私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年10月08日

新しい人生のはじめかた ダスティン・ホフマン エマ・トンプソン

 中高年むけのおとぎ話。
 こういうのを見たくなる時もあるよなあ。




−−−−−−−−−−− ネタバレあり −−−−−−−−−−−−

 2008年イギリス

 ってことは2007年に撮ったのかな。


 ダスティン・ホフマン 1937年生まれ 撮影時70歳!!
 エマ・トンプソン   1959年生まれ 撮影時48歳!!

 エマ・トンプソンは40台独身の役だけど、ほぼ50歳。でも若い!!
 ダスティン・ホフマンも70には見えん。

 ダスティン・ホフマンはニューヨークでCM音楽制作者の離婚歴のある男。ハーヴェイ。別れた妻とともにいる娘の結婚式のためにロンドンに来る。しかし娘の式には出たが披露宴に出ずに仕事に戻ろうとして失業することがわかる。
 エマ・トンプソンは40台独身で統計局で働いているケイト。結婚したいとは思っているがうまくいかない。週2日の小説講座が楽しみ。

 で、まあ二人が出会って、そうなるかな、と思ったらそうなる話。(濡れ場は無し。家族揃って見ることのできる映画です。ただし少年少女が面白がるかどうかはわかりませんが)

 しかし、失業した男性と働く女性。う〜ん典型的なダメンズシチュエーションかなあ。




posted by kingstone at 17:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新規の参加者(お子さん)にはプールを無しにしてもらった

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 kingstoneです。

 さきほど書き込んで、気がついたらまだ晩ごはん食べてなかった(笑)

 さっと食べて来ましたが、もうこんな時間だ。
 どうしても今日、家でやらないといけないことだけやって早く寝よう・・・

 うーむ、でも自閉症児託児活動「れもん」のスケジュールの印刷でしょ。
 あといっぱいあるなあ・・・


 ところで今後新しく参加して下さる参加者さん(お子さん)はプール無し、で取りあえずお願いすることにしました。また入らないですむ方はそうさせて頂こうと思っています。

 残念なんですけど・・・・

 しかし、となると新規の参加者の方が「やること」をまた充実させなきゃいけないわけですね。
posted by kingstone at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寺尾孝士さんの講演で嗚咽してしまった

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 今やっと自閉症児託児活動「れもん」の参加者プロフィール表を聞き取り書き取りが終わり、メールチェックをし、緊急に送るものは送り、やっと落ち着いてメールを書いてます。

 まだスケジュール作りとか残ってるけど、とりあえず書きたいから書きます。

 TASに行ってきました。

 ずいぶん早く着けたので、携帯で参加者さんに電話してプロフィール表を作ったり、コーディネートのための名札を作ったりできました。(必要な物を持って行っていた)

 みなさん11時45分きっかりくらいにお越しになり、それから荷物の搬入など。

 私は荷物が車から出た後、ビデオ係ということで(ビデオを撮影していて話に感動してモニタを見ずに壁ばかり映していた前科者の私にビデオ係をふるとはえらい!!)設営。全部チェックして用意しましたが、「れもん」のボランティアさんから携帯メールが入って返事を書いてたらブザー。さあ用意と思ったらもう司会者さんが話を初めてはりました。

 ってわけで司会者さんの挨拶の最初10秒ほどが抜けてます。ごめんなさい。

 で、寺尾孝士さんの話、もちろん良かったです。

 しかし今回の私は、ビデオ係やからまあビデオのモニタを見ながら「ふむふむ」と聞いておりました。

 予定の4時を過ぎて寺尾先生の実践ビデオが終わり、本当の最後の最後、寺尾さんが少しだけテンションを上げて就学前施設の方、学校教師、成人施設の方それぞれに「ちゃんとやってあげて下さい」というようなことを(責めるのではなくお願いするように)言いはったのですね。で、その時も別にどうってことは無かったのです。

 ところが・・・全てが終了し、機材を片づけている時、ふいに波が来ました。嗚咽してしまいました。

 とりあえず落ち着いて、それからきちんと機材を片づけ寺尾さんに笑い話として「はは、泣いてしまいましたあ」と言いに行こうと思ったのですね。で、寺尾さんの前に行ったら・・・涙があふれて止まらなくなってしまいました。

 寺尾さん、困ってはりました。(笑)

 いったい何でだろう。
 やっぱり自分の周りの自閉症の方のおかれている状況みたいなものも浮かんで来てました。

 そして、卒業後の施設に関わるのも大事だよな、というようなことも思っていました。

 まあもともと私は感情の起伏は激しい方ではあります。
 周囲の人が怒らないところで怒り、泣かないところで泣きます。悲しまないところで悲しみます。うん、喜ばないところで喜ぶところもある。

 たぶんこの感情が行動の原動力になっているんですよね。で、私にとっては周囲の方が、何故同じものを見て、怒らないのか、悲しまないのか、喜ばないのか、そして行動しないのか、わからないことって多いです。

 まあ「普通」の方から見れば私が「変」なのですね。
 ある地域の教育界では私のことは「40過ぎのうさんくさい奴」ということで通っているそうですから。


posted by kingstone at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

指導主事の訪問

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 kingstoneです。

 いきなりある地域の小学校の研究組織の特別支援教育関連の連絡係の仕事が回ってきたり、昨日の指導主事訪問にあたっての資料作りをしたりで「私としては」めちゃオーバーワーク状態になっておりました。

 昨日は別の仕事もふられていたのに、「疲れてるので帰ります」と早々に帰って来ました。

 本当は自閉症児託児活動「れもん」新参加者のプロフィール表作りとかあったのですが、やらずに午後6時から今朝の7時まで眠り続けました。さすがに頭の中がすっきりしました。

 指導主事訪問は面白かったです。

 ものすごく子どものことがよく見える方で、的確な評価と、ではどう実践していったらいいか、という点について「なるほどなあ」と思える点が多かったです。

 自閉症に関しても、我々に対する細かい点の「指導」としては、「なるほど」と思いました。ただ全体的に見るとどうなのか、という点はありますね。例えば昨年までと今年度とで大きく変わった点があるのだけど、そのあたりはどうなのかというあたり。まあそこらへんわからずにしゃべらなきゃなんないわけですから、たいへんですね。

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 昨年度の先生方にどんな指導・助言をしてはったのかは知りたいところです。

 また、大昔には上記のように(批判をすることなく書こうと思っているので)書いていますが、私を励ましてくれるような話ではなかったのは確実ですね。

指導主事からの評価

posted by kingstone at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボランティア状況 自閉症児託児活動「れもん」

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 ボランティアさん、現時点で37名。
 人数はクリアです。

 しかし、やはりプールに入れない方は多いです。
 もうずーーっと来てて「プールに入る」と決めてる方は別として新しく来られた方とか、他の方でも「ごめん。今日は無理やねん。かんにん」となる場合もあるか・・・

 完全にこちらの都合やねんけどね・・・

 そやけどね「友達が興味を持って行きたいと言ってます」とか紹介してくれはってて、すごく嬉しいです。



posted by kingstone at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここにいるはずのない人に驚く

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※授業で子どもにお母さんの写真を見せたら「ギャーッ!」と言って逃げて行ってしまい、授業にならなくなってしまった、という話から。

 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 わかるなあ・・・それ。

 私も学校の外であった子に挨拶したら「ギャッ!」と悲鳴を上げて逃げていかれたこと、A君にソフマップで会ったらしゃがみこんでしまったこと、などあります。

 しかし本来「ここにいるはずじゃない人」だけでなく画像だけでもそうなっちゃうことがあるわけですね。



posted by kingstone at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宴会で疲れてしまった話など

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 昨日は疲れてしまって晩ごはんを食べた後、眠ってしまいました。

 今日は今日で特別支援教育関係者の宴会があるというので友人に誘われて行ってみたら・・・おいおい主事・校長・教頭さんがほとんど・・・まいった、まいった。

 そーゆーとこへ行くと「すみませんでした」「ご迷惑をかけています」とか言ってついで回るしか無いもんなあ・・・しかしおひとりは研究会のことを聞いて来られたので、今日はたまたま資料を持って行って無かったので、名刺を渡してホームページを見てね、とお願いしました。

 またおひと方は「TEACCHについてまた教えて下さい」とおっしゃってました。

 うーーん、いつも研究会のビラ、持ってないといかんなあ・・・

 帰って来てメールを読んだり電話をしたり。

 現在ボランティア総員33名。
 あとちょっと・・・

posted by kingstone at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寺尾孝士さんの講演をTASで聞ける

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ハルヤンネさん、どうもです。
 kingstoneです。

 おしまコロニーの寺尾さんの話が聞けるのなら喜んで行きます。
 午前中からでも行けます。

 >託児ボランティアさんは揃っておりますので
 >講演をお聞き下さい。

こーゆーこと一度言ってみたいぞ(涙)
 うーーん・・・私の方のボランティアさんは揃うのか??
 休みがあけないとわからない、という点もあるのですが・・・


posted by kingstone at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自閉症児託児活動でボランティアさんが記録をどう取るか

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



 ○○さん、□□さん、どうもです。
 kingstoneです。

> >ボランティアさんに記録を
> >たくさん書いてもらおうとなると大変になるので,”今日の2ポ
> >イント”(託児でうまくいった点,うまくいかなかった点を一つず
> >つだけ)を書いてもらうというのはどうでしょうか.

 自閉症児託児活動「れもん」でも何度か「書くことは、次のボランティアさんに役に立つな、という1つか2つでいいよ」とは言ってますが、みなさんたくさん書いて下さいますね。だから最後の話し合いの時間も一生懸命書いてはる方も多いです。

 まあ時間をとってるからいいんですけど。

 移動中にその場で記録する件・・・となってくると、やっぱりウェストポーチに手帳というスタイルになってしまうよね。でも、確かに記録するのはたいへんです。

 私は職場の特別支援学級ではウェストポーチに紙を入れておいて、メモし、これには子どもたち全員の分が書いてあるから放課後これを切り取ってそれぞれの子どものファイルに貼りつけています。

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 へえ。メモを切り分けてファイルに貼る、なんてことをやっていたの、すっかり忘れていました。
posted by kingstone at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月8日(金曜日)

 おはようございます。

 今日も起動させっぱなし。
 確かにめちゃ便利。

 雲は少しありますが、いい天気です。


posted by kingstone at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする