私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年11月14日

石原莞爾と満州帝国 歴史読本 2009年9月号

 図書館で借りて来ました。

歴史読本 2009年 09月号 [雑誌]/著者不明

¥1,090
Amazon.co.jp

 この雑誌がどういう位置づけかは知りませんが、少なくとも「自虐史観」と呼ばれるものではないでしょう。

戸部良一「フォトドキュメント 満州事変」

1928年6月4日 張作霖爆殺。関東軍高級参謀河本大作大佐の計画。

1931年9月18日 柳条湖事件。関東軍高級参謀板垣征四郎大佐、作戦参謀石原石原莞爾中佐などの謀略による。柳条湖の線路爆破の後、関東軍独立守備隊は中国軍から射撃されたとして、張学良軍の兵営、北大営を攻撃、占領。中国軍は抵抗せず。板垣大佐は武力衝突の報で直ちに奉天城攻撃を命じる。旅順の軍司令部では、石原中佐が軍主力の奉天集中と中国軍懲

 私は「いくさいやだよ満州事変」と覚えていました。柳条湖事件の年のことですね。

1392年1月28日 第1次上海事変。田中隆吉中佐が満州への日本政府や列強の目をそらさせるために計画。結果的にその意図は成功。

1932年3月1日 満州国建国宣言。日本が満州国を正式承認したのは9月15日。

 これはどれだけ現地が暴走しているかという証拠ですね。政府がコントロールしているのだったら即日承認でしょうから。

1933年5月31日。塘沽停戦協定。一応のピリオド。


松本健一と佐野眞一の対談

 日露戦争は薩長閥が軍隊を率いた。戊辰戦争で負けた東北人は軍隊の下っ端としているしかなかった。満州幻想帝国は石原莞爾を始めとした東北人のルサンチマンの成果である。当時の軍部では多くの東北人がえらくなっていた。しかし、それを受け継いだのは岸信介など長州出身の革新官僚であり、その人たちが高度経済成長を引っ張った。

 山形県酒田で軍事法廷が開かれた時、病気だった石原はリヤカーに乗って法廷に出た。そのリヤカーを引いていたのは曹寧柱(民団創設者)と大山倍達(極真空手創設者・空手バカ一代)(これは事実だったのか伝説なのかはわからないと記事にあり)


阿部博行「石原莞爾の生涯」

1989年1月 生まれる。

1920年、田中智学の国柱会に入る。宮澤賢治も同年入会。賢治の遺言で作った「国譯妙法蓮華経」の配布先の一人は石原。

1926年2月26日 2.26事件で見当たり次第斬殺すべき者のリストに入っていた。

1939年10月 石原の盟友木村武雄が「東亜連盟協会」を結成。

1941年3月 予備役編入(要するにクビ)

1945年12月段階で東亜連盟の会員は東北地方を中心に4、5万人に拡大。

1946年1月 GHQが東亜連盟同志会などの解散と公職追放を指令。

1946年1月以降、東京帝大病院・東京逓信病院に入院、尿が出し流しとなり死ぬまでしびんを話せなくなった。アメリカ・イギリス・ソ連の検事が臨床尋問したさい、戦犯の中で第一級は、空襲・原爆投下で非戦闘員を殺害し国際法を蹂躙したトルーマンで、本当の元凶は鎖国の日本を脅かし開国させ、日本を台湾・朝鮮・満州に赴かせたペリーであると答えた。東條英機と意見が対立していたというではないかとの問いには、東條には思想も意見もなく、意見のない者とは意見の対立はない、と喝破した。

1949年8月15日 死去 享年60歳


 何か想像もつかない一生です。


石橋湛山「東洋経済新報」1921年(大正10年)7月30日号社説
「支那と提携して太平洋会議に臨むべし」の中で
「(アジアなど)弱小国に対して、この『取る』態度を一変して、『棄つる』覚悟に改めよ、即ち満州を放棄し、朝鮮台湾に独立を許し、其他支那に樹立している幾多の経済的特権、武装的足懸り等を捨ててしまえ、そして此等弱小国と共に生きよ」

 すげえ。1921年時点でこんなことを書いていた人がいたなんて。

posted by kingstone at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コミュメモその他の使用例(アスペルガー症候群の人かな) おめめどうの商品

 スローウェイさんのブログ

悠々とハイウェイをゆくなり

 サイドバーのテーマ(ブログテーマ)のところに「コミュメモ」というのがあります。

 たくさんの使用例があります。

 その他、考えてはることもいろいろあって、みなさん「楽」に暮らしていけるように考えてはるようでいいっすね。


posted by kingstone at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパゲティ作り

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 A君との勝手に余暇活動。
 スパゲティ作りなどはどうだろう、とお母さんから話がありました。

 こういう時、困るのは私にスキルが無いから具体的に段取りにしろ、用意するものにしろ頭に浮かばない点・・・で、今日晩ごはんに作ってみました。参考文献は朝日福祉ガイドブックの「火を使わない安全クッキング」

 でも火を使わないわけにはいかないんですが。
 syunさんとこみたいに電子調理器具があればいいんだけど。

 うむ、まあ何とかなるかなあ・・・

 しまった、キャンセルした福祉センターの調理室、再予約しそこねてる。


posted by kingstone at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

印刷まいった・・

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 kingstoneです。

 そこそこ速く印刷してくれるMP-3500なのですが、やってみて連続でどんどん印刷させようとすると糞詰まり状態で止まってしまいます。

 結局、一回一回印刷しきってから、次の印刷の命令を出さないといけないみたい・・・まいった。やっぱり時間とられますね。もちろん今回の分は印刷しますが。

 やっぱりデータを差し上げることはできますので、それぞれ地域でどなたかが(あるいは団体で)ボードメーカーを買って頂いて、必要な分印刷して頂くのがベストやなあ。

$kingstone page-ボードメーカー

posted by kingstone at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハルヤンネさんへの謝罪とやってることを公開すること

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



※支援グッズ制作会で、予定に入っていなかったのに、急にスタッフがお願いして(こういうのを最近は無茶ブリって言うんですか?)ハルヤンネさんにサポートブックなどグッズの使い方の話をしてもらったことが発端。



 ハルヤンネさん、みなさん、どうもです。
 kingstoneです。

>  急にお話のことがスケジュールにあって、ちょっと参りました。

 ほんま無理させてすいませんでした。「強く希望していた」者のひとりとして謝ります。

 たぶんハルヤンネさんには、ほんま不完全燃焼の思いをさせたと思うのですが、聞かれた方はすごく良かったのじゃないかと思います。でもほんまハルヤンネさんばかりに頼ってちゃあかんですもんね。

 ハルヤンネさんが学習会でもみなさんに発表してもらってるように、それぞれ地元の方が話ができていったらなあ、って思います。ハルヤンネさんが書いてはりますけど

> やっぱり、公にするっていいことやわ〜!

ですもん。その中でだんだんいろんなことがはっきりしてくる・・

 私の実践なんてね、肢体不自由特別支援学校の時代から、ほんまとんでもない低レベルの物なんです。ただ、私はいろんなところで公表して来た・・・それは「どうだ、すごいだろ」という意味ではなく、「もうちょっとどないしたらええか教えてよ」だったんですが、そうやっているうちに何故だか知らないけどいつも最先端にいるというようなことになってしまっていたのです。(傲慢な書き方に見えるかもしれません。でも・・・本当のところ情けなかったり怒ってたりしてるんですけど・・・そして最先端というのはいつも風当たりがきつい・・・)

 もし「私んとこのやってることなんか・・」と思ってはる方、そんなことないんですよ。って言うか「それでもいい」かな?

 でね、ほんま一人の人に頼るのではなく、みんなでできたらね。
posted by kingstone at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私が個人的にPCSの印刷をしてあげるけど、学校にも要求してね、という話

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 kingstoneです。

 ○○さんからコミュニケーション用シンボルPCSのデータ印刷の注文受けてしまった・・・ということで、しゃあないから印刷しようと思いました。滋賀の方だったからそっちでまたカラーコピーでもされるならと、ちょっといい紙を買いに行きました。(でも印刷そのものは低品位で十分みたい。字もつぶれへんし・・・EPSONすごい)

 でもって、印刷しようとしたら「黒インク」が無くなりかけてる!

 またしても買いに行きました・・・黒インクも結構消耗するのね。
 で2本入りが2300円もするのでびっくり。
 結構なんやかんや時間と手間がかかります。

 昨日も換えインク(カラー)を買って行ってて正解やったみたいですね。一本無くなっていましたから□□さんが替えて下さったのだと思います。

 で、実は前任校の知的障害特別支援学校のお母さんからも注文されていた分も印刷しようと思いました。お母さんには

「いつでも連絡して。来て自分で印刷してくれていいから」

と来て頂くようにお願いしたのですが、まあついでやな。

 で、このお母さんには

「私、印刷してあげるけど、学校にも『印刷して』って言ってね。」

とお願いしています。私、係だった時代に学校にボードメーカーも購入し、坂井聡先生のデータも複数の先生に説明して渡しています。

 もちろん忘れてはるとは思います。でも保護者から要求があれば、そして

「わからなかったらkingstoneさんに来てもらって教えてもらって下さい」

というふうにして頂ければ勉強して頂けると思うので。

 そやけど、MP-3500で1枚1分。十分早いとはいえ、たくさん印刷するならレーザが欲しくなるなあ・・・


posted by kingstone at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

支援グッズ制作会の中身の変化というか発展

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 kingstoneです。

 支援グッズ制作会について、○○さんも、もうちょっとスタッフを増員しないと、というようなことをどっかで書いてはったか、後での話でお聞きしたのか・・・

 昨年度は自閉症児託児活動「れもん」主催でサポートグッズ制作会をやろうとして、そしたらsyunさん(といくらふと)と研究会がのって下さって極めてええかげんに共催でやって、まあこじんまりとうまくいきました。

 今回はまあ研究会が音頭を取ってという形でしたが、参加者も増えてきてたいへんでしたね。特に昨年ならはんだづけスタッフをしてはった□□さんはコミュニケーション用シンボルPCSの方に貼りつきやったし。

 私もちらちらしか見てませんでしたが、はんだづけコーナーはsyunさん一人でめちゃたいへんそうに見えました。

 実践してる教師や保護者がそれぞれスタッフとしてお手伝いして頂ければそれはそれでまた広げたりもできるんだろうけど。今柱としては

・ライトタイマー制作
・サポートブックやコミュニケーションブック作り
・実践報告(と肝心なことは何か・・・という話)
・本の紹介や販売
・いろいろな実践で使っているものの展示

 考えたらすごく手広くやってるんや・・・

 なんかミニATACやなあ。もうちょっとスケジュールを構造化して、部屋数も増やしてやる必要があるかな。やるとすれば、ですけど。「ええかげん」でやれない規模になりつつあるというか。

 誰かこのイベント用の責任者を作ってその方が連絡調整しないと難しいかもしれません。

posted by kingstone at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月14日(日曜日)

 おはようございます。

 起動させっぱなしでした。

 薄い雲が空いっぱいに広がっています。

posted by kingstone at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする