私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年09月14日

自閉症児への特別支援教育と生産現場での構造化を比較する

 Togetterで

自閉症児への特別支援教育と生産現場での構造化を比較する

をまとめました。


 この話題は、私の中では1日前に行われた「発達障害・自閉症療育の「マニュアル化」について 」の話題と繋がっています。

 途中、工場製品と自閉症の人を比較しているところがあり、お怒りを覚える方もおられるかもしれませんが、全体の流れから意図をお読み取り下さい。

 また私の知っている学校現場は、ひどく古い物であることをお断りしておきます。今はずいぶん変わっているでしょう。

 自分の知らない分野にお詳しい方とやりとりさせて頂くのは、本当に楽しいものだと思いました。


posted by kingstone at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵や写真入りのスケジュールを簡単に作るソフト(ExcelやOpenOffice)

 自閉症の人向けに手持ちできるスケジュールが必要な時は多いです。それを紙で簡単に作ろうと思う時。

 文字がわかる人で単に箇条書きでいい人に対してなら、ワープロソフト(Wordとか)で簡単にできます。

 また手書きでしゅっしゅっと書く時にはおめめどうの

みとおしメモ帳
$kingstone page-みとおし
100枚綴り 263円

があります。この写真ではわかりにくいですが、枠のいっぱいあるメモ帳です。(この写真、もう少し鮮明なのと入れ替えたほうがいいと思います。>おめめどうの方)

 また文字の書ける本人さんが書きやすいのがこちら。

みとおしビッグ
$kingstone page-みとおしビッグ
50枚綴り 263円 写真は「みとおしメモ帳」と重ねてみたところです。大きい方が「みとおしビッグ」です。



 で、大昔は罫線というか枠が必要な時はExcelを使っていましたが、大昔は画像データを扱うことが少したいへんだったと思います。

 また罫線が無い時、Wordを使っていたのですが、古いWordだとこれまた画像データを使うことがたいへんでした。ドラッグアンドドロップ(画像ファイルの上でクリックボタンを押したままWordの方へ持ってきてクリックボタンを放したら画像が出てくる)なんてできなくて、いちいち「画像枠」というのを作って、そこにデータを探して挿入するとか、手順がたくさんかかりました。

 ドローソフトでは、そういうのできたのもあった(Mets社の安物のドローソフト)けれど、すぐ消えてしまいました。花子はできなかったと思います。

 で、Twitterで、今だったらどんなソフトを使うのが便利なんだろう、と思って聞いたら、こんなつぶやきを返して頂きました。

「スケジュール作りなら断然Excel!昔はword使ってましたが時間も労力も激減」

「私も全く触ったことなかったんですが、友達から、スケジュール作成に最低限必要な機能だけ、を教えてもらいました。実はスケジュール作成以外ではExcel全く使えません(^^;;」

 画像の使い方についてお聞きしたところ

「挿入→画像→パソコン内のフォルダから選択。もしくはネットから画像コピー→貼り付け。wordの頃よりずーっとこまめにスケジュールするようになりました」

「市へ提出する補助金申請や報告書類がExcelになってますよね。収支予算書、決算書とか。ああいうの作るとき、Excel画面を開きながら電卓叩いてる、というレベル(^^;;」

「いえ、Excelには表計算を自動にしてくれる機能があるのに、全く使いこなせてないということです○| ̄|_」

「サポートブックやサポートシートもExcelで作るとリメイクが超〜〜〜楽です。スケジュールもたいてい過去のデータをリメイクしています。一から作らないから早くできます。Excelの「スケジュール用ひな型」も大・中・小と保存しています。」

 ほお、そんなふうになってるのや。


 ところで私のパソコンのハードディスク内のExcel(もちろん正規購入)は壊れてしまっていて、元のCDを入れても復旧できません。かといってもう引退してしまっているので、新しく購入する気にもなりません。

 で、先日OpenOfficeを入れてみました。タダです。こちらからダウンロードできます。

http://ja.openoffice.org/

 私のマシン(CPUはPentium4の1.7G メモリ512M ハードディスクのCドライブにほとんど空き無し OSは WindowsXP SP3 OS起動時にはファンクションキーの連打が必要 つまり現時点では骨董的なマシンだ、ということです)で試してみました。画面には複数のソフトやフォルダの窓が開いている状態です。

 なお、そんな話をTwitterでやっているとooomeguroさんからこんな助言を得ました。

「保存時にファイル内に埋め込まれない場合がありますので、編集>リンク でリンクを切っておきましょう。“@king1234stone: 「コピー→貼り付け」…OpenOffice(タダ)でもできるか試してみよう。 #oooja 」


 OpenOfficeでは以前報告したように、私の古いExelファイルは開くことができました。Wordファイルを開くと段組などずれていました。

 で表計算ソフトでスケジュールが作れるかやってみました。

 まず表計算のワークシートを出し、セル(小窓)を一度に10個ほど大きくします。これはExcelと同じようにできました。

 そこに、私のパソコンのフォルダ内の画像をドラッグアンドドロップしてみました。見事に出てきました。大きすぎたのですが、画像の横に出ている点(ハンドルって言うんですか?)をマウスで動かすと枠内におさまる小さな画像にできました。jpegもpngもできました。

 またセルを選んで「挿入→画像」とやっていっても画像が出てきました。

 ネットの画像をコピー→ペーストは何故かできませんでした。もちろん一度ハードディスク内にダウンロードすれば使えるのは確実です。

 で私の場合、横のセルに文字を入れました。文字を大きくするのは簡単。

 また枠線もExcelと同じように入れられました。

 ってことはひな型を作っておけば、いろいろ使い回すことができますね。

 そっかあ。いろいろ便利になってますね。

 おーっと、ここまで来て、印刷したら、左側に出るべき画像(セル)が右側に印刷され、右側のセルは後ろの別のページに印刷される。セルを十分に小さくし、1ページ内におさまるようにしても。ワークシートの書式の設定もプリンタのプロパティもA4にちゃんとしてるんだけど。

 う〜む、また報告します。




 

posted by kingstone at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教育機関とお医者様がまだ自閉症をわかってなかったという話

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 まったくの大昔の話です。

※ある障害に詳しいお医者様が自閉症と診断したところ・・・という話で。


 kingstoneです。

 >とある教育機関系の所と、かかりつけの小児科医で、
 >この子は自閉症ではないと言われたので、もう来ません。
 >と言われたそうです。

 ・・・・ちゃんと勉強してはるのだろうか・・・・
 その教育機関と医師

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 そんな時代でした。

 広汎性発達障害とかという話でも無かったようです。

−−−−−−−−−−−−−−−

 >まぁ、ぶっちゃけた話、勉強はしてないと思います。

 おーーっと、それは困る・・・

 うーーん・・・保護者の方の「自閉症じゃない」と思いたい気持ち・・
 周囲の方の「自閉症じゃない」と言いたい気持ち・・・

 でも、本人さんがつらい目に合うのじゃないか、と思ってしまいますよね。
 
posted by kingstone at 11:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

費用が安いから私のやってる研究会に来たという人

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さんどうもです。
 kingstoneです。

 >とある療法は「費用は、すごくかかるからね。ハイキングとかイベントがあるごとに
 >万単位がいる」みたいに言われて、ちょっとひいてしまったところで、
 >年6000円の会費のこの研究会に出会いました。(^_^)

 爆笑!!

 まあ託児を利用すると1人1回2000円かかるわけですが・・・
 
 でもって、ガイドヘルプ・・・いったいいくらの設定にしたらいいか、全然わかんないっす。うーーん、とにかく一度やってみてでお金の出入りを考えないとなあ・・・



posted by kingstone at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家事活動を教える

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 > それで、いつかアイロンがけを教えてあげたいな…と思って
 >いて、この半年ほどまえから、何回か一緒にしていました。

 家事活動を教える時、一番問題になるのは、私がほとんど何もできないこと(アセ)

 私、服をきちんとたたむ、というのもようしない・・・
 たたんでも、いつもなんかぐちゃっとしてるし、アイロンもハンカチならかけられるけど、服にはようかけない・・・・

 ううう・・・

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 でも私が「しわくちゃにたたんでいった服」の写真を並べたのを見て、自分でたたんでくれるようになったお子さんもいます。



posted by kingstone at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事故処理続報

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


kingstoneです。

 自閉症託児活動「れもん」で起こった事故処理続報です。

 今、ボランティアセンターに行って来ました。
 
 結論から言うと「保険がきく」ということです。

 先日電話した時は「お子さんの起こした事故やからねえ。ボランティアさんが起こした事故でないと出ないかもしれない」とおっしゃっていた係の方が、今日、窓口まで行って交渉しつつ書類を書いていると、県社協や保険会社に電話をして下さり、「十分対象になる」ということを確認して下さいました。ありがたいことです。

(裏の声。って言うと何かい・・・先日電話して「〜かもしれない」と返答しておきながら、今まで確認しなかったのね・・・やっぱり窓口に行って直接話をするって大切ね)

 ただし、全額出るかどうかはわからない、とのことですが。
 何割とかになるかも、とのことです。

 ま、そらしゃーない。

 昨日から、syun さんや○○さんに、いろいろ助言や、協力の申し出をいただき、たいへんありがたかったです。syunさんには昨晩、泣かされかけた・・・踏み留まりましたが・・・

 とにかく、一人じゃないんだ、という思いが強くしました。
 ほんとうに、ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 確か弁償費用に26万円かかったうち24万円出ました。

posted by kingstone at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

興味関心あることで「わかって」課題学習をすることの大切さ

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、ありがとうございます。
 kingstoneです。

 今日は早く寝よう、レスも書くまい、と思っていましたが、

 >教材を出せば、見比べたり考えたりせずに
 >ただバンバンと操作して早く終わらせようとする。
 >つまり、どうしても人が介在した教育の中で
 >ネガティブな学び方をしてしまったなぁという感じをぬぐえませんでした。
 >興味関心のあるものにとりくむのを援助してもらうという経験を積んでいたら、
 >教師との関係ももっといい感じだったと思います。

 ああ、ありがとうございます。
 
 H君と自立課題学習の授業をしています。
 彼はすごく悪い学び方をして来ていると思います。
 (別にとある療法の指導を受けたわけではない。とにかく「合わない」ことをされてきた、と思われます)
 
 私と自立課題学習をすることで「机に向かえる」ようになり、いろんなことが「わかる」んだ、と周囲の方にも気づいてもらえるようになって来ています。

 でも、もっともっと彼の興味関心に沿っていかなきゃなあ、下手すると「こちらのやらせたいこと」「早く終わらせる」ことだけになっちゃうなあ、と気づくことができました。

 ありがとうございました。


posted by kingstone at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お疲れを出しませんよう

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 みなさん、どうもです。
 kingstoneです。

 ふーー、今、本業でやんなきゃならないこと、やらなきゃなんないことじゃないけど私が勝手にやっていること、自閉症児託児活動「れもん」の前回の事故の後始末、etc. おいおいおい、加重負担やぞおおおお・・・状況です。

 さて、現在ここでも、いくつかの議論が錯綜しつつ進んでいます。ええことやしありがたいことやと思います。ほんま、本音でやりとりできる場ってすごく大切。

 で、お願いですが、まあみなさん、お疲れを出しませんように、ぼちぼちと、でお願いしますね(ニコ)

 一気に、とか、早く、とか考えると疲れちゃいますので、ほんまぼちぼちと。



posted by kingstone at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先進校の見学から同僚が帰って来た

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 これを書いておかなきゃ。

 先進校での発表会にうちの学校から2名参加させて頂きました。

 2名とも目から鱗というか「kingstoneさんの普段言ってることをほんまにやってた」というか、そういう印象を持って帰って来てくれました。

 藤原義博先生のビデオで「悪い朝の集い」から「良い朝の集い」に変化した例で、「悪い方が今のうちの学校にそっくりで・・・」みたいな話もありました。

 お二人とも、学校の進む方向に大きく関わる先生たちなので、うちの学校が変わっていくのではないか、と楽しみです。

 しかし・・・そういう意味では、佐賀大附属を服巻智子さんが変え、香川大附属を坂井聡さんが変え、某先進校も様々な人が変え・・でも私は・・・という思いに襲われます。



posted by kingstone at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生さんに「もっと構造化しなきゃ」とはっぱをかけられた話

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。



 kingstoneです。

 > TASの託児をはじめるとき、そのコンセプトを、CAPにならって、
 >「安全」「安心」「自由」そして、うまく行き始めたら「自信」に繋が
 >ればいいなあ…と考えました。
 >
 > そのためには、自閉症児の「安心」「自信」「自由」そして「安全」
 >を尊重するためには、構造化や視覚支援がどうしても必要になったわけ
 >です。


 先日の自閉症児託児活動「れもん」の打ち上げで、学生さんたちに「もっと場所の構造化をせなあかん」とかはっぱをかけられてしまった私です(アセ)

 で、TASがあるってことだから、学生さんと一緒に私もTASの託児に参加して学生さんに体験して頂けたらと思いました。

 しかし・・・あちゃーー、その日って学校のある日やあ・・

 おーーい、○○君、□□さん、その他れもんの学生さん。
 空いてる人はTASに行かへんかあ。
 私は行けない可能性あるけど・・・
 で、TASでは交通費、500円やけど・・・研修や思て・・

 うーーん、私が仕事の後、車で行ったらどのくらい時間がかかるかなあ・・


posted by kingstone at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月14日(火曜日)

 おはようございます。

 今日も起動できました。

 涼しい。
 嬉しい。

posted by kingstone at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする