私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年11月20日

I Saw The Light-Hank Williams

 昨日の「光とともに」の英語版題名が「With the Light... 1: Raising an Autistic Child」である話から、Light が単なる「光」という意味以上のものがあるというコメントで、私が「I saw the light」を思い出したので。



 ついでに旧約聖書の言葉

God said, "Let there be light," and there was light.

神は「光あれ」といわれた。こうして、光があった。

posted by kingstone at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある地域の家庭への支援(自閉症児ということではないが)

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

「ある地域の家庭向け支援」の事業の情報。

 社会福祉協議会の窓口なんかにはたくさんパンフレットが置いてあります。今年度の目玉の活動なんだと思います。

活動内容
・保育園、幼稚園などの開始前または終了後に子供を預かること。
・保育園、幼稚園などまで子供の送迎を行うこと。
・学童保育終了後に子供を預かること。
・病気の回復期の子供を預かること。
・その他、お仕事の都合、急な用事のため一時的・臨時的に子供を
 預かること。

となっています。で

依頼会員(子育ての応援をして欲しい人)
 市内在住または在勤で概ね3か月〜小学校3年生までの子供をお持ちの人(うっ、ってことは中学生はあかんのか・・・)

協力会員(子育ての応援をしたい人)
 市内在住で65歳までの人で心身ともに健康で保育に熱意をお持ちの人

を募集してはります。

 利用料金は
月〜金 7:00〜19:00 1時間700円
上記以外の時間    1時間800円
土・日・祝      1時間800円
病後時保育      1時間800円


となっています。
posted by kingstone at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝手に余暇活動4日目 手をつながないで歩く

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 余暇活動4日目。F君と。

 今日のテーマ。「手をつながないで歩く」

 実は以前にsyunさんにF君の託児担当をして頂いた時に

「人の手を持つことに強迫的になってるんちゃうかなあ。でそのためにやりたいことがでけへんのちゃう?」

という意見を頂いていました。

 F君が手をつなぎにくると軽く振り払って私が先に歩いて行きました。彼は「なんで手をつないでくれへんねん」と言うような情けなさそうな顔。(外で見ている人がいたら、何ちゅう冷たいやっちゃ、と見えたやろな)

 でやってみてわかったのですが、まず手をつなぐと彼は引っ張ってもらおうとする。そして足元を見ないで歩くのでバランスを崩すことがあるのですが、今までは手をつないで人を杖代わりにして歩いていた。
 
 手をつながないと慎重になり歩くスピードがゆっくりになります。でも、彼のペースに合わせればいいだけのことですからつきあいました。

 結局長い横断歩道を歩く時とプラットホーム以外は手をつながずに今日の活動ができました。(ま、細かいとこはいろいろあるけど)

 手を取りに来る、というのはコミュニケーション行動みたいだし、つい「応えてあげなきゃ」と思ってしまうけど、ひょっとしたら何か別の刺激に反応しているか、別の刺激を求めているだけかもしれない・・・今日の「手をつながない」というのは良かったような気がします。

 それと余暇活動をやってきて思うのですが、「イベントが目的」ではなく、その一日のあらゆること(靴を履くことから移動することなんでもかんでも)が余暇活動だよなあ、と思えます。

 お家に帰ってから、昨日のビデオを見ながら、ご家族とあれこれ話をしました。お父さんとはあまり外食をされないとか。外食のビデオを参考にして、またそういう機会が増えれば嬉しいな、と思いました。

posted by kingstone at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人で突っ走ること 考えて気づくこと

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○さん、□□さん、どうもです。
 kingstoneです。

> いつも一人で突っ走るーー; と、ここで発表しないように・・・

 爆笑!!

 で思うんやけどね・・・そーゆー人が周囲を困らせつつでもいろいろ変えていくことってあるような。本人も周囲もほんましんどかったり、困ったりするけど(笑)

 えっとそれぞれの「会」の内輪話、されてるみなさんがいいのである(意味、漏らしたらあかんのにぃ、ってならない)部分ならやって下さって結構ですよ。

 いろんなところで、いろなん人がいろんな活動をやってると思うので参考になったりすることもあるやろから。

 ○○さん

> おやつはこれ!本屋で買うのはこれ!と決めていた奴が、じっくり
> (表紙のキャラクターだけど・・・)見て選べるようになった!
> 進歩だぁーと、単純に喜んでいる。

 わかりますねえ。
 その「じっくり考える」という感じ。

 課題学習なんかをしていても、ちょっと考えてこうやるのかあ、と気づいてやってくれる時、ごっつい嬉しいです。


posted by kingstone at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

噛みつく(?意見する)相手を間違えた、という話

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※よくわかって協力して下さる先生に、保護者が怒りをぶつけてしまった、という話から。

 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

>  しまった!噛みつく相手間違えた・・・−−;

 ??怒りモードで言ってしまった、ってことかな。
 まあええんちゃいます。
 ある意味でその方の後押しをしていることになるわけだし。

 1992年頃、肢体不自由特別支援学校時代、当時自腹で購入したMacを学校に持ち込んで既に実践を始めていた私に、Macを友人宅で見せてもらったお母さんが

「なぜこんなに有効なものが学校の指導で使われていないのだ」

とそれこそ怒りながら私に抗議しはりました。

「自分でもやってるし、周囲にもプレゼンしてるんだけど・・・」

と思いながらも、私ゃとにかくお話をうかがうことしかできませんでしたが・・・

 でも困りながらも、嬉しかったもんです。

posted by kingstone at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝手に余暇活動3日目 カラオケなど

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 3日目。今日・明日はF君と。

 F君との場合は、地元の資源を開発する、ということで、家から歩いて行ける範囲で全てすまそうとしました。

 で、小繁華街のプール、小繁華街のファミリーレストラン、小繁華街のカラオケというコースです。

 F君の場合は「お店で食事をする」ということが、ひとつのチャレンジです。でも、今回の企画を期にお母さんがF君と一緒にファミリーレストランで食事をしてみはったとか。とっても嬉しいです。

 お母さんと行った時はおちついてフライドポテトが食べれたとのこと。

 今日も落ち着いて食べることができました。ニンニクなんとかステーキと和風セット(行った中で一番高価)を注文しました。ほとんど全部食べることができました。(ごはんを少し残したのと、落とした分がある・・・食器やお盆を工夫すればみんな食べられるかな)

そろっていただきます

 さてカラオケ。実は今日まで私の息子(昨日までは長男・今日は次男)をビデオ係に雇っています。でカラオケも私と次男がいろいろ歌いF君は体をゆすって楽しむ、というパターンでした。F君が歌うのが何か発見できたらとは思うのだけど・・・

 でも飲み物がついて1時間280円(平日だと180円)はめちゃ安いですねえ。少人数のグループなら学校の校外学習のコースにも入れることが可能かも。

 明日も同じパターンにしようと思っていたのだけど、明日は息子たちが二人とも忙しい・・・カラオケってのはやっぱりある程度たくさんいないと面白くない・・・ってわけで明日は繁華街でいろいろやってみようと思います。

 一人でやってるとここらへん臨機応変ができるのもいいっす。

 おっと大事なことを忘れていました。

 F君は「他人のメガネを取る行動」があります。私は彼を担任することになった時からコンタクトをし始めました。先日自閉症児託児活動「れもん」の時にsyunさんのメガネを取ろうとして、ふむ具体的にどうやったかはわかんないですが、とにかく叱られたのね。それからF君はsyunさんのメガネを取っていません。

 で、たまたま今回の企画の相談のためにF君の家に行った時、F君が私のメガネを取りました。瞬間、見ていたご家族の顔がひきつるくらい私は彼を押さえつけて(逃げられないようにして)叱りました。

 その後、また彼は私に寄って来たりしてました。(おばあさんが「話し合いの邪魔になるから」と別室に連れて 行った時、「メガネ取って叱られたね」と言うと「わかって るわい。もう言わんといて」というように怒ったそうです)

 今日、彼は一度もメガネを取りに来る様子はありませんでした。そして私もリラックスしてつきあえました。

 ・・・ま、である以上、彼にわかる環境つくり、楽しくできる環境つくりに力を入れないとな・・・

メガネを取る
syunさんはどやしつけてなかった、という話(メガネを取られた時)

posted by kingstone at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月20日

 おはようございます。

 起動させっぱなしなのですが、昨日、どうにもこうにもWebを見に行けない、という事態に陥りました。時間がかかるのと、かかっても「このサイトは見ることができません」というアラートが出る。結局、パソコン自身を再起動させると見ることができるようになりました。そういや「Chormeがクラッシュしました」というアラートも出たな。まあハードディスクにも余裕が無いし・・・

 今日はおだやかないい天気です。

posted by kingstone at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする