私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年10月05日

「かな」や「文字」を学習する

 Togetterで

「かな」や「文字」を学習する

をまとめました。

 私が「かな」や「文字」の学習をしてもらう時にやっていた方法です。


posted by kingstone at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間違えてよろしいやん(ニコ)

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

> 早くも思いつきで生きていることを暴露してしまいました。
> テロップ、持ってくるって冷静に考えると変ですよね。
> (気が動転してても、変だとわかるか。。。普通・・・)

 いやあ、それでええんちゃいますかあ。
 私なんかも、ちょっと耳でかじったことをあれこれ書いたりして「嘘つきkingstone」をよくやってます。

 でね、確かにそれは困りものの面はあるのだけど、周囲の方から「ちゃうで」と教えて頂き、また勉強になる、と。これが「間違ったことを言ったらあかんから」と黙っていると、たぶん私の今の知識はまったく貧弱なものだったろうと思います。そして実践も、とんでもなく貧しくとんちんかんなものだったろうと思います。(って今でもとんちんかなことはいっぱいやってるだろうな)

 実践でも何でも「間違いながら修正してやっていく」ってイメージがあります。

 ま、言ってなんぼ、やってなんぼや思てます。

 ところでフリップとテロップ、よくわかりました。

 フリップだと、ダンボールなどで裏打ちしといて、それを掲げてみんなに話がしやすいようにするわけね。大きい画用紙のサイズだと、少人数の集まりではじゅうぶんプレゼンテーションの役に立ちますよね。

posted by kingstone at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボランティアさんを集めてる最中2 自閉症児託児活動「れもん」

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 うーーむ、ご飯を食べるともう後は何もできない、というのはずーーっと続いてますね・・・ボランティアさんに連絡を取るのも、
夜にやる元気が出てこない・・・

 しかし、携帯電話用メーリングリストや、学生スタッフ制などいろいろやったおかげで、現時点で20人のボランティアさんの確認ができていますが、ここまでかけた労力は昨年の1/10です。

 まあ、しかしまだ10人以上足りないので、こっからが結局は同じくらいの労力がかかったりするとは思います。

 でも、随分ましかな。

 この連休の間になんとか目鼻をつけたいと思ってはいるのですが。

 なんかいろいろあったし、ここは一発、元気づけに明日は大阪で勉強して来ようと思います。会費もその時払わせて頂ければありがたいのだけど、振り込みしかだめ、と言われるんだよなあ・・・

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 ラストワンマイルがなかなかたいへん。
posted by kingstone at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボランティアさんを集めてる最中 自閉症児託児活動「れもん」

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。



  kingstoneです。

 いやはや、今回はなかなか多数の参加になりました。
 というわけでボランティアさんも多数必要です。

 現在連絡取っている方がみなさん来ることができるなら足りるのですけどね。

 私も、高校の先生にちょっと連絡したりはしています。
 ほんま、高校ボランティア部とか協力願えれば、とは思っています。

 また心当たりのある方はまた紹介して頂けたらありがたいです。

 そういや、今日、クラスの子たちと散歩をしていたら、「れもん」に来てくれているボランティアさんと出会いました。(ニコ)

posted by kingstone at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラスのみんなにお子さんのことを説明した保護者へ

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


※低学年のクラスです。お子さんのことをクラスの周囲の子が不思議がっているので、ということで担任から依頼されて子どもたちに説明に行ったお母さんへ。

 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 ○○さんの子どもたちへのお話、いいっすね。

> 話し言葉がいっぱいだと不安になるよ
> 自分の言いたい事が伝わらないと怒りたくなるね。

 ですね。
 我々でもそうですもんね。
 
 ほんま感想文が楽しみです。
posted by kingstone at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今月の託児依頼希望最終報告

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

>  以上31名です。

 ひえーーー・・・・・

 頑張りますです。
 そーいや、TASは60人だもんなあ・・・
 まあ器の規模も違うけど。

 読んでる方で、「ボランティア行くぞ」って私に個人メールを頂ける方がおられたら、また嬉しいです。



posted by kingstone at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

某地域の教師の会について

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

>  前回の惨敗をバネに、頑張って広報し、今回は、30名以上の参加者
> がありました。

 良かったですね(ニコ)

 研究会でも、教師の会、盛況になっていってくれたらなあ、って思います。

 ある地域では、私が声を出し始めた、っていうのが徹底的に問題であったのではないか、という思いにいつも捕らわれます。もちろん、そうするしか無かったのですが。

 やっぱり私は欠落してる部分が多すぎる・・・・

 ほんま、他のある地域の先生方、よろしくお願いします。
 (でも・・・ここもある地域の先生、少ないんだよな(笑))

>  教師の会にしても、□□の特別支援教育担任にしても、ここまで来るのは、しんど
> かったけど、ホントやって良かったと思いました。

 ほんま、良かったですね。
 で振り返ってみれば、私が保護者をしんどがらせてる部分がすごくあるのかもしれない。

posted by kingstone at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学校で起こっていた問題点を伝えていたのかな?と親学級への交流の話

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

> とかく、小児科の先生あたり、、「自閉症?」
> って感じでわかってなかったり、(困るなあ)

 ・・・ですね。まあ私の書いたお医者様は、熱心で良質な部類と思われている、しかも発達障害に関わる医師である、ってあたりが問題で・・・・

> 実際にカードを使ったり部屋を整えることで、□□がこんなにも
>自分ですることが増えた
> ということを、先生は毎日見ているので現場は強いですね。

というわけで組んでいる相棒はよく理解できるわけですね。
 保護者の場合はどうだろう・・・

 昨年までの現場での困った点がきちんと保護者に伝わっているのか、というあたり、すごく問題です。前担任から私に伝わっていた問題は、すでに激減してたりするのですが、しかしきちんとしたデータがあったわけではなく、比較のしようが無いですね。また当時の困った問題は保護者に伝えないでおこう、マイルドに伝えよう、みたいな気持ちはよくわかるし・・・

 TEACCHのセミナーで「良いことも悪いこともきちんと保護者に伝えよう」と言われたの、本当だな、と思います。そこからしか話は始まらない。あるいは「どういう手だてを取ったのか」も正確に伝える、というあたり。

> 学級会などで、「**さんが、++したのはどうのこうの、、」と言う話は
> わかりませんので、「おわります」と教室をでて、障害児学級に移動します。
> 「せいかつ」のように「写真をのりで貼る」などの課題があるときはそれを貼り終
> わったら
> おしまいにして、またすぐ移動します。
>
> だから、45分いることもあるし、10分の時もあります。
> それで、親学級の先生も納得して□□と一緒に「おわります」と
> 言ってくれているそうです。

 いいですね!
 こういうふうに本人に合わせてやっていきたいなあ。
 
 ただ介助の先生がついてはるわけですね。
 ふーむ・・・私のところはとりあえずは無し。△△さんのところのティーム・ティーチングの先生も削られた、と。

 私のところの場合は、教師が2人いるので、まだ相談しながらやれば、何かできるかなあ・・・

posted by kingstone at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護者には反感を持たれたみたい・・・

 大昔の話です。

 特別支援学級にいた頃。


 kingstoneです。

 授業参観と保護者懇談会終わりました。

 周囲の先生方は私に対して専門家としての一定の敬意を表して下さいますし、組んでる相棒はすごく理解して下さるし、このままいけば恵まれすぎ、と思っていましたら、やっぱりそうは問屋がおろしませんでした(笑)

 詳しくは書きませんが、保護者のみなさんにはまあかなり抵抗があるみたいです。

 しかしいきなり「先生、自閉症児託児活動「れもん」今年も続けるの?」と聞かれたのはびっくりしたぞ。(笑)まあ、研究会や「れもん」のことを言うべきかどうか迷っていただけに、手間が省けたようなもんです。

 ただし「れもん」についてのことがそれほどいい意味では無さそう、という感じではありました。

※保護者の思っている方向とは違う子どもたちへの関わり方だ、あるいは学校以外の余計なことをやってる、という感じですね。

 まあ、でも取り組みを全て「やってはダメ」と言われたわけではないので、相談と合意をしながら、ぼちぼち子どもたちにいい環境、いい授業を組んでいきたいと思います。

 そんな中で、相棒の「先生の話で今まで疑問に思っていたことがすごく納得できました」という言葉が支えです。

 しかし・・・保護者にではなく、今までの医者・療育機関・教師が何をやってきたのか、っつうのは改めて困ったもんだ、と思いますね。

 そういや、ある保護者が「今学校でこんなことをしてるんですが」と主治医に話したら「それはアメリカで広まっている方法です。日本ではあまりやられていません。私にはよくわかりません」と答えられたそうな。

私が大昔に関わった地域のお医者様(自閉症関連)

posted by kingstone at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月5日(火曜日)

 おはようございます。

 昨日、シャットダウンするのを忘れてました。
 起動しなくていいからすごく楽。

 う〜ん、エコじゃないことは確かだろうけど。

 お天気は爽やかです。
posted by kingstone at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする