私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年10月22日

発達障害者支援センター一覧 と 児童相談所一覧

アスペルガーライフblogというブログを書いてはる狸穴猫さんが「発達障害者支援センター一覧」と「児童相談所一覧」を作られました。

 んなもんもうあるやろ、と思ったら、Googleの地図に連動しているところが新しいとか。私にはよくわかりませんが、APIがどうしたこうした、とかいろいろプログラムをされたそうです。

 また、ひとまとめになった情報に行き当たるのもむつかしいかもしれない。そういう時に便利ですね。

発達障害者支援センター一覧

児童相談所一覧(東日本)

児童相談所一覧(西日本)

 いわゆる自閉症(カナータイプ)の人だけでなくアスペルガー症候群の人にも療育手帳が出る可能性が高くなったそうですし、現在の日本の支援は療育手帳があることを前提にしているものも多いので、いろいろお世話になることの多い機関だと思います。(大人の人にも「手帳」は出るはずですが、何ていう名前なのだろう。「療育」じゃ絶対おかしいわなあ・・・これがあると「障害者就労」の枠に入ることもできるので企業にもメリットがあるみたいです。まあメリットと考えてくれない企業もあるみたいですが)

 それから上のいろいろな機関ですが、私の考え方を書くと「治してくれる」ところではありませんから。一緒にどんな支援をしたらいいか考えて下さる機関ですから。



posted by kingstone at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

靴を脱ぐ場所の目印を「風水ですか?」と聞かれた話

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※これは下記のエントリーのエピソードを聞かれた方からのものです。

2日間セミナーから帰って来て1

−−−−−−−−−−−−−−−
 kingstone先生の講演で くつを脱がずに、すのこの上まで上がってくるお子さんのお話していただきましたよね!

 すのこの横に#マークを ビニールテープで貼って「ここで脱ぐんだよ」と知らせる・・・と お聞きしました。

 実は次の日から 保育園に#マーク 貼ってもらいました。
 ○○も 意外と早く#マークの意味を理解して、その場所で脱いでくれるようになりました。
 
 同じクラスの保護者から「このマーク何?風水?」と聞かれたそうです。
 思わず 笑ってしまいました。

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 もちろん上記のエントリの時、たまたま#マークだっただけです。本人さんがわかれば何だっていいのです。「点」でも「靴型」でも。(そして何もしなくてわかってるなら、それはそれでいいし)

 でも「なぜそうするのか」がわかってないと、外から見てると風水に見えるかもしれませんね。

 逆に言うと「とりあえずの支援」の時はそのレベルでいいのかもしれない・・・

 ある人は「そうよ。幸せを呼ぶ風水なの」と返答してはりました。

 しかし、わけのわからない「伝統」ってそうやって作られていくのかもしれない。もちろん周囲に問題なくみんなハッピーならそれでいいのですが。


posted by kingstone at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「いや」と言うのと「いやです」と言うのと

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※ある特別支援学校の先生が、担任しているお子さんが「いやです」と言えるようになった話を受けて

 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 お子さん「いやです」言えるようになって良かったですね(ニコ)

 うう、うらやましい。
 
 やっぱり汎用性を考えると「いやです」がいいような気がしますよね。
posted by kingstone at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウエストポーチにデジカメ

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

>  ウェストポーチにデジカメ!先生が分かりました!
>  3月の安田生命のセミナーで、最前列の真ん中におられた先生
> ですよね。(^O^)

 はいそうです。

 あの時のデジカメはCP-600でしたが、現在はCAMEDIA C-1に変わりました。CP-600に比べれば軽くて薄くて連写しやすくて言うことなしです。(画素数は同じ130万。これで十分)先日、妻に変わったことに気づかれ「何で新しいのがいるの!!」と言われてしまいましたが・・・

 ところで今日、そのウェストポーチを忘れて行きました。

 視覚支援の材料をポケットに入れてしのぎましたが、何かとてもこころもとなかったです。

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 たぶん、日常的に持ち歩く人は少なかった時代だと思います。

posted by kingstone at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある特別支援学級の先生の相談にのる

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 kingstoneです。

 今日はある地域の小学校の特別支援学級担当教師の「ことばグループ」に行って来ました。前回、C君のコミュニケーション指導のビデオをお見せし、解説し、めちゃくちゃ場の雰囲気から外れてしまった、という話を書いたやつです。

 今日は私は会議室の予約の段取りをしてから遅れて部屋に入ると机の上に写真カードが・・・

 ある先生が指導の仕方を教えて欲しい、と持って来られたのです。

 この先生、一番最初の時にピンク本「自閉症のひとたちへの援助システム」を売りつけた先生です。

 つい1週間前にも別の会で会った時「写真などを使ってみたいとは思っているのですけど、なかなか撮る暇が無くて」とおっしゃるので、その時、腰につけていたウェストポーチ(学校から外へ出てもいつも身につけていた)からデジカメを取り出し、「そやからいつでも使えるようにこういうふうに用意してるんです」とお見せした方です。

 聞くところによると翌日からデジカメを持ち歩くようになったとか。

 でもね、お子さんのこともわからないし、答えにくい・・・しかも周囲には変な方向からの突っ込みを入れる方もおられるから当たり障りの無いことしか言えない。

※「言葉のシャワーを」とか「愛情持って」とか「写真なんか使ったら言葉(音声言語が出なくなるからダメ」とかいうたぐいのツッコミですね。

 そこで会の後お茶をしました。

 まず話をするのは1時間と決めてから、お子さんのことを登校時から時系列でどんな関わりをしているかを細かく聞いて行きました。部屋のレイアウトも、机イスの配置、学習する時の子どもの位置、教師の位置、教材の内容とそれに対する子どもの動き、そしてそれに対する教師の指示。

 ここらへんを聞くのに40分かかりました。

 で、やはり「わからない」ことをやらされている、というのがよくわかりました。また「わからないこと、できないこと」を「わかっている、できている」と思われていること。

 で、その上でかなり具体的なアドバイスもできました。

 丁度1時間で話が終わった後、「2週間ごとのこの研修会をすごく楽しみにしているんです。前回の(C君の)話も私には担当している子どもと重なってすごく興味深かったです。ピンク本(「自閉症のひとたちへの援助システム」)も読んで共感するところがたくさんありました」

 とおっしゃって下さいました。

 疲れが取れる思いです。

posted by kingstone at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自閉症児託児活動「れもん」託児依頼最終報告

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○さん、ありがとうございます。
 kingstoneです。

>  以上24名です。

 最近になく少ないですね。

 で油断するとえらい目に合うから、頑張ってボランティアさんに連絡しようっと・・・

 しかし・・・少なきゃ少ないで、「れもん」の託児の問題や研究会の内容など、ご不満があるのかなあ、とあれこれ考えてしまいます。

−−−−−−−−−−−−−−−
託児依頼追加!

 「託児依頼がいつもより少ないなあ」と思っていたら、3名遅れて依頼がありました。まだ、大丈夫?ですよね、kingstone先生!?

−−−−−−−−−−−−−−−
 ・・・・・(先例にはしないぞ、と心に誓うのであった)

 だいたいわしもええかげんやからなあ・・・・


posted by kingstone at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月22日(金曜日)

 おはようございます。

 起動させっぱなし。
 何日目?

 曇り。

 奄美大島の豪雨はたいへんなことになっていますね。

「島が・・・」と思っていたら、すごく大きいんですね。

 佐渡島 855km2
 奄美大島712km2
 淡路島 592km2

 佐渡島と淡路島の間の大きさ。

posted by kingstone at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする