私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年12月02日

肩の痛み 記録

 ここ一月ほど左肩関節あたりが痛い。

 何もない時には少し何かを感じるだけ。

 しかし、姿勢を変えた時、腕をほんの少し動かした時に痛み。まあ「痛がゆい」「痛気持ちいい」という感じだが、時々鋭い痛みになることもあり。かといって左腕が動かせないわけではない。可動範囲としては別に狭まっていない。ただ動かすのに躊躇することもある。

 肩胛骨のあたりが特に痛気持ちいい感じが強い。

 上からツボ(?)を押すと痛気持ちいい。

 って書いてきて、あれ、これって五十肩じゃね?と思ってWikipediaを見てみた。

五十肩

 ああ、なんかぴったりだな。

 こういうのって整形外科ではなさそうな・・・って私が行ったことのあるのは20年以上前で、骨折をレントゲンで判断してくれるのは確かだけど、この系列や腰痛なんかにはほとんど効かなかったような・・・まあ当時は「安静」しか無いような時代だから、今はずいぶん変わってるかな。

 息子たちや妻の行きつけの整骨院はあるのだが。

 あと、「この痛みのあるところへ鍼を入れたら効きそう」とは思ってしまうな。「代替医療のトリック」ではプラセボ以上の効き目は無い、ってことだけど、そのプラセボとしての効き目が80%にも及ぶのだから馬鹿にできないよな。本では「鍼を打つ」ということ自体に(理論としての効果ではなく)プラセボとしての効果を現す仕組みがあるのでは、みたいなことを書いていたが。

 まあ、Wikiによれば「効果ある治療法は無い」みたいだけど。

 で、どっちにしても時間が経てば治るみたいではある。




posted by kingstone at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憚りながら 後藤忠政著

 図書館で借りて来ました。

憚(はばか)りながら/後藤 忠政

¥1,500
Amazon.co.jp

 ヤクザというか暴力団の組長の語り。

 まあ、なんというか・・・最近得度されたということだけど、今、土佐犬10匹飼ってて若い衆が世話してる、って書いてはるから現役感があるというか・・・

 生涯の友と呼ぶ野村秋介が千葉刑務所時代に詠んだ句。

 俺に是非を説くな 激しき雪が好き

 周囲の人はバブル崩壊で消えて言ったが、著者が消えなかった理由。博打について

「勝ってるときはもっと儲けようとするんだが、我慢して止める。負けてても、その負けを取り戻そうなんて思わないで、切りのいいところで我慢して止める。博打ってのは、勝っても我慢、負けても我慢なんだ(笑)」

 なるほど。って言っても、私は勝ったことがないのでわかりませんが。

 2001年7月にUCLAで肝臓移植手術をしてはる。

 手術後の猛烈な痛みを訴えるために言葉がわからないが看護師に

「とにかく手まねと身ぶりで必死に訴えたら、顔の絵を描いたような紙を見せられて。外国人用にそんなのが用意してあるんだな。
 痛い表情が5種類ぐらいあって、一番軽いのは、ちょっと痛いなって顔だ。2番目のは顔をしかめてて、3番目は痛くて俯いている。4番目はもう耐えられなくて『痛い、痛い』って顔で、最後の5番目は痛くて『エーン』って涙流してる(笑)。それを見せて、『どの程度の痛さだ』って言うから、『バカヤロウ、これに決まってるじゃねえか』って、5番目のやつを指さしてさ(笑)」

 周囲でも肝臓癌で死んだ人がたくさんいるそうで「尊厳死」というか「楽に死ねる」ことについても書いてはります。


posted by kingstone at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アラキドン酸でコミュニケーション障害は改善しないと思うよ。」という記事の紹介

「自閉症に効く」と言われる薬やサプリは、もう昔からたくさん現れてきては効果無しで消えていきました。こんなエントリ。

アラキドン酸でコミュニケーション障害は改善しないと思うよ。

 もともとは産経のニュースから始まっています。

コミュニケーション障害…市販薬で改善 芦屋大などの研究チーム解析

 記事内のエピソードではADHDの症状が改善したみたいに読み取れるのもあったりします。

 しかし、この記事を私がTwitterで初めて見た時は、ある小児精神科医さんが紹介してくれたんですが、その時点で「一般紙だから書きすぎ。専門誌では載らないレベル(段階?)の研究」というような文がついてて納得しました。

 「健康になるサプリ」とかは、基本的に「本人が納得して」とるなら、には構わないことだと思っています。しかし「過大な効果の宣伝」「実は健康被害が起こる」「効果に見合わない高額な価格」とかがあった場合、どうなんだろう?と思ってしまいます。その「納得」にしても誤った、あるいは偏った情報に基づいている場合もあるし。

 あるダイエットサプリとか、実際に痩せるのだけど、実は肝臓に悪い薬が入っていてその「効果?」で痩せる、なんてのもあったし。

 で「本人」じゃなく「親」が良かれと思って与えるのはたいへんまずいような気がします。

 また「普通」の食事で摂れるものも多いみたいだし。

 アラキドン酸についてもネット上に

「アラキドン酸カスケードというアラキドン酸が変化していく代謝の過程で、炎症などを引き起こすことがあるので注意しましょう。」

という注意書きも見つけました。

 ところで冒頭の「アラキドン酸でコミュニケーション障害は改善しないと思うよ。」の中で筆者は「(高機能)自閉症やアスペルガー症候群の人には『療育』だ」みたいなことを繰り返し書かれています。

 う〜ん、私は相手が「療育」という言葉を使っても、取りあえずは否定しない、と書いてきたけれど、ここまで繰り返されると「いや違う」と言いたくなってくるなあ。まあ、私の「大昔」シリーズなんかでやってることを読んで「それは療育です」とおっしゃる方がいても不思議は無いのですが。


 そういやオキシトシンはどうなったんだ?




見通しが立つ 「問題行動」が起こらない 運動会練習で

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 今日、とても嬉しいことがありました。

 あるお子さん。運動会の表現の練習、したがりません。特に子ども同士の話し合い活動とかがあった日にゃ・・・私とその子で無益な戦いをしておりました。(恥ずかしいです)

 そこで担当の先生に、

「1度の練習時間に1回だけ参加し、できたら特別支援学級に戻ります」

とお願いしました。

 今日がそれを試みる2回目でした。

 体育の時間の頃合いを見計らってトランジションコーナーで体育館に行くスケジュールを伝えます。そしてその時に

「体育館に行ってマットで休憩」→「表現運動(ダンス)」→「特別支援学級に帰る」

という流れを小さなホワイトボードに写真で示します。(これはワークシステムになると思う)

 すると彼は理解してくれた手応えがありました。

 そしていつもは一悶着ある移動も問題なし。

 いつもは怒る「表現運動(ダンス)」も文句いわずに参加。
 
 で、終わるとさっと帰って来たのですが、いつもは各所で見られる「問題行動」が一切なし。もちろんおおいに誉めました。

 なんだか感激しました。

 実は昨日から自立課題学習の時に「上から下へ」のワークシステムが理解できてきたような様子がありました。そういうこととも関係があったのかもしれません。

障害のあるお子さんが取り巻かれている現状

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 syunさん、どうもです。
 kingstoneです。

> 今回私が承ったケース、何か障害児が取り巻かれている現状を
>浮き彫りにしたようなケースだと思います。

 K君のことですね。

 言わんとされていることわかります。

今日、特別支援学級の相棒と当日の自閉症児託児活動「れもん」でのsyunさんとK君のビデオを見て研修させて頂きました。(syunさんはいいとして(笑)親御さんに事後承諾を取らなくては・・・)

 私と相棒は、日々悩みながらも小さな成果を喜んでいます。

 しかし周囲からは「わがままが戻ったね」と言われたりとか、いろいろなプレッシャーを感じます。大事なことは何かなあ、と原点に戻って考えることで元気が出てきます。


初めて来る他害もあるお子さんにどんな準備をしたか syunさんが「れもん」で
他害もあるお子さんに出会った時 syunさんが自閉症児託児活動「れもん」で
他害もあるお子さんとのやりとり(缶ジュース) syunさんが自閉症児託児活動「れもん」で
他害もあるお子さんが自閉症児託児活動「れもん」から帰ろうとした時
ビデオ撮影や活動報告書を書くこと 自閉症児託児活動「れもん」で

強みを活かす(報告書を書いてくれない人にどう対応するか)

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 syunさん、どうもです。
 kingstoneです。

> 報告書
> まとめる力が無いだけじゃ〜〜〜。よ〜かかんのじゃ〜〜〜。
> ボランティアさん、支援ありがとう。

 あはは。
 で、ごっつい人やのに、ちゃんと自閉症児託児活動「れもん」の報告書も書いて下さるOさんってすごい。

 ところで「まずルールを破れ」ってマネジメントの本には、報告書は書かない(書けない?)けど売り上げの多い営業マンに対して報告書を書くことを強制するよりも、別の人に報告書を書いてもらって問題解決、という例が出てきます。

 結局これって「強みを活かす」って話だよね。

まず、ルールを破れ―すぐれたマネジャーはここが違う/マーカス バッキンガム

¥1,680
Amazon.co.jp

某地区TEACCH親の会を開いたら同じ町内の人が声をかけてくれた

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

> で、「あっこの人見たことある。」
> て、思った瞬間、あちらも、覚えてく
> ださっていたようで、あちらから声を
> 掛けてくれました。
> ご町内にもう一人お仲間が見つか
> り、なんだかとても心強くなりまし
> た。

 そうですよね。
 ほんま、仲間がいる、ってことがわかるのはすごく心強いことだろうと思います。

 良かったな(ニコ)

自閉症児託児活動「れもん」の運営をどうするか(私が動けなくなってきてる・・うつで)

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 Oさん、ありがとうございます。
 kingstoneです。

 「れもん」の運営についての話題にからんでいく元気が出なくて・・・

今やっと夏休みの研修報告(本来1週間前にできてるやつ)がやっとができたので、ちょっと書きます。

 Oさんの提案は私の泣き言が発端になっています。

 「れもん」はもともとは知的障害特別支援学校で私が担当していたお子さんの保護者に来て頂けたら、という思いで始めました。私が意図していた(しかし十分にはできなかった)実践を、もし私が知的障害特別支援学校からいなくなっても、継続していくとしたら親御さんに勉強して頂く必要がある。

 で、もちろん次の思いとしてそれまでに研究会に来られている方や、知的障害特別支援学校の他の保護者にも来て頂けたら、と思っていました。

 私は苦しくて仕方なかったし、私が楽になるためには、(それには子どもたちが楽にならないといけないから)担当しているお子さんの、そしてある地域の、また近辺の親御さんが勉強して頂けたら、と思っていました。

(でね、私はできる限り「利己的な思い」を大事にしたいと思っています。私の場合だったら「私が楽になるために」他の親御さんだったら「自分の子にいい環境を作るために(でそれはある意味で自分が楽になるために、ですよね)」そこから出発してることを意識しとくといいんじゃないかな、と思っています。そしてそれが結果的に他の人のためにも役に立てばラッキー)

 それとTEACCHの勉強していたら、こういった余暇活動的な実践もせなうそやん、みたいな思いもありました。

 でね、「こんなんやろうと思ってんねんけど」と相談した方にはことごとく反対されました(笑)そらそうやと思います。事故が起こったらどうするの、から始まり、実際本業だけでも忙しいのに、そんなこと片手間でできるこっちゃない・・・全部ほんまです。

 でもね、やりたかったからやっちゃったわけです。

 始めると少しずつ参加者(お子さん)も増えて来ます。
 で、いろんな意味で良かったなあ、と思えます。

 しかし、私も大学回りやコネやなんやかんやでボランティアさんをお願いしてますが、毎回結果的にはぎりぎりの状態でやってます。

 まあそれでも何とか続けてきたわけですが、今月はついにプレッシャーでつぶれそうになりました。(でも、実働は少ない・・・結局ね、プレッシャーで動けなくなり、それで精神的にじりじりと落ち込むという悪循環がほとんどですね)

 もともと今年度が始まる時に○○さんちに集まって下さった方の前では「2年で代表やめる」と宣言してましたが、(ここでもしてたっけ?)具体的な次の形態については何も提案できないままでした。

 一応、今年度はスタッフ制にしました。
 親御さんにお願いした「おもちゃや本・ビデオなどの準備」
 ボランティア集めの「□□大学グループ」「△△大学グループ」はうまく機能しています。

 ただその他のボランティア集め、あるいはコーディネートはほとんど私がやっています。ここの分業は難しかった・・私のシステムの作り方が未熟なわけですね。

 このままでは、投げ出してしまいかねん・・・(ハルヤンネさんに「投げたらあかん」と言われたけど・・)(ほんま、結構0か100かみたいな奴です>自分)

 で、私の泣き言にOさんが反応して下さったわけですが、来年度以降につないで行くためにも今からあれこれやっておいた方がいいなあ、と思っています。

 というのが前段の事情です。長くなったので具体的なあれこれは次の発言で。(このくらいやったら携帯電話で読んでいる人も切れずに読めるのかな?)

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 まあ、うつが進んできた、ってことでしょう。

12月2日(木曜日)

 おはようございます。

 今日も起動させっぱなし。
 でもChromeは応答しなくなって、一度終わらせました。

 外は明るくなってきました。

posted by kingstone at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする