私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年11月25日

電子工作女子のすすめ って別に男子でもよし

 kintaのブログから

電子工作女子のすすめ

 別に女性専用ってわけではありません。

 電子工作というかはんだづけで簡単な肢体不自由児・者向けの支援グッズを作ろう、というものです。

 私は、「買える物は買おう」という主義ですが、「数が出ない」「商品になりにくい」などの理由で流通せず作らざるを得ない物もあるのは確かです。で、これがまた役に立ったりします。そんなものを作ってみよう、というわけです。

 こちらからPDFファイルがダウンロードできます。

http://koresupe.sakura.ne.jp/koubeatcom.pdf

posted by kingstone at 16:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

散歩

 散歩というか・・・払い込みしていなかったお金の督促状が来てしまいました。でもって歩いて銀行まで。

$kingstone page-ピラカンサ

 ピラカンサ。

$kingstone page-山

 山。


$kingstone page-ウルシ?

 ウルシ?

$kingstone page-ソフトバンクの窓口

 ソフトバンクの窓口。こういうキャッチコピーなんですね。

posted by kingstone at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心と書いたらウケるという知恵

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※「自閉症のお子さんを愛するということは、自閉症を理解するということにほかならないのです。」という言葉に関する議論の続き。この言葉には「心がない」みたいな意見があったので。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。


>その間、いかに日本人、それも教育関係者が
>「みんな一緒」「心」「愛」に弱く数字を嫌うかを痛感してきました。
>
>私をよく知らない人からは
>発達評価をするというだけの理由で
>「人非人」みたいな言われ方をしたことも
>ありますし(^^;)、教頭から直接指さされて
>「あんたは冷たい!」と言われたこともあります。
>
> それで、人前で話をするとき、レジュメに
> 「心」という文字を入れておくと、そういう不当な扱いを受けることが
> 少ないということさえ学んでしまいました(^^)。
> (全く姑息な手段です。)

 爆笑。
 私も学んでます。

 それと、実は私は自分自身をすごく冷たいやつやなあ、と思ってます。

posted by kingstone at 08:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理解されるということ

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○さん、□□さん、どうもです。
 kingstoneです。

>  ジャックさんのお話の中で、「良く親御さんが、『子供は私が(あな
> たを)愛しているということをわかってくれている。』と話されます
> が、私は違うと思います。『お子さんは、(親御さんを)、自分の自閉
> 症を理解してくれている』と思っておられるだけなのです。」と言われ
> ました。
>
>  「自閉症のお子さんを愛するということは、自閉症を理解するという
> ことにほかならないのです。」」とも…。

 髭のジャックはすごい・・・

 そこまではよう言い切りません。
 また、周囲からのウケを考えるならそう言わないという戦術を私は取ります。(ほんとのところどっちかわかんないし・・・)

 でもね「自分を理解してくれている」というのは、とても嬉しいことです。

 相手が私をいくら誉めてくれても、「理解してないなあ」と思えば全然嬉しくないもんな。

 フランスの諺に「見るということは愛するということだ」というのがあります。「理解するということは愛してるということだ」というのも成り立つでしょう。

 相手が理解してくれていると感じる、ということは、相手が愛してくれていると感じる、というのと同義と言ってもいいんじゃないでしょうか。

posted by kingstone at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自閉症のお子さんを愛するということは自閉症を理解するということ 髭のジャックの言葉


 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 伝聞ですので違うところがあるかもしれません。

 髭のジャックの言葉。

「良く親御さんが、『子供は私が(あなたを)愛しているということをわかってくれている。』と話されますが、私は違うと思います。『お子さんは、(親御さんを)、自分の自閉症を理解してくれている』と思っておられるだけなのです。」

「自閉症のお子さんを愛するということは、自閉症を理解するということにほかならないのです。」
posted by kingstone at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰りの電車の中で携帯電話を使い出したお子さん向けにiPAQ(ポケットPC)をお見せした

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 みなさん、どうもです。
 kingstoneです。

 京都の研究会からの帰りの電車の中で・・・私と○○さん(お母さん)が座っている横に立っていたおねえちゃん・・・流行のヘソだしルックやねんけど、パンツも丸見え・・・どないしても目が・・・

 勉強したこと、全部飛んでもたぞおお

 ところで□□さん(お父さん)。

 △△君が携帯電話が使えるようになってはるということで、ひょっとしてこんなもんは??とiPAQポケットピーシーをお見せしておきました。

 いやあ、何でもやってみなわからへん。
 で、合わなかったら□□さん用になる、ってのは・・(笑)

 ま、でも携帯電話の方が汎用性があるかなあ・・・

posted by kingstone at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の血圧 眠たくてしかたがないこと

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 障害特性(とは言えないけど)の話・・・

 いえ自閉症ではなく、私の低血圧。先日の職場の検診でも血圧を測定中「あれ?」と言って取り直しをされ「低いんですね」結局55-97くらいやったんですが・・・

 夜もそんなに遅く眠っている気は無いのに(夜12時にはふとんに入るようにしてる)翌日眠くて眠くて横になったらすぐに眠ってしまうのはこりゃ低血圧のせいやなあ・・・

 ごはん食べるとまた血が胃に行くのか、ほんと落ちるように眠ることもよくあるし・・・家だといいけど、学校だと困る・・

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 低血圧は病気では無い、という説もあります。

 あと、ふとんの中でよく眠れていなかったり、うつのせいということも考えられるかな、と思います。


posted by kingstone at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人で帰る 親から離れたがる

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 kingstoneです。

 うちの小4の長男、今日定期検診で遠くの病院に行ってたんですが、帰りに

「僕はひとりで帰る。お母さんは一本遅い電車に乗って」

と言って、今一人で家に向かっているそうな。

 なるほど。 

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 うちの長男は診断はありません。

 小4にもなるとこういうことを言い出すんですねえ。

 それは診断のあるお子さんだって同じだろうな、と思います。

 もちろんこちらをすごく頼りにする時と両方あるんですが。

posted by kingstone at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月25日(木曜日)

 おはようございます。

 起動させっぱなしでした。
 Webを読みに行くのは時間がかかりますが、他は問題ないかな。

 空全体に薄い雲がかかっています。

posted by kingstone at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする