私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年10月27日

宮澤賢治と幻の恋人---澤田キヌを追って 澤村修治著

 図書館で借りて来ました。

 今日が返却期限で、読めてなかったので、図書館に行って、カウンター前で閉館時刻までねばって何とか目を通しました。

宮澤賢治と幻の恋人---澤田キヌを追って/澤村 修治

¥2,520
Amazon.co.jp

 宮澤賢治も坂本龍馬も不思議な人気があります。どちらも「えらいさん」になったわけではなく、結構「困った人」だったような気もするし、夭折してもいるし。でも夭折したから人気があるのかな。二人とも、1日ごとの行動が逐一調べられ上げているらしい。

 単なるミーハーと言うか、ゴシップ好きというか、そういう興味で読みました。宮澤賢治の女性関係って全然知りませんでしたから。

 賢治が関わった(らしいも含めて)女性が調べてあります。

1.1914 高橋ミネ(賢治17歳。岩手病院入院時に看護実習生としていた。賢治の片思い。自分の親に「結婚させてくれ」と言った。無理だった。)

2.1921 澤田キヌ(賢治24歳。看護婦養成所生徒。教え子澤田利衛の姉。賢治が恋文を送ったが澤田家を激怒させる)

3.1922 大畠ヤス子(賢治25歳。友達の妹。)

4.1927頃〜1930頃 高瀬露(賢治30歳頃。小学校教師。羅須地人協会をやっていた賢治に恋心を抱き「押しかけて」来ていたが賢治はうとましく思っていたよう)

5.1928 伊藤チヱ(賢治31歳。伊豆大島の人。賢治の所に見合いのような形で来、賢治も伊豆大島まで合いに行っている。結婚も意識したが、賢治が病気になったために、賢治の方で諦めたよう)

6.1931頃? 木村杲子(こうこ)(賢治32歳頃?13歳下。上野音楽学校卒業後音楽教師。夭折)

 あれ?7人載ってたような気がしたが・・・

 賢治は1896年に生まれて1933年に亡くなっています。

 賢治が澤田キヌに恋文を書き積極的に近寄ろうとした時、賢治は「とんでもないやつ」と思われたみたいだし、賢治に押しかけて来ようとした高瀬露はやはり「とんでもない女」と思われたみたいですし、当時、地方では恋愛感情を持って積極的に近づくなんて「いけない」ことだったんでしょうね。お見合いが唯一の結婚の手段だ、みたいな。


 エピソードいくつか。

 澤田利衛氏の妻、アイは小学校に勤務していた。その頃、よく賢治がリュック姿でピッケルを持ち変な歌を歌って歩いていた。当時の小学校の校長から
「ついて行かないように、子どもたちに注意があった」

 不審者という言葉が無かった時代に、不審者だったわけですね。

 1931年に語った言葉。

「禁欲はけっきょく何にもなりませんでしたよ、その大きな反動がきて病気になったのです」
「何か大きないいことがあるという、功利的な考えからやったのですが、まるっきり無駄でした」


 「雨ニモマケズ」は占領下の国語教科書にも載った。しかし「一日ニ玄米四合ト」の部分が「三合ト」に書き換えられていた。それは当時の米の配給が一日二合五勺だったため。


 なお、澤田キヌさんは三度応召しており、1943年4月15日に看護婦長として漢口に赴く。敗戦後も現地に留まって仕事をしていたが、1946年2月、発疹チフスで亡くなる。

 あと賢治もですが、周囲の人がバタバタと結核で死んでいきます。

 JIN−仁− の中でもうすぐ亡くなる緒方洪庵先生が仁に
「未来は労咳の治る時代になっておりますか」というシーンが思い出されます。


posted by kingstone at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サポートブックを持って5泊6日の野外活動へ

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


−−−−−−−−−−−−−−−
 ○○です。
 
 今、□□は5泊6日の野外活動に行っています。

 ハルヤンネさんに伝授して頂いたサポートブックと、特別支援学級担任の先生に作って頂いた写真入りのスケジュールを持ってレッツゴー!です。(ありがとうございました)

 先程先生からTELがあり、すごく楽しんでいる様子・・・嬉しいなー

 学生リーダーさんもサポートブックをよく読んでくれているようです。

 昨年は家族旅行は現地に下見を兼ねて旅行し、写真を撮ってきました。
 スケージュールにつかってもらっています。

 あとカヌーも親子で何度かノリに行きました。(カヌーは私も気に入っています)

 学校の方でも宿泊訓練をして頂きました。
 このような取り組みの結果、野外活動に行くという目標から野外活動を楽しむという目標に変わりました。


 最後、荷物は□□と荷造りしました。

 すべての荷物をジッパー付きのビニール袋に入れ何が入っていっているかラベルに記入し、□□でもどなたでも一目でわかるようにました。

 □□も持ち物表と見比べ持ち物チェックをしながらとても満足そうでした。

 学校のすべての先生方がこのような私達親子の姿勢や自閉症の理解を100%してくださっているとは思いませんが、学校に入学して5年間、理解ある先生方にも恵まれました。

 TEACCHと出会って素晴らしい先生方や熱心で尊敬できる保護者の方達ともたくさん出会いました。

 これからもあきらめずに楽しみながら、がんばれたらなーと思っています。

−−−−−−−−−−−−−−−
 kingstoneです。

 初めてお会いした時のことを思い出します。

 お母さんと離れられるのだろうか、と思いましたもんね。

 あの時、□□君から教えてもらったことも、私には大きいです。

気持ちの安定とか母子分離とか

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 母子分離!母子分離!と言う人たちは、どうしたらできるのか具体策を考えてよ、って思いますね。


posted by kingstone at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子育てに失敗のない人なんていない。でも「きっとうまくいくよ」

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※ちょうど障害のあるお子さんの、障害の無い兄弟についての話の流れで

 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 子育てに失敗のない人なんていないよね。
 でもいろいろ失敗があったって
 「きっとうまくいくよ」
 今そう思えればって思います。

posted by kingstone at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変になぐさめられたりすることが多くちゃんとしたことを教えてもらえなかったという話

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 もう自閉症児託児活動「れもん」のボランティア募集電話をすることもできない時刻になりました。

 ちょっとは書いてもいいかな・・(不登校の子どもの気持ちもほんまよくわかるような気がします)

 先日の特別支援教育担当者の研修のおり、相談相手の相談対象でない自閉症のお子さんのことが気になって話をしてしまったことを書きました。

 相棒も途中まではいたので、翌日「私がしゃべったら雰囲気がすごく悪くなったやろ・・・」と聞くとしばらく考えて

「そんなことないです。で、短い時間でもkingstoneさんにはしゃべってもらった方がいいと思います。私も自閉症のお子さんを担当して困っていろんなところに相談に行きました。でも、変になぐさめられたりするだけでちゃんとしたことを教えてもらえなかった。だからその時はわかってもらえなくても、しゃべってもらった方がいいと思います」

 研修が、変ななぐさめだけであったり、実践の役にたたない話であったりを、どれだけ繰り返して来ているか・・・

 しかし・・・私も思いはほんま人いちばいで、実際なんやかんやとやっているのだけど、ほんま能力以上のことをやりすぎている、という気がしてなりません。どないかせな・・

posted by kingstone at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ポップコーンメーカー」自閉症のお子さんにウケた教材

 知的障害特別支援学校にいた時、あるお子さんにめちゃめちゃウケた教材。

送料無料 ポップ コーン が楽しめる!ポップコーン メーカー/既製品

¥9,980
Amazon.co.jp

 学校でポップコーンを作った時は、実はこういうおもちゃでなく、屋台で使う本物を誰かが借りて来ました。でもこういいうポップコーンメーカーでも同じように楽しめるのではないかと思います。

 お子さんは音声言語無し、偏りも強い、「問題行動」もたくさんあるお子さん。学校生活でも楽しいことはほとんどなく、たぶん不安や辛いことが多かったお子さん。

 しかし、ポップコーンを作った時は、ポップコーンがはぜて飛び上がる様子に破顔一笑という感じで喜んでいました。横で見ていてもとても嬉しかったです。もちろん後でたくさん食べました。

 このおもちゃのレビューはこちらにありますね。

 あと、Amazonを見たら、他にもいろんな種類があるようです。

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 この記事を読んだ方が「おもしろそう」と見ていたら「わたあめ機」があったので、そちらを購入されたということです。そういや「わたあめ機」もウケました。

「あめdeわたあめ」



posted by kingstone at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行き詰まり

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 ・・・・私の方は行き詰まっております。

 物理的に拘束される時間が長くなっているのと、やっぱり元気がなあ・・・学期末事務もやってるし・・・

 ここに書く元気も無い・・・やっとこれだけ

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 う〜ん。
 通常校の特別支援学級は特別支援学級の運営以外のことでも拘束される時間が結構ありました。
 で、それだけでなくうつも重くなってきてたんやろな。

posted by kingstone at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「もうちょっと」より「7分になったら」が視覚的・具体的によくわかったこと父に伝えたこと

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※これは「自閉症の子どもの方から伝えてくれた お父さんが具体的な指示ができた」の続きです。

 kingstoneです。

 どこが「具体的」だったか解説してあげました??

−−−−−−−−−−−−−−−
 ○○です。

 はい。もちろんです。「もうちょっとじゃなくて、7分てするのがわかりやすいってわかってきた・・・」と言うと「?」だったので、「抽象的な『もうちょっと』より、はっきり時間とかを示すとわかるんやで。」と言いました。さて、どこまでわかったやら・・・(^_^;)。

※お風呂の給湯器に液晶時計がついていたそうです。
−−−−−−−−−−−−−−−
 kingstoneです。

で、あと、音声言語で示すだけでなく、実は液晶時計にきっちり「7」って数字が出る、ってとこですね。

−−−−−−−−−−−−−−−
 ○○です。


 そうですね。今日も「34分やで。」って示したそうです。父なりに、見た方がわかりやすいってのは感じてきてると思います。

 昨日の夜、□□が、お風呂も入ったし、ご飯も食べた。後は布団に入って寝るだけってわかってるのに、誰も「布団を敷いて。」って伝えてくれない。じゃあ、□□の方から伝えよう思ったか、布団の写真をなぜか父に(私は用事をしてたのかな?)見せて「布団を敷いても良いんやろ?」と聞いてきたそうです。(注・□□君に音声言語はありません)

 父にも視覚支援をする□□・・・(^_^;)。

 □□の方がよくわかってて驚きます。どうすれば伝わるのかどうやったら良いのか。教えられることいっぱいです(^_^)。母も頑張ります。

−−−−−−−−−−−−−−−
 kingstoneです。

すごい!!
 自発的な表出性のコミュニケーションですやん。
 しかも、ごっついわかりやすい。
 嬉しいなあ。
 それも手近に「写真」があったればこそですね。

−−−−−−−−−−−−−−−
 ○○です。

 うふふ・・・(^_^)、□□えらいでしょ?私がいくら言ってもなんにも関心示さなかった父も、□□のわかりやすーい意思表示で変わるかも?

 なんだか、□□に乗せられて?がぜんやる気が出てきた母です。


posted by kingstone at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月27日(水曜日)

 おはようございます。

 起動させっぱなし。
 ところで最近のパソコンはシャットダウンさせずスリープさせるのが普通だとか。
 へえ・・・

 でもって新しく出た Mac Book Air はスリープから一瞬で復帰するとか。
 いいなあ。

 いい天気です。
 昨日10月なのに木枯らし1号が吹きました。
 今朝は布団から少し出づらかった。

posted by kingstone at 08:37| Comment(8) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする