私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年08月21日

スーザン・ボイルさんの生活費

 ブログテーマは「お金」かなあ・・・

 週刊新潮とサンデー毎日にスーザン・ボイルさんの生活費の記事が出てました。立ち読みです。


 週刊新潮の方はイギリスの新聞サン(日本なら東スポ?日刊現代?)からとのこと。

 週300ポンド(今日で1ポンド130円くらいだから4万円くらい。)

 で服は安いスーパーで買っているということだけど、ジャスコやしまむらやユニクロみたいな感じかな。

 で「少ない!」みたいな記事でしたが、家賃抜きなら、週4万円、月16万円って少なくないよなあ・・・服だって安い所でいいだろうし。

 まあ文句言ってるのはお兄さんだけ、みたいなことも書いてありました。貯金の管理には弁護士資格を持つ姪も参加しているとか。


 サンデー毎日の方では、週500ポンド。これなら6万5千円で月26万円。十分多いよなあ。


 スーザンさんの場合は、学習障害もあるし、成年後見制みたいな考え方もあるのかもしれません。どっちかの記事だかにスーザンさんは感謝している、みたいな文もありました。

 デビュー以前は教会のボランティアをするくらいで、特に仕事もしてはらなかったようですが、その頃だとどのくらいの生活費で過ごしてはったのかな?

 しかし08年なら1ポンド240円くらい・・・300ポンドでも72000円!!


歌は心【完全版】/スーザン・ボイル (日本語字幕つき)

 何故だか、埋め込みコードは取得できませんでした。







posted by kingstone at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

講師依頼への忠告に対して2

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 > 早とちりでしたね。ごめんなさい。

 いえ、なんか、講演依頼が、いくつかまとまって来てますので。

 しかし・・・1月18日のはほんま良かったです。
 タッチの差で講演会の動員がやって来ました。
 まあ講師が杉山登志郎さんだからなかなかいいのですが、私が18日に出るために私の学年の人が杉山さんの講演会に行けなくなりました。

 そしたら、ある先生(同学年の人とは別)めちゃめちゃ不機嫌そうに「あらかじめ、言うとかんかい」と私に言いにきはりました。

 実は、私、押さえるとこは押さえておいたので、ほんまは誰も文句言えないんですけどね(笑)


 > みなさんの中には、ウチの学校の先生方…よく耐えていると思ってお
 >られる方もいるでしょう?

 いえいえ。
 それだけ確信もってやってはって、そして「ほんまや」というところを見せてもらえれば、そら協力できますわ。




posted by kingstone at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

講師依頼への忠告に対して

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 > 言いたいことはたくさんあると思いますが、主催者側のニーズにそっ
 >て、ポイントを絞ったお話をされると、いいかと思います。

 あはは、ありがとうございます。
 でも、私の言いたかったことと、ちょっと意味がずれてるかな。
 あっ、私の書き方が悪かったんだ。

 講師依頼というのは、実はある教師の集まりでして、実はこの方が「半分くらいにしておけ」とおっしゃった意味は「お前は教師に対してきついことをいいすぎる。きつさを和らげろ」という意味で「きつさを半分くらいにしろ」と言うことなのです。

 でもね・・・私、教師に対してきついだろうか??
 どう考えてもきつくないと思うのだけど。
 そりゃ、時々切れることはあるけど、でもほんまそういう時以外は全然きつくないと思うんだけど。



posted by kingstone at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自閉症児託児活動「れもん」の打ち上げ

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 ふーーー・・・・通知簿が峠を越えました。
 ふーーー・・・・・

 さて飲み会の幹事をするのが苦手な私ですが、実は先日の「れもん」の最後に「2月のれもんの後で打ち上げするぞお」と宣言しました。

 しかし、宣言したものの店もなんも決まってないぞおおおお。

 でも、とにかくれもんの活動の1年の締めだもんな。
 2月までやれば1年続いたんだもんな。
 (計画を○○君や□□さんと話始めたのは昨年12月から。正式発足は4月から。3月はお休みだから2月でとりあえず1年間の活動の締めです)

 また研究会の方でも参加希望の方はご参加下さい。

 しかし・・・どこでやりゃいいんだあ。
 学生さんも参加しやすい安い店ってどんなとこになるのだろう。
 また教えてね>ALL

posted by kingstone at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふれあいクリスマス会や「言いたいことは半分くらいに」と言われた話

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 > いろんな障害のある人(大人も子どもも)を、いっぺんに集めて、な
 >んとか楽しましたろ…という考えは、もう止めたら!
 > もう2*年もしているから、伝統と化してて、止められヘンのやった
 >ら、もうちょっと配慮したら!

 そーゆーことを言うと変人扱いされます。
 私のように。(笑)
 でも、もちろん私も言い続けるでしょう。

 > みんな我慢しているのに、うちの子は我慢してないわけだモン!
 > 必要以上の我慢なんて、教えてないモン!

 いや、怒り出してもいいんだと思いますよ。
 ほんとは。
 約束破っているんだから。


 そーいや、先日○○さんから「毒食らわば皿まで」って言われましたけど・・・・

 某日にある所から講師依頼が来ました。で、それを依頼してきた時の某氏の私に対する忠告「言いたいことは半分くらいにしておくように」私がどう見られているかを如実に語っています。実は1/10(1/100?)も言っていないのだけど・・・



posted by kingstone at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自閉症の人が字義通り受け取るという話と私が字義通り受け取るという話と

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


※これはある自閉症のお子さんがある問題を解くのができなかったのに対し、担任が「勉強しない人は保育所に行きます」と言ったら、本当に行っちゃった、という話から。

 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 □□君、お疲れ様でした。

 しかし・・・自閉症のお子さんに限らずその手の「嘘」ってやばいんじゃないかなあ。

 よくあるのが「そういうことをするなら、給食抜き」とか言うの。

 いや、保護者と相談の上でほんまにやる気なら、それはそれなりに認めるけど「冗談のつもり」で言いはるもんなあ。

 ある時ある先生が私と頑張って歩いているお子さんを見て「あそこまで行ったら先生におやつを買ってもらい」なんて言った方もいたなあ・・・子どもの前で何言うねん、と思ったけど、しかしよく考えたらまじにそれいいと思い、ほんまにやってええんかあ、と周囲に言いまくったらあわてて止めに入ってこられました。

 そんなら言わんといて欲しい。


posted by kingstone at 08:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相談にのることの難しさ

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 あるところで、こんな話を聞きました。

 「すごく勉強した人」が「困ったこと」「解決したいこと」の相談にのった。でやってみたら行動面では一時的に効果があった。しかし本人さんにすごくストレスがかかったみたいで、すぐに拒否的になってしまった。しかし、そういう後の結果は「すごく勉強した人」には知らされていない。

 まあ何によらず、ありがちなことだと思いました。

 相談にのる場合「一回限り」か「数回」か「継続してフォローアップできる」のか、によって回答も違って来ますよね。

 大事なのはアセスメントがあり、やってみて、評価して再構造化して・・・

「一回限り」の場合、アセスメントもできなければ、評価もできないのだし、TEACCH的に考える場合、原則論は言えても具体案は出さないくらいの方がいいのかもしれない・・・

 私自身は、そう言えば○○さん(TEACCHの理論も実践もすごい方)にC君のワークシステムでうまくいかなかった時に「でもこういうふうにカードを並べればいいのでしょう」と質問して「そんなことどうでもいいの。個人に合わせるのが大事なの」と回答して頂きました。

 またC君の給食を食べない件で相談した時には□□さんや△△さん(いずれもTEACCHの理論も実践もすごい方)に「コミュニケーションサンプルも取らないで実践はできません」と回答されちゃいました(アセ)

 ある意味で、その「アセスメントなき場合は具体案を回答しない」というのもまさにTEACCH的と言ってもいいのではないか、と思いました。

 つい具体案を言いたくなってくるんだけどね。

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 まあ、でも、最近私は、それこそ「大方針」というか、考えの方向とそれに基づいた「ひょっとしたら役に立つかもしれない具体的なこと」を伝えようとはしますね。

 その場の人たちが「こうしたら楽になるよ」みたいなことを。

posted by kingstone at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次回の自閉症児託児活動「れもん」の受付や「問題行動」に関する本など

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 ○○さんと、もうひとかた、勤務校の方から託児希望を頂きました。
 また2か月前に別の方からもお聞きしています。
 だんだん、勤務校の方も増えてくるな。

 今日、実は○○さんが下校時に私に言って下さりかけたのですが、「あっ、今言うてもあかんねんな。後でメールします」と言って下さっていました。

 正解です(笑)

 今日はたまたま覚えてて、今、受け付けの表に書き込みましたが、たいていは、すぐに忘れてしまう・・・・


 さて来月は志賀利一さんの「問題行動 その理解と対処法」です。

 志賀さんの書かれた「発達障害児・者の問題行動 その理解と対応マニュアル」を先日人に貸していて、返ってきたので、ぱらぱら目を通しましたら、またまた、うーーーんいいなあ、と思うところがいっぱいでつい読んでしまいます。



posted by kingstone at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オヤジの会について

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 通知簿に苦しみながら、ついメールチェックしてしまう・・(私は通知簿は無くしてもいいと思っていますが、それはさておき・・)

 > 「光とともに」を読みました。あの中で、仕事人間だったお父さんが、倒れたのを
 >期に父親として目覚めるのが描いてありましたね(漫画なのでずい分早い目覚めです
 >が・・・)。なかでも、オヤジの会のこと、羨ましく思いました。

 まあ、まじで生きるか死ぬか、ってのをやっちゃうと人生観変わる場合はままありますわね。でも確かに漫画だなあ、早いなあという感じではある。

 > まあ、それぐらいは許容範囲ですが、ヤツ(すみません、イカリで荒っぽい言葉
 >が時々出ます)は、子どもみんなを連れて父単独で外出したことが無いんです!何
 >故かと聞くと、
 >「しんどいことはしたない」そのしんどいことをほぼ毎日してる私って・・・。

 どうしたら楽にできるか、どうしたら楽しいか、ってのがあるといいかな。例えば一人ヘルパーさんなりボランティアさんを頼んで2対3とか・・・

 > 私が最近やっと視覚支援を楽しんでやれそうと思って色々やってても、知らん顔だ
 >し、わからないものだから□□に「〜〜持って来て」。□□はわからないのになんか
 >持って行かんとアカンのは確かだから一生懸命探すんです。でも結局わからずにトン
 >チンカンな物を持って行って父はため息をついてます。私が「口で言ってもわからん
 >よ。絵か写真見せたらわかるとおもうけど」と言っても、「いいや、口でわかるよう
 >にせな」・・・。

 これ、以前の私だったら、ふーーんと思って見ていたかもしれませんが、今は結構胸がしめつけられるような思いがしますね。やっぱりお父さんなんかに理解して頂こうと思ったら、写真や絵をすぐ使えるように用意しておいてあげることかな。同僚にはやりにくい部分もあるのですが、でも、少しはお渡ししたりはしています。使って頂けない場合が多いですけどね。

 やりとりできることの楽しさがわかると「やめとき」と言っても試みはるようになるとは思います。その「楽しさ」がわかることを用意できるかどうかかな。

 >オヤジの会を作って頂けませんか?

 飲み会の幹事・・・私の一番苦手な分野だったりします。
 誰かやってくれる??
 
 以前、別の会で私が自主的に協力的に動いていたら、syunさんに「飲み会せな、飲み会」と言われて(実はsyunさんは私をその会のスタッフと誤解していた(笑))困ってしまった私です。別にスタッフでなくても、好きならやっちゃったと思うのですが。(でも飲み会自体は嫌いでは無い。飲めないけどね)

 でもね、ほんま、どっちにしても父親同士の交流会ってのはいるとは思うねんけどね。

 ちなみに「町田おやじの会」なんてえのもあります。

posted by kingstone at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月21日(土曜日)

 おはようございます。

 今日も起動できました。

 いい天気です。
 ちっとも嬉しくない・・・

 昨夜は少し涼しい風が吹いていました。

posted by kingstone at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする