 で「日出処の天子」(山岸凉子)の話につながっていくわけだな。厩戸王子と蘇我毛人(馬子の子)が・・・

 宮古島へ調査に行ってはります。もともと仏教が入ってなくて薩摩の琉球支配に伴って仏教が入ってきたとのこと。

「宮古島の仏教事情を紹介した際、人々は荘重な仏教儀礼に安心しながらも、死者と我が身との関係になると、ユタをたずねて死者の声をきき、死者が納得する処置をしないと落ち着かないという、いわば安心の二重構造があることを指摘した。」

「出雲神社の本殿の後ろには、素鵞社という小さな社がある。(中略)出雲神社の信者で、神に特別の願い事があるものは、本殿に参詣せず直接素鵞社の、しかも床下に参籠するという。(中略)
 高取によると、寺院の堂や社殿の背後にある『後戸』とよばれる部分やその縁の下は、特別の霊験のあるところと信じられてきたからだ。」

「もともと人間の住居は、神と人とが共存する場所であり、とりわけ家の内奥は、その家とその住人を守護する神のいる場所であった。その神は、カマドの神とか井戸の神、厩の神とよばれるだけで、特別の名前を持たない『精霊的』なカミだが、『味方にすれば心づよく、敵にすれば恐ろしい障礙神』となる。このような、神人同居の意識が社寺建築にも反映し、それが『後戸』となり、社殿の背後を神聖視することにもなった、と高取は考える。」

「座敷の神を世話するのは、一家の主人であるのに対して、荒神さんなど名前をもたない神々につかえるのは主婦である。普段は、両者の分業でなにごともなくすんでいくが、一家が危機に面した時は、主婦の祈願が威力を発揮する。(中略)とくにせっぱつまった祈願ほど、身近な神が頼りとされるのであり、座敷の神は、格は高くてもよそよそしいのである。
 一家の中の神の構造だけではない。すでにみたように、神社や寺院においてさえ、普遍的な祭神や本尊のほかに『後戸の神』が必要なのである。ここにも二重構造がある。」

「論じるべきは、特殊と普遍からなる、我々の宗教意識なのである。結論だけをのべておけば、この二重構造を破り、普遍に直結することを教えたのは、法然の専修念仏にほかならなかった。」

 ほお。

「この法蔵の誓いのひとつに、つぎのようなものがある。もし衆生が、自分の国へ生まれたいと願って、自分の名を呼ぶことがあれば、その衆生がいかなる人間であっても、自分の国へと迎えとって仏とする、と。本願念仏とは、この誓いに基づく念仏のことなのである。
 不思議なことだが、この物語を記す『無量寿経』には、我が名を呼ぶものは云々、と明確には記されていない。それを明確にし、『無量寿経』の誓いの言葉を書きかえたのは、中国の善導であった。法然は、この善導に傾倒することで専修念仏の教えを開く。」

 善導という名前は歎異抄にも出てきて覚えたいましたが、どういう人かは知らなかった。

「日本人は、法然の本願念仏によってはじめて、道徳、倫理など世俗の一切の価値から超越した、『宗教』というものを手にすることになったのである。」

 ふ〜ん。

 兼好法師は法然上人と同時代の人なんですね。

 法然 1133−1212
 吉田兼好 1283頃−1352年以降 あれ、違うじゃん。 

 「徒然草」第三十九段。

「ある人、法然上人に、『念仏の時、睡りにおかされて行を怠り侍る事、いかがしてこの障りを止め侍らん』と申しければ、『目の醒めたらんほど、念仏し給え』と答えられたりける、いと尊かりけり。また、『往生は、一定と思えば一定、不定と思えば不定なり』と言われけり。これも尊し。」

「前者のエピソードは、法然の念仏が、昔からの苦行主義と全く異なる世界のものであることをはっきり示しているし、後者は、法然浄土教において、〈信〉がいかに重要な意味を持っているかを示してあまりあるからである。」

 著者は(日本に限らないが)古代以来、神を祭るには、苦行や「もの忌み」、精進潔斎によって神を迎えるのに相応しい心身の状態になることが必要とされてきたと言う。なるほど私にだってその感覚はあるかもしれない。修行するのがえらいんだみたいな。

 熊谷次郎直実(一ノ谷の合戦で平敦盛を討ち取った)は、(自分は多くの人を殺しているので)死後極楽浄土へ生まれるためには切腹を厭わない、という意気込みで法然上人に会い、必死で「後生」を問いただす。

「罪の軽重をいはず、ただ、念仏だにも申せば往生するなり、別の様なし」(井川定慶集「法然上人伝全集」)

 そうか。もちろんこれはよく誤解されるように「だからいくらでも殺人していいのだ」という話ではないわけで。

「大胡太郎実秀にあてた手紙も、そのような疑問(道徳上の徳分を積み、写経や布施、供養、『法華経』を読む等は往生とどう関わるのか)に法然が答えた一つである。主旨を意訳しながら、法然の考えをうかがってみよう。

『本願念仏では、罪を作ったひとでさえ、念仏するならば救われるらしい。それならば「法華経」を読み、さらに念仏するならば、これは往生疑いないことになるではないか。どうして「法華経」を読むことが、不都合なことといえるであろうか』。このようにいう人々は、私のいる都でもすくなくありません。一見もっともなことに思われますが、中国の善導大師も、阿弥陀仏の誓いに相応する行だけが、往生の正しい道であり、そのほかはいかに尊くみえる行であっても、阿弥陀仏がきらわれる道だとのべておられます。大体、阿弥陀仏がおすすめになっている念仏の道でさえ、われらには辛いこともあるのに、どうして阿弥陀仏がおすすめにもなっていない行を付加えることができましょうか。
 それにしても、罪をつくった人でも往生できるという以上、まして『法華経』を読むということは善いことなのだから、それがいけないはずはないというのは、まったく見苦しいことです。往生の助けになってはじめて素晴らしい行と言えるのに、妨げにならないというだけで往生の行に加えようというのは、最上と言えるでしょうか。」

「『法華経』読誦を、悪をつくることと比較して、専修念仏では悪をつくることが問題にならないのだから、『法華経』読誦が往生の障りになるはずはないと主張することはまったく不都合なことです。阿弥陀仏の深い教えも、自分に都合よく解釈する人にあっては、かえってものたりないものに聞こえるのは、本当に嘆かわしいことです。」

 なるほど。まあ、これでは「『法華経』を読むことを勧める人」たちからは攻撃される言葉ではあります。でも「善いことだからと行って、勧めるというもんでもない」という考え方は好きな考え方だなあ。でもってこの手紙は「『法華経』を読むことを勧める人」宛てのものではなく「念仏を通じて極楽往生したい人」宛てというのがポイントやろな。

「『善人』は、世間のさまざまな善の実践には自信がある。おのずと何ごとにつけても、自らの力を判断の基準とする。本願念仏についても、そこにこめられている阿弥陀仏の慈悲を理解せず、自分のできる善行の一つとみなしてしまっているのだ。」

 ここらへんは親鸞上人も「教行信証」の中でどこかで三千回の念仏をしようと思ったけど、そう考えることが結局自力の考えだと気づいてやめた、とかいうのがあったな。

「(法然は法敵といえどもその人格の高潔さを敬う)その法然が、生涯を凡夫の自覚のうちにすごしたのである。」

「凡夫と申す二の文字をば、狂酔のごとしと弘法大師釈したまへり。げに凡夫の心は、物ぐるひ、酒に酔ひたるがごとくして、善悪につけて、思ひさだめたることなし。一時に煩悩百たびまじはりて、善悪みだれやすければ、いづれの行なりとも、わがちからにては行じがたし。」(「日本思想大系10・法然 一遍」)

 ここらあたりも親鸞上人が唯円の書いた「歎異抄」第二条の中で

「しかるに念仏よりほかに往生のみちをも存 知し、また法文等をもしりたるらんと、こころにくくおぼしめして おはしましてはんべらんは、おほきなるあやまりなり。もししから ば、南都北嶺にもゆゆしき学匠たちおほく座せられて候ふなれば、 かのひとにもあひたてまつりて、往生の要よくよくきかるべきなり。」

 あたりを思い出すなあ。kingstone訳をすれば「世の中に、いい考え方を知ってるえらい人はいっぱいおる。そういう人に聞いてね。私はこれしかできませんねん」

 他のいいことも「認めて」るけど、私はこれしかできませんねん、という感じね。

 法然上人が大胡太郎実秀にあてた手紙の続き。

「われら凡夫は、悪をつくろうと思って悪いことをするのではありません。凡夫の習いで、その時々の迷いに引かれて悪をつくってしまうのです。それは、われらの力の及ばぬことなのです。同じように、どうしても『法華経』を読みたい、阿弥陀仏がすすめておられない行をも加えたいというのであれば、それはもうわれらの力の及ぶところではありません。ただし、『法華経』を読むことと、悪をつくることを、同じようにあつかうのは、まったくあさましいかぎりです。」

 「力の及ぶところではありません」ってのいいな。強く反対するようなもんじゃない、ということだから。しかしその後ろ・・・「あさまし」が今と違う意味かと大辞林で古語のところを見てみたけど

@意外だ。あきれる。驚くべきさまだ。
「取りがたき物をかく―・しくもて来る事をねたく思ひ」〈竹取〉
A興ざめである。がっかりして、あきれかえる。
「物うちこぼしたる心地いと―・し」〈枕・九七〉
Bあまりにもひどい。程度がはなはだしい。
「―・しく貧しき山国にて」〈読・春雨・海賊〉

ってことで、あまりいい意味じゃないか。これは「『法華経』を読む人」に喧嘩を売ってる感じになるのかなあ。

「日本の精神風土に適した宗教のわけかたとして、私は、自然宗教と創唱宗教をいつも採用する。自然宗教とは、特定の教祖や教義、教団はないが、ムラのなかで、長い年月をかけていつのまにかできあがった、カミ崇拝、カミ祭りであり、後者には、仏教やキリスト教、イスラム教のように、教祖がいて、教義があり信者がいて、教団組織がある。日本には数多くの創唱宗教もあるが、自然宗教の影響が著しい。神道は、自然宗教そのものではなく、特定のイデオロギーにたってそれを再構築したものだ。」

 最後の神道の説明は、国家神道のことを主として言ってはるのかな。

 法然上人の神祇不拝(呪術の否定)

「されば念仏を信じて往生を願ふ人、ことさらに悪魔を払わんために、よろづの仏、神に祈りをもし、つつしみをもすることは、なじかはあるべき。」(「浄土宗略抄」、「定本・法然上人全集」第七巻)

「『悪魔を払う』とは、この世において種々の災難を生じせしめる原因と考えられていた『悪鬼・悪神』を払うこと。『つつしみをする』ということは、精進潔斎をして戒慎、忌み籠もりすることであろう。」

 それと「人間は宿業に縛られた存在である」

 この業というのは「親の因果が子に報い」とか「祖先が悪いことをしたのでその業が」とかいうのとは違うみたい。

「そもそも、業の結果は、その業の原因をつくった本人以外に引き受ける者はだれもいない。ある人間が作った業の結果は、その人間が引き受けるのである。それは、インド以来の業思想がもつ冷厳な主張である。神仏といえども、その業を肩代わりすることはできない。人々は、おのれの業を尽くして生きていくしかない。阿弥陀仏は、このような人間に慈悲を注いでいるのである。」

 ここまできっぱりすると清々しいというか。

「宿業については、誤解のないようにしておかなければならない。というのも、しばしば、それは運命論とかあきらめと同じ意味で使われるからである。」

「そして、一度本願にであうと、宿業は断ち切られて、精神は自由に満ちあふれる。これが専修念仏の信心にほかならない。
 『歎異抄』の言葉でいえば、『念仏者は無礙の一道なり』である。念仏者の行く道をさえぎり妨害するものはなにもない。いまさら諸仏、諸神になにを祈る必要があるというのであろうか。
 さきの章でみたように、古代から今日にいたるまで、日本人の多くは、身近な神を否定することなく、むしろそれを通路として、あるいは仲立ちとして、より普遍的な、あるいはより大きな神と近づく回路を大切にしてきたといえる。それは、キリスト教に代表される一神教からみれば、雑多な信仰心のようにみえるが、特殊と普遍を組み合わせた、それなりの秩序意識に支えられており、決して雑多ではない。しかしながら、このような日本人の宗教意識のなかにあって、法然の教えは、阿弥陀仏のみを信じるという点で、きわめて異質なのである。」

「法然の専修念仏が、日本人の間に伝えられてきた宗教的常識に与えた衝撃は、すでに見てきたように大変強くまた深いものがあった。(中略)そこからは二つの重要な結果が生み出されたように思われる。
 一つは、道徳的抑圧からの解放であり、二つは、呪術からの解放である。」

 宗教と道徳って一体のものと思えるけれど、それがついつい行きすぎて強迫観念や抑圧になることがあるもんな。でも何やってもいいってんじゃなくて

「ただ詮ずるところは、まめやかに(忠実に)仏の御心にかなはんことを思ひて、内に誠をおこして、外相(そとづら)をば機嫌(その時、その場の状況)にしたがふべきなり。機嫌にしたがふがよきことなればとて、やがて(そのまま)内心の誠も破るるまでふるまはば、また至誠心欠けたる心になりぬべし。」(「浄土宗略抄」)

 「内に誠を起こして」ではあるけれど「機嫌にしたがふ」と言ってはる。「機嫌にしたがふ」は、何て言うか「現実(ありよう)を否定しない」というか「他人を否定しない」というか、これは言い過ぎになるかもだけど「長いものに巻かれて」も場合によってはいい(内に誠がある範囲でだけど)くらいの感じではないのかな。

 まあしかし法然上人没後五十年にして日蓮上人は批判します。

 日蓮上人としては当然のことながら「『法華経』を大事にしない」という点で。当時の天変地異、大飢饉、疫病の流行はそのせいであるとして「立正安国論」を書きます。そして浄土はあの世にあるのではなく、この世が浄土であるとして。

「本地久成の円仏(永遠の仏である釈迦如来)はこの世界にましませり。この土を捨てていずれの土を願うべきや。故に法華・涅槃を修行する者の処は浄土と想うべし。何ぞ煩はしく他処を求めんや。」(「守護国家論」、「日本思想大系」14)

 このような浄土感を「娑婆即寂光土」という。

 ふむ。法然上人もすごく現世肯定な感じがするのだけど、確かに死後西方浄土で往生する、ということで、日蓮上人の場合は、もう生きながら往生する、と言うことか。まあ、理想的な世の中になっていないので変革していく、ということらしいけど。

 本阿弥光悦(ほんあみ こうえつ、1558−1637))は、江戸時代初期の書家、陶芸家、芸術家で法華信仰の人。この「娑婆即寂光土」の実践が鷹ヶ峯の共同生活の実践。

 法然上人に話を戻して

1204年、1205年 延暦寺・興福寺からの訴えをきっかけとして迫害
1207年(承元元)法然・親鸞ら流罪

 法然上人は、自分たちを迫害、非難する人に対して、かれらと争うことはくれぐれもないように、といろいろな人に手紙を送っている。また親鸞上人は

「この念仏する人をにくみ、そしる人をも、にくみそしることあるべからず、あはれみをなし、かなしむこころをもつべしとこそ、聖人(法然のこと)はおほせごとありしか。」(「御消息集」、「日本古典文学大系」82)

「『法然上人行状絵図』は、現存する絵巻物のなかでは最長(584m)」どへーっ。

 一遍上人 1239-1289

 熊野に参詣する途中に一遍上人がある僧に札を差し出したところ、「信心が起こらないから受け取れない」と言われた。

「一遍が配った念仏札は、良忍(1073-1132)によってはじめられた『融通念仏』の『名帳』の変形といわれる。『融通念仏』とは、特定の教派をさすのではなく、念仏の合唱によってその功徳を相互に融通しあう『うたごえ運動』であり、『名帳』とは、その際参加者がその名前を記したノートなのである。名前を記すことによって、それぞれの念仏が時間と空間をこえた有効性を発揮すると考えられた。一遍が、札を配ったのも、数多くの念仏を集めてお互いの往生を確実なものにしようとする『融通念仏』の方法に学んだことといえる。」

 ?単に私の学生時代とかだったら「ディスコ」であったり今だったら「クラブ」であったり、そして札は「お札」と考えればいいのじゃないのかな・・・いわゆる「お札」とはちょっと違うか。「お札」は霊験を求めて信者が買い求めるけど一遍上人の場合は無料でどちらかというと上人自身の法悦のため、という感じがある。

 熊野権現が一遍上人にのべた神託。

「融通念仏をすすめている聖よ、あなたの念仏の勧め方はよくありません。あなたの勧めによって、人が往生するのではありません。一切衆生の往生は、はるかな昔に、阿弥陀仏が南無阿弥陀仏と称えるものを救いとると約束されたことによって決まっているのです。ですから、相手の信・不信にかかわらず、また、浄・不浄を問題とせずに、その札を配るのがよいのです。」

 本地垂迹説の流布によってでしょうが、神様が僧に神託を出すわけですね。

 神祇不拝について

「もとより、法然は、『神祇不拝』を第一義に主張したのではない。『神祇不拝』は、あくまでも『専修』の結果なのであった。法然自身は、さきにもふれたように、諸仏・諸神を積極的に無視せよとは教えていない。のちのことだが親鸞は、専修念仏の弾圧のなかで、諸神を侮ることがないようにと、同朋をしばしば諫めてもいる。だが、『神祇不拝』は、専修念仏の旗印ともなっていたのであり、日本人の精神史に重大な衝撃を与えることになった。つまり、日本人は、法然の出現によってはじめて、伝来の神、およびそれと習合した仏教のあり方を、原理的に否定することになったのである。
 だが、法然の生きていた時代は、すでに神仏習合とか本地垂迹とよばれる神仏一体論が、牢固とした体制をつくりだしており、『神祇不拝』を必然的にともなう専修念仏は、強い反発を受けることになった。」

「しかし、皮肉なことに、専修念仏がひろがり、『神祇不拝』がもりあがってくると、それを否定する本地垂迹説も強化され、またあらたに神道論が勃興してくることになった。そして、『神祇不拝』論は、一層はげしく封じられるようになり、専修念仏も、おりしも教団を形成してくる段階にあって、自ら神祇との妥協をはかるようになってくる。」

 一遍上人は専修念仏の系譜で語られることが多いが

「だが、一遍の浄土教は、専修念仏の影響を深く受けているが、専修念仏の範疇にいれることはできない。なぜなら、一遍は自ら語っているように、平安時代中期に生きた空也(903-972)や、また融通念仏を主宰した良忍の系譜に連なる人物であったからである。」

「『空也誄』によると、諸国を遊歴していた青年の頃は、荒野に放置されていた死骸があれば、油を注いで焼き、阿弥陀仏の名をさずけて弔うことを常としていたといわれる。」

「空也は、このような(怨霊退散、疫病などの悪霊を都の外へ送り出す)要求にこたえ、怨霊の鎮魂、鎮送の手段として、『踊り念仏』を積極的に実行した。人々は念仏をとなえながら乱舞したのである。その際の念仏は、いうまでもなく、法然の本願念仏とはまったく異なる鎮魂慰霊の呪文であり、激しい乱舞は、『悪霊を攘却するもっとも原始的な呪術』(五来重『踊り念仏』)にほかならなかった。」

「(一遍の)その信仰内容は、修験道や、『法華経』、浄土教、密教など多岐にわたっているが、苦行を第一とする生き方は共通しており、その生活形態も、多くは隠遁、あるいは漂泊、遊行、時に妻帯することにおいて軌を一にしていた。」

 隠遁や漂泊、遊行なんかも苦行に入るのか。

「とくに融通念仏は、寄付を募る手段として有効であったので、多くの神社は、融通念仏のヒジリに造営や改修を依頼することになった。」

 寄付を募る手段としてダンスパーティーをするってことですね。あとお札配りも。

「このようなヒジリを尊重する風潮は、きわめて強固であり、法然を開祖とする初期浄土教団自体においても、法然の高弟で浄土宗第二祖となった弁阿の時代に早くもその兆しが生じている。つまり、弁阿は、念仏を正しく伝えていこうとするあまり、信者たちに証明の手印を発行することになるが、それは、証明者である僧侶の権威をいやがうえにも高めることになり、結果的には、専修念仏の僧侶は、浄土とこの世を仲介するヒジリの再来となってしまったのである。」

 資格商法というか、家元制というか、お札?免罪符?

 一遍上人と法然上人の違い。

「第一は、一遍にあっては、本願を信じることよりも、『南無阿弥陀仏』という名号を称える方が重要とされている。」

「第二は、一遍が、一切を捨てることを往生の条件だと考えている点である。法然は、果たして一切を捨てて執着心を断じなければ浄土往生できないと教えたであろうか。否、である。法然は、本願念仏は、煩悩を断じることのできない凡夫のためであることを主張したのであった。」

 神仏一体論の新展開

「『沙石集』(1283成立)の巻第一に、神の本質が仏と同じ慈悲にあることを述べた一連の説話がある。(中略)常観坊という僧が、吉野に参詣する途中、母親を亡くして途方にくれている子どもを哀れにおもい、死穢をもいとわず、葬式をしてやった。物詣でには、厳重な精進潔斎が必要であり、死穢がついた以上は参詣を止めようとしたが、家のある方向に進もうとしても、身がすくんで歩けず、かえって吉野の方角に向かうと歩けるので、そのまま進んだ。近くまできた時、遠慮がちに神に経を手向けていると、神懸かりした巫女があらわれて、『遅かったぞ。待っていたのだ。私は物を忌むことはしない。慈悲を一番大切に考えているのだ』といって、衣の袖をひいて拝殿につれていった、というのである。」

 本覚思想。平安時代の院政期以来発達してくる、天台思想。

「あえて簡単にいってしまえば、人間はもともと仏であったという考え方である。それは、いろいろ修行を積み重ねて始めて悟りに達することができるという、『始覚』とよばれる考え方と対をなしている。極端にいえば、本覚思想では、一切の修行は不要ということになる。なぜなら、人はもともと仏なのであるから。ただそのことに気付いていないだけなのである。したがって、もし自分の中の仏性に気がつけば、自己のいかなるあり方も、仏のあり方として肯定されることになる。そこでは、悪もまた真理の一つのあり方として肯定されるにいたる。
 しかも、仏性の存在は、人間に限らない。『草木・瓦礫・山河・大地・大海・虚空』もまた仏なのである。(『真如観』、『日本思想大系』9)」

「本覚思想においては、生と死、悟りと煩悩、仏と人間、この世とあの世、といった、日常の論理では同一化できないカテゴリーを、いともたやすく融合してしまう傾向が強い。むつかしくいえば、本覚思想とは、相即の論理なのである。相即とは、相対立する二つの概念が、矛盾しつつ融合し、一つの真理の裏表となってしまうことである。さきに、日蓮の浄土論に関して『娑婆即寂光土』という考え方を紹介したが、そこにみられる『即』こそ、その好例であろう。
 法然の浄土教には、しかしながら、このような相即の論理は皆無である。」

「ついでに触れておけば、親鸞には『生死即涅槃』、『不断煩悩得涅槃』、『円融』など、相即の論理が目につく。」

「(最澄と、法相宗学者の徳一との論戦で)徳一の論戦を正面から受けて出発した日本天台は、はじめから『悉有仏性』の立場に立っていたのである。その具体的展開が本覚思想だと言えよう。」

 ノートがえらく長くなってきたから一度アップするか。


posted by kingstone at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教師の姿勢 「いじめの定義 内舘牧子 週刊朝日12/17号」から考える

いじめの定義 内舘牧子のエッセイ 暖簾にひじ鉄より 週刊朝日12/17号

 群馬桐生市 小学校六年生女児自殺事件について

 この事件はあまりいろいろ読んでなかったのですが。

 エッセイの中で

「女児は級友からのいじめに苦しんでいたといい、学校はそれを認めた。報道によると、女児は『臭い』『汚い』『あっち行け』などと暴言を受けていたと、父親が証言している。父親は、幾度も学校に訴え、救いを求めた。」

とあります。

「女児へのいじめはエスカレートしていく。
 ひとつは、女児の母親が学校に来た際、級友たちが言った言葉だ。
『お前の母親はゴリラ顔だ。だからお前もゴリラだ』
 これはテレビの報道番組で父親が証言している。女児の両親は国際結婚で、母親はフィリピン人だった。
 そしてもうひとつは、給食を『好きな人どうし』で食べるようになり、女児はどのグループからも仲間外れにされたこと。いつもみんなから離れた場所で、一人で給食を食べていた。これは彼女の死後、同級生が各グループの位置関係を絵に描き、女児がポツンといる状態を明かしている。」

 他のニューソースを拾ってみます。

クラスで孤立 小6自殺 学校側「いじめと認識せず」 群馬

「女児は運動会後の9月中旬から、1人で給食を食べることが多くなり、学校を休むことが目立つようになった。21日の校外学習の際には出席したが、同級生から「こんなときだけ来るのか」と言われたという。」

母にプレゼントする予定の手編みマフラーで首つり 群馬の小6女児

「明子さんは2年前、愛知県から転校。上村さんによると、いじめは5年のときに始まったといい、6年では「近寄るな」などと言われることもあり、今月は学校を休みがちだった。21日の校外学習には参加したが「何で来るのか」と言われショックを受けた様子だったという。」

群馬・小6自殺:学校側「いじめあった」 市教委に報告

「明子さんは10月23日に自宅で自殺し、岸洋一校長は同25日の会見で「いじめの認識はなかった」と説明していた。その後、全児童へのアンケートや聞き取り調査で、明子さんが(1)複数の児童から心ない言葉を投げかけられていた(2)給食を1人で食べるなど孤立していた−−ことを確認し、いじめで「精神的苦痛を感じていた」と判断した。ただ、自殺の直接的原因は「(明子さんの)学校生活の様子や教職員、児童からの聞き取りでは特定できない」とした。」

「また、明子さんが給食時の孤立を泣きながら訴えたのは担任以外の教諭だった。明子さんのクラスは担任に従わない学級崩壊状態に陥り、「1学期後半から児童の落ち着きがなくなり、担任および他の教職員が指導を行ったが改善できず、ルールが守れない状態がみられた」という。」


 なるほど、学級崩壊の状態だったのか。それに対しては学校はどんな手を打ってたのかな。

 こりゃ何を言ってもせんないことかもしれません。

 内舘さんの提案は二つ。

 一つ目。

「担任はなぜ女児の味方につけなかったのか。もしも、『フィリピンってすごい国なんだよ。スペインやアメリカの植民地になっても自分たちの誇りは捨てなかった。強大なアメリカには勇敢に立ち向かったんだよ。そうだ、せっかくフィリピン人のお母さんを持つお友達がいるんだから、来週の社会科では各グループがひとつずつフィリピンのことを調べて発表しよう。Aグループは歴史、Bグループは食べ物、Cグループは気候だ』
 といい、女児に向かい
『あなたはお母さんにフィリピンのいいところと、日本のいいところを取材して、発表して』
 と言ったなら、少なくとも女児は救われた。先生は私の味方であり、大好きなママを認めてくれていると思ったはずだ。」

 二つ目。

「そして、『好きな人どうし』の給食は、女児が仲間はずれにされているとわかった時点で、即座にやめるべきだった。『仲間に入れてと自分で頼みなさい』というのは、獅子が我が子を崖下に突き落として鍛える愛情とは重ならない。」

 どちらももっとな意見と思います。まあそれ以前の問題として学級崩壊してしまっていた、ということですから、担任さんも子どもと向き合えなくなっている、子どもたちも聞く耳を持たない状態になっていたのかもしれませんが。

 一つ目で言うと、大昔の大昔に通常学級の担任だった頃、ある女の子を複数の別の子が「タレ目!タレ目!」とはやしたてたことがありました。私はすぐさま

「『卒業』という映画があってな。主演女優がキャサリン・ロスってタレ目でめっちゃ美人。タレ目ってのは馬鹿にするような言葉やない」

とかなんとか言いました。小学生に「卒業」もないもんだ、と思いますが、まあその頃私がファンだったもので。子どもたちは真剣に聞いていたと思います。まあ、心の中ではどう思っていたかはわかりませんが。でも、それで「タレ目」というはやし言葉は無くなりました。

 二つ目で言うと、毎月1回の席替えの時、「好きな人と隣に」なんて許したことはありません。さりげなく、あれこれ配慮して決めました。まあ、校外学習(遠足)の時なんかは勝手に好きな者同士でグループを作って食べていましたが、特段問題が無かったのは幸運?

 子どもたちって、すっごく優しい気持ちと、残酷な気持ちが同居しているような気がします。それでいいんですが、その残酷な気持ちの方が外に現れずにすむようにしてあげ、優しい気持ちが出やすいようにしてあげるのが大事じゃないかな。

 教師の姿勢でクラスの子どもたちはずいぶん違ってくると思います。




 ところでこの報道に関連して

群馬小6自殺 文科省の依頼にも学校は調査せず

県内小中学生に「いじめ調査」 自殺問題受け県教委

都道府県別いじめ解決率公表へ=積極的取り組み促進―文科省

 文科省も自治体も調査、調査と言いますが・・・

 そんなアンケートや報告を書いている場合かな。小さな問題はいつでも起きていて、起きた問題をいかに小さな芽のうちに解決するかが大事なことで。いくら調査に力を入れ、その解決率を公表したところで意味はないと思えるのですが。

 で、解決していればアンケートや報告には上がってきませんしね。

 何か力を入れるところが違っているような気がする。


posted by kingstone at 19:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コピーについて 検査具など

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 KING STONEです。

 えーと、PEP-Rについての話題がそこそこ盛り上がってますが・・・

 私はまあアメリカからの直輸入とはいえ、実は日本語図版はコピーして使っています。でまた日本語版セットはまあ20万円と確かに安くは無い。

 でもって、本物をマネして作る場合も実践してたらしゃーない場面もあると思います。ほんま目の前の子どもに対してどないかしたい、という気持ちが先に立ちますもんね。

 ま、でもとりあえずはそれでやってても、そのうちお金をためて、できれば「本物」「オリジナル」をお金を出して購入する、というのが普及を図っていく一番の早道ではあると思います。

 パソコンを利用した教育についてあれこれやったり、シンボルの利用をしたりする時に、やはり正規版をお金を出して購入する、というのが大事やなあ、と思い知らされるところがよくあります。

 そういうものと、検査器具とはどっか違うような気もせんではないが、でもやっぱり著作権とかなんやかんや考えると同じかなあ、と・・・

 いろいろ悩ましいですが・・・・

 ってことで「コピー」「複製」をあまりおおっぴらに堂々と書くのは自粛しませんか。

 でも実践する上で「似た物は作れるよ。できたら本物を買うのが一番だけど」あたりまでは許されるかなあ・・・・

 悩ましい・・・

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 ここらへん、現在はどうなんでしょうかね。
 当時、少なくともAAPEPの検査器具は、正規というのがもともと売ってなくて、自分たちで作る、集める、をしないといけなかったのですが。

 リーズナブルな値段(ここの判断がむつかしいですが)であるなら、商品を購入するのがその商品や商品の背後の考え方を広めていく一番の近道ですけどね。

 ちょっと違うかもしれませんが、今はYouTubeでもともとは著作権のあった動画が共有され、歌詞も昔ほどはうるさく言われなくなってきてますね。そこらあたりの考え方の変遷もあります。



パソコンやネットを使い始めたばかりの保護者へ

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 ○○さん、はじめまして。
 kingstoneです。

>  まだPCは始めたばかりでロクに打つこともできない私ですが、
>  この研究会を教えていただきイテモタッテモいられなくなりました。

 すごいですやん。
 これだけ打ってはりますやん(ニコ)

 でも、まあ、ほんまゆっくり、ゆっくりやって下さいね。

今日1日にやったこと ハリー・ポッター 換気扇掃除 スケジュールや記録作りはできず

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 kingstoneです。

 3連休・・・いっぱいやることはあるのだけど、ハリー・ポッターシリーズ3部作のうち、2部と3部を昨日・今日で読んでしまった・・・

 あと今日は換気扇とその周囲の掃除・・・(お盆にばててていてできなかった。でもお盆と正月にしてたのをやめて、春と秋にした方が気候が良くっていいですね)

 ほんま自閉症児託児活動「れもん」のこと。来週の学校での「校外学習」のスケジュール作り、現在の指導の記録(syunさんに相談してて、現在のデータを聞かれて答えられなかったことを反省・・・もう一度1日の流れを綿密に記録してみようとしています)その他、その他ほんとにたくさんやんなきゃいけないことあるんだけどね。

 でも3連休のおかげで、ずーーっと続いていた「疲れ」「消耗」が少しは取れそうです。

自分の地域で作るのが一番 支援ネットの申込みは〆切過ぎてるけど大丈夫みたいよ

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

> いつか、私も自閉症児託児活動「れもん」で一度ボラさせてください。

 そりゃ、もちろん喜んで。
 でも、

> □□県でもできないかな・・。

 自分のところでやっちゃうのが一番いいっすよ。
 まあ、でもよそで体験するとまたほんま勉強になるけどね。
 私は朝日新聞のワークショップと、TAS(丹波自閉症協会)で勉強させてもらってますけど。

> 支援ネット行きたくて21日までだよねえ・・。

 ないしょの話・・・なんとでもなるみたいよ・・・・

 ってか、syunさんや受付の方のご苦労を考えると早めの申込みと、送金がいいのだけど、そりゃみなさんいろいろ事情がありますやん・・・来たもんに帰れとは言わんで・・・

(うん?いっこも内緒になってない??)

嬉しい悲鳴 自閉症児託児活動「れもん」のボランティアさん集めで

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 kingstoneです。

 次回のボランティアさん、以前にメールでお願いしていた人とか合わせて、30名を突破してしまいました。・・・うーむ・・・来て下さる、という方には来て頂きたい。

 ひょっとして子どもをあてず研究会に行って頂く方が多くなるかもしれませんが。

12月7日(火曜日)

 おはようございます。

 起動させっぱなしですが、1日1回はChorome再起動かシステム再起動が必要になっていますね。

 外は真っ暗。
 木曜日から寒くなる、という話を書きましたが、もう今日から寒くなるそうです。

posted by kingstone at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする