私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年11月16日

教師に何をどう伝えたらいいのか

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※この話は以前にも出てきてますけど。



 kingstoneです。

 Oさんの「効率よく教師を育てる方法」の研究は進んではるかな。

 あの時など、どんな方法がいいか、とかいう議論をやってて、私は「TEACCHセミナーみたいに自閉症の方に実際に来て頂いてやるワークショップ形式」というのを主張してました。(してなかったら今する)

 しかし、それでもダメな場合もありました。

 1997年の「自閉症の子どものクラスルーム」(朝日新聞厚生文化事業団のやってる一泊二日のTEACCHセミナー)に参加してみると同じ学校のVさんがいました。正直びっくりしたし嬉しかったです。

 このセミナーで私は本当に自閉症のお子さんって信頼できる、と確信できました。しかし・・・

 その年の年度末の研修冊子を見るとVさんはセミナーで学んだこととして

(引用開始)
「パニック」「こだわり」といった行動障害がTEACCHプログラムのインデペンデントファンクショナリティー(kingstone注これはインデペンデントタスクの間違い。自立課題学習か)の課題を実施し、それが確立することによって随分と改善されたという実例をTEACCHプログラムの研修会に参加した時に何度か耳にした。これは行動障害、特に少年期から青年期にかけてのものが本人の「わがまま」によるところが多いということに基づくものである。
(引用終了)

ととんでもないことが書いてある。これはセミナーではまったくなかった発言です。そして1999年度の終わり頃・・典型的な自閉症のお子さんが、マラソンの出発時に座っていなければならないマットから動こうとしました。するとVさんはその子の胸ぐらを掴んで

「ちゃんとおらなかったらどうなるかわかっとんか」

と言いました。

 すぐに活動に入ったので、その場では私も何も言わず。

 その日、小学部会がありました。最後に私はもちろん名指しで

「今日、Vさんのこんな指導を見た。この学校、私が赴任して来た頃に比べてみんなの努力ですごく良くなっていると思う。決して威嚇を指導手段に使うようなもとの状態に戻してはいけないと思う」というようなことをもう少し長々と言いました。

 でもVさん、わかって頂けたかな。
 本当にTEACCHセミナーも受け、またいろいろ「勉強」してはる方ではあるのですが。

 ちょっと別のエピソードになるかもしれませんが、私がその話をしている時、会議中なのにある先生が席を立って部屋から出ていきました。後で聞いたら

「この学校の小学部会でこんな話ができるようになった」

と思ったら胸が詰まって部屋におれなくなったそうです。

 この先生とはいつも

「この学校、変えなあかんよなあ」

と話し合っていました。で公の場で「そんなことしたらあかん」と声に出すのは私とその先生。そして二人とも周囲から「変」とされ浮いていました(笑)

 もちろん、今はまた随分変わって良くなっていると思います。
 
 ほんま障害特性から始まって、いろいろ納得して頂いたらわかると思うのだけど・・・
posted by kingstone at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書くことが嫌になってしまった人へ

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

> 講演や座談会の内容を正確に伝えるのはほんとうに難しいです。

 書くことは難しいです。
 で私も筆禍をいろんなところで巻き起こしたりしてます。
 でも懲りずに書いてますねえ・・・・

 自分ではすごく気を使って書いているつもりですが、やっぱり失敗してしまいます。 で、怒られながら「ええ塩梅」を見つけていってるつもりですが・・・ほんまのところはどうだろ。

>今後は、例会の報告はさし控えるようにいたします。

 ま、無理して書く必要は無いですけど、ちょっとした感想などはまた読めたら嬉しいですけどね。

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 まあ筆禍も起こしてなんぼ。それで学んでいくもんだ、と思っていますが。

posted by kingstone at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ガスを使うのは家の人がいる時」を伝える

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 明後日から勝手に余暇活動に入るのですが・・・

 A君C君とは「福祉センター」の調理室を借りて調理もするつもり。であそこはガスなのね。またみなさん
のお宅もガス。

 というわけで

「ガスは家の人といる時に使います」
「ガスはひとりでは使いません」

を伝える必要があると思います。

 A君だったら文字だけでいいかな?

 C君だったらガスを使っている絵にC君やお家の人の絵をそえて○をつければいいだろうか?で一人でやってるとこに×。

 こんなんでええんかなあ。

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 やっぱりガスはあぶないですもんね。

 オール電化だとどうなんだろう。「終わったらスイッチを切る」でいいのかな。あるいは「時間が来たら勝手に消える(?)」




posted by kingstone at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母と子の海でのビールの味

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

>ビールは、“高くても現地のが美味しい”って書いてましたやん(^_^;)。
>現地で買ったんです。

 ・・・・
 私の頭には右手に持って行った缶ビール、左手に現地で買った缶ビールを持ち、

「うーーん、やっぱりこっちがんめええ」

と言ってる○○さんの映像があ・・・

>それに、うちは、子供達も荷物持ち要員なので、□□にも当然持って
>もらいました。

 えらい!!子どもたち!!


posted by kingstone at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパゲティ作り

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 syunさん、ハルヤンネさん、どうもです。
 kingstoneです。

 調理活動は・・・なんせ私にスキルが無いので・・・できるだけシンプルにするつもりです。つまり品数増やさない・・・ほんまどきどきなんよ・・・情けない・・・

 調理室は確保できました。

 今日出張帰りに福祉センターに寄って来たのですが、こないだ確保した時の部屋の貸し出し簿の上に紙を貼って消してはりました。丁寧(と言うべきか、よっぽど暇なのか・・・・うーーむ)

 あの広い調理室を2人か、ビデオ係に雇うつもりのうちの息子の3人で使うのは勿体ないですけどね。

 なお、スパゲティ作り、私が昨日買った物は8分という表示だったので、ライトタイマーで「このへんかな」とやったのですが、あははええ具合になってもまだ消えなかった・・・8分の線引いてないもんなあ・・・

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 私たちの使っていたライトタイマーには時間の表示は無く、自分で「このあたりか」というところにマジックで腺をひいて使っていました。

posted by kingstone at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月16日(火曜日)

 おはようございます。

 起動させっぱなしです。

 ものすごくいい天気です。

posted by kingstone at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする