私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年11月28日

空 どこかの玄関

 散歩。

$kingstone page-空

 空。

$kingstone page-玄関

 どこかのおうちの玄関。

posted by kingstone at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夕焼け

 これは妻がPanasonicのデジタルカメラ LUMIX DMC-FX60 を購入した時に息子が「夕焼けモード」で撮った写真。(今、私が毎日持ち歩いているのはこのデジカメ)


$kingstone page-夕焼け

posted by kingstone at 09:31| Comment(2) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分のスケジュールがわかっていないという話

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 実は登録など事務処理は以前にやってたんですが、あはは紹介し忘れてた。ってわけで、私、そーゆー事務処理がはちゃめちゃ状態になっておりますので、あのーーー何か抜けてるんじゃないか、と思われた方、連絡して下さいね(アセ)

 先日も、私のスケジュールを問い合わせて来た方に

「私はかくかくというスケジュールです」とお答えしたら
「あなたのスケジュールはしかじかです」とお返事頂き、調べてみたらその通りでした・・・・

 事務処理能力は0 > kingstone


posted by kingstone at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研究会の感想とか「他害をするお子さんは本人がすごく怖がっている」とか

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。




 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

> いつも裏方役、ご苦労様です。
> 何も、お手伝いできずに、申し訳なく思っています。

 いつも気にとめて頂きありがとうございます。

 で・・・もちろん○○さんの話はすごく聞きたかったですけど、子どもたちの笑顔が見れ、いいコミュニケーションがとれた時、実はどんな講演を聞くより楽しかったり・・・・(ニコ)

> 少し輪が広がって、良かったですね。

 ほんとうにとっても嬉しかったです。
 相棒の許可を得て、その感想を書きます。

 ○○さんの話は、現在の特別支援学級の実践に直接関わってすごく興味深かった。
 そして研究会の雰囲気が、とても和気藹々としていて良かった。あれだとすごく行きやすい。

 また昨日の自閉症児託児活動「れもん」でsyunさんが

「他害をするお子さんは本人がすごく怖がっているんだよ」

という話をしてくれたことを伝えると

「あっ、それ○○さんもおっしゃってた」

とのことでした。
posted by kingstone at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうやめようと思ったけどまた来月もと思えた話 自閉症児託児活動「れもん」

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 kingstoneです。

 今日は研究会は○○さんをお迎えし、「れもん」ももちろんやりました。

 実は、昨日の午前まで「もう10月はれもんやるもんか」と思っておりました。どないしても参加希望者とボランティアさんの数が釣り合わない・・・

 しかし「私が参加者数を単純に計算間違いしていた」「参加希望者のうち欠席の方が出た」というのがわかり、ボランティアさんの数が上回る計算になり、えらいもんで急に元気になりました。

 で、今日。

 子どもたちはニコニコしているし、ボランティアさんもニコニコしているし、「よし来月はやろう」という気になりました。

 またすぐ泣き言を言うかもしれませんが・・・

posted by kingstone at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太田のステージの使い手さんの話のお礼

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 ○○さん、本当にありがとうございました。

 私は自閉症児託児活動「れもん」の方にいたので、中身はわかんないわけですが、あるお母さん、「もうちょっと聞きたいことがあった」とおっしゃっておられました。託児のお迎えや、なんやかんやで質問に行けなかったようです。(終了後、質問の方がひきもきりませんでしたね(ニコ)お話が良かった証拠ですよね)

 で、「そらここに書いたら○○さん、答えてくれはるで」と言ったのですが・・・まあなかなか書くのって勇気がいるかもしれませんが・・・

 それからね。
 昨日書いていた私の特別支援学級の相棒、来てくれたんですよ!!
 めっちゃお忙しいのに・・・

 ○○さんの話を聞いて下さって、嬉しいなあ。

posted by kingstone at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15歳からコミュニケーションがとれるようになったという話

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※この話は私ではなく他の方のものですが、この間書いた

「療育」という言葉について ほしの会でのアンケートから おめめどう関連

にかかわってくるかな、と思うので、引用します。

−−−−−−−−−−−−−−−

 ○○さんが昨年秋、FEDHAN(障害児教育フォーラム)に書かれた内容でどうしても気になるものがありました。

「療育もその時代なりにがんばりました。でも年齢とともに重度化していきました」

の一文です。そんな例もあるのか・・・と思い続けてましたが、今日のビデオ、□□君が自分で自分のスケジュールを書いている、それも漢字、カタカナも入れた普通の文で。

 そして○○さんの

「□□とコミュニケーション出来たのは15才になってからです。あせることはありません、今の努力は必ず実を結びます」

ということ、今では打てば響くほど関われるようになった、というお話が印象的でした。
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 これは小さい頃「お勉強」中心になって、「コミュニケーション」を取るためのあれこれはやってなかった、ということでしょうね。で、だんだんとちょっと困った事態になってきたことが想像されます。

 15歳、つまり高等部になって初めて「コミュニケーション」を大切にする先生、もっと言えばTEACCHをきちんと学んだ先生と出会っていろんなことができるようになった、ということでしょう。

 もちろん小さい頃にやられていた「療育」が「すべて無駄」とは言えないし、そこんとこはわからないわけですが。でもお勉強をするにしても「コミュニケーション」重視で、何をやりたいか、何がわかっているか、をやりとりしつつやってたら、もっと楽にもっと早くコミュニケーションできるようになっていたのも事実でしょう。

 まあ、私がよく言う「おじいさんになっても大丈夫」ではあるのですが。小さい頃からできたほうがお互いうんと楽ですね。



posted by kingstone at 08:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月28日(日曜日)

 おはようございます。

 iTunesでCDから音楽を聞こうとしたら、音飛び雑音だらけ。
 全部のソフトを終わらせ、再起動したらましになりました。
 どれだけ非力なんだ、という話です。

 好きな曲がYouTubeに上がっていないので、アップしようと画策中。
 フリーの動画編集ソフトなんてものもあるんですね。

 薄曇り。
 でもお日様はそれなりに照っています。

posted by kingstone at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする