私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年07月29日

「そんなにゴタゴタしてたのか」「そういう状態とは知らなかった・・・」

 今日は書きすぎ、もう止めておこう、と思ったのですが、これは書いておこう。

週刊文春8/5号

阿川佐和子のこの人に会いたい

ゲスト 半藤一利

 昭和38年に敗戦時日本の様々な所でその日を迎えた人、28人の大座談会を開いた時の話。

阿川「激しい討論になったりはしなかったんですか。『迫水(当時内閣書記官)、貴様のせいだ!』とか」
半藤「私はね、そうなるかと思ってたんですよ。ところが、なりませんでした。みんな冷静でしたね。たとえばソ連大使だった佐藤尚武さんが『私はソ連は必ず参戦すると何遍も電報を打ったでしょう』と言ったら、外務次官だった松本俊一さんが『受け取ってない』なんて言う。そんなバカな話があるか、と佐藤さんが怒るかと思ったら、『そうか、そんなに本省はゴタゴタしてたのか』くらいで終わっちゃった」

 私は、いろんな所で自閉症の人がどれだけ苦しんでいるか、どれだけひどい仕打ちを受けているかを、いろんなところで伝えて来たつもりはありますが、文部科学省にしろ、教育委員会にしろ、また現場の先生方にしろ、「そんなにゴタゴタしてたのか」という状態だったのでしょう。

阿川「そこが意外でした。ビルマの最前線にいた会田雄次さん、捕虜収容所にいた大岡昇平さん、沖縄の従軍看護婦、楠政子さんとか、命からがら生き残った末端の方たちもいらしたでしょう。そういう人たちの体験を聞いて、上層部の人たちはどう思ったのかしら」
半藤「それこそみんな黙って聞いてましたよ。楠さんの話のときかな、誰かが『そういう状態とは知らなかった・・・』と洩らした。上の人たちはほんとに知らなかったみたいなんですよ」

 これもまた自閉症の人がどれだけ苦しんでいるか、どれだけひどい仕打ちを受けているか、文部科学省の人も、教育委員会の人も、現場教師も・・・ひょっとして保護者も(?)ほんとうに知らないのかもしれません。知らないというかわからないというか・・・

 何か「俺はわかってるんだ」「わかってたんだ」みたいな上から目線ですね(苦笑)

 決して「わかってた」ことは無いですね。
 いろいろ失敗もしています。
 エントリにできるだけ正直に書いているつもりはありますが、あまり出てこないとしたら、「思い出はみな美しい」というのもある。

 それに「うまくいったことは書きやすい」(保護者が気づいても笑って許して下さる可能性が高い)「うまくいかなかったことは書きにくい」(保護者が怒りだす可能性が高い)ということもあります。

 でも、今も毎日あれこれ「わかりつつある」ような気はしていますが。




posted by kingstone at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光からあなたへ −戸部けいこさんののこしたもの

NHK教育7月29日「福祉ネットワーク」午後8時〜8時29分

光からあなたへ −戸部けいこさんののこしたもの

を見ました。

 NHKさん、よく30分にまとめられたと思います。

 自閉症の人たちの映像、漫画のシーンうまく使っておられたと思います。

 ずっと泣きながら見ていました。

 R君ママさんも出ておられました。

 大屋滋さんとお子さんも出て来られ、作業所で「元気で働く大人になっている」様子も映像で紹介されました。

 再放送は来週木曜日の午後0時(つまりお昼ですよね?)からあります。



posted by kingstone at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛子さま記事(週刊文春8/5号)

 見出し

「雅子妃と東宮職が蒼ざめた 愛子さま『おひとり下校』事件」


 愛子さまが学習院からひとりで帰ってしまわれた、という事件(?)です。

「『宮さまのお姿が見あたらない!』
 7月23日午前10時半過ぎ、東宮侍従が蒼ざめた顔で敬宮愛子さまを探し回っっていた」

 この日が終業式だったとか。愛子さまはホームルームに出席され、雅子妃が初等科科長と懇談中だったのでそのまま一人で帰られたようです。

「初等科から東宮御所まで子どもの足で10分程度」

 ええ、そんなに近かったのか。いつもお車での送り迎えのシーンを見ていたのでもっと遠いのかと思ってました。十分歩いて行き帰りできる距離ですね。

「妃殿下が東宮御所にお戻りになると、愛子さまが駆け寄って、『お帰りなさい。今日は頑張って、一人で帰って来たのよ』と少し得意そうにされていたそうです」

 実は喫茶店で読んでいたのですが、ここまで読んで不覚にも涙が溢れてきました。可愛いじゃないか。そうだよなあ。すごく自然なことだよなあ。

「雅子妃は『よく頑張りましたね』とお褒めになったようですが、同時に両殿下から、ひとりで勝手に行動することは危ないと注意されたといいます」(宮内庁関係者)

 しかたのないことかもしれませんが、ご不自由なことです。3年生・・・自分で歩いてあちこち行きたくもあるだろうし、寄り道したくなることもあるだろうし・・・

 しかし愛子さま関連の記事を読むと怒りが沸いてくることが多いのですが、読んで「良かったな」と思えた記事でした。




posted by kingstone at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心覚え 『 写真で教えるソーシャル・スキル・アルバム〈青年期編〉 via web

 友人が本を翻訳したとか。

『 写真で教えるソーシャル・スキル・アルバム〈青年期編〉 via web

写真で教えるソーシャル・スキル・アルバム 〈青年期編〉―自閉症のある人に教えるコミュニケーショ.../ジェド ベイカー

¥2,100
Amazon.co.jp


 こころ覚えに書いておきます。

 図書館で予約しよう。



posted by kingstone at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記録し整理する方法

 こころ覚えに。

 昔から、日記や情報などをどうやって整理するかには興味がありました。って言うか必要に迫られてあれこれやっていました。梅棹忠夫の京大式カードに始まって。

 Twitterであるシステム・エンジニアの方に記録法をお聞きしたらこう答えて下さいました。

「記録はもっぱらPCでExcelです。統計解析するときはRというフリーウェアを使っています。 http://ow.ly/2hFXT ただ、アイディアは紙にラフスケッチして、最近はEvernoteに取り込んでいます。 http://ow.ly/2hG4e

 すごい!
 RというのもEvernoteというのもフリーウエアなのですね。

 もう私は現役から引退しているので、そこまで使うことはないと思いますが。

 Excelは壊れちゃったし。(古いデータはOpenOfficeで見てます)

 そーいや昔Macのインスピレーションってソフトを使った時には感動したなあ。

 あと秀丸エディタの中のGrep機能とか。これは今もお世話になりまくりですけど。



posted by kingstone at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自閉症託児活動「れもん」会計

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 本日の託児活動は、8500円の黒字でした。
 前回と同じような感じなのになあ・・・
 前回は3500円ほどの赤字ね。

 しかし、全体ではまだ5000円強の赤字です。
 借り入れ金が30000円(私からだけど・・・)あるし。

 今年に入って一瞬だけ+になりました。
 後は-ね。


posted by kingstone at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プールでいつ終わっていいかがわからず荒れるお子さんに「終わる」を表現してほしい

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。



 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 がんばってはりますね。

 > 彼女は自分で「しんどい」「疲れた」「もうプールから上がる」ということを言
 >わない(言えない?)人です。疲れた状態が分からないのか、疲れていても言葉に出
 >して言えないのか、わたしには分かりません。5か月前から一緒に活動をし始めました

 プール以外のいろんな場面で、「しんどい」「疲れた」「やすみます」「もうやめにします」が伝えられ、それが認められる環境が作れるのもいいだろうなあ、と思いました。

 もちろんこちらが意図して機会を作っていく必要があると思います。

 で、そのためにも「コミュニケーションサンプル」を取ったりという基本的なところからやっていかないといけないのじゃないかなあ・・・

(っていうのは私が服巻先生に言われたことね(笑))

 それと、「終わり」がはっきりわかるように日々の生活が組み立てられているかな?ってとこが気になりました。




posted by kingstone at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の自閉症児託児活動「れもん」

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。



 今日、「れもん」でした。

 3連休の中日、ということで子どもたちの欠席も多く、楽勝と思っていたら・・・・ボランティアさんの方も都合が悪い方、体調を崩される方が多く、ひやひやもんでした。

 また、いつもはプールに入る、ということをやっていますが、プールに入れないボランティアさんも続出・・・しかし子どもの方でも入れなくなった子がいたりしてぎりぎりセーフ・・・

 いやあ、こういうの、だんだん快感になってくるなあ。

 今回は、ボランティアさん用にサポートブックを持って来られた保護者も何人かいらっしゃいます。先日、保護者の方が集まられて「どんなことを書いたらいいのかなあ」と話し合ったりされたとか。

 また私の試みとしては、今回、TASをまねて、「個人用スケジュール」を印刷して持って行きました。今朝8時から制作にかかったので、不完全なこと著しいのですが、とりあえず「時計の絵」「数字の時刻」「やること(選択肢も含めて)の絵」を並べています。字も入れたかったのだけど時間が足りなかった・・・(アセ)

 これは私のかかわったお子さんにはすごく役に立ちました。
 他の方はどうだったかな。

 また今まで「ぐちゃっ」と段ボール箱に荷物をつめていたのを、透明コンテナに代えました。少しでも構造化しようってわけです。しかし中に入る物の名前などを書いていなかったので、帰る時には再び混沌としていましたが・・・

 いかん、いかん・・・まあ少しずつ構造化していこう。

 今日は初めてのボランティアさんも5人ほど顔を見せて下さいました。
 なんや、かんや、綱渡りながらも、何か回っていっています。

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 やっと個人スケジュール(ひとりひとりに合わせたのじゃないですが)を作ったんや。おそ。

posted by kingstone at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の周囲のほとんどのお子さんが通常校の特別支援学級でやっていけるのではという話

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 今日は「研究会」の保護者の感想をお一人しかお聞きできませんでした。

 でも「わかりやすかった」という感想で嬉しかったです。
 またみなさん感想をお聞かせ願えたら嬉しいな。

 でね・・・ああいう指導がなされていたら、私の周囲のほとんど(ひょっとして全部?)のお子さんが通常校の特別支援学級でやっていける、と思いません??



posted by kingstone at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

部屋が取れた

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 明日の自閉症児託児「れもん」ですが、部屋をもうひとつ○号室を取ることができました。

 一室3000円なんですが、療育手帳があれば半額ですむ、というのでお願いしちゃいました。

 明日、○○さんにA君と来られた時に受け付けで手帳を見せて頂くようにお願いしました。

 ただ、先々の分もお願いしたのですが、既に満室で取れない時もありました。また恐ろしかったのは、2月に介護講座があって3階がいっぱいの時、「研究会」の部屋を□で取っているのに「れもん」を取ってくれていない月があったこと・・・

 幸い△.●が空いていたので、確保しました。この部屋はどっちも狭いので、壁ぶちぬきで使うことになると思います。(?壁、あったままの方がいいかな・・・なんせ狭いからなあ・・・)

 なーーんか、いろいろありますねえ。
 油断なく受け付けともコミュニケーションを取っておかないといけませんねえ・・・



posted by kingstone at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サポートブックをみんなが作り出した

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 先日、たまたまBさんのおたくにうかがった時に、作りかけておられるサポートブックを見せて頂けました。

 またA君のサポートブックを担任さんから見せて頂けました。
 担任さんも付箋をいっぱいつけて追加情報など知らせて下さっていました。私の意見も聞いてくれはりました。

 ってわけで、サポートブックがいろいろできてきています。
 何か嬉しいです。



posted by kingstone at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自閉症児託児活動「れもん」で託児部屋を増やせなかった話

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 ビデオ部屋とかいうふうに、小さな部屋がもう一室取れたら、と思って福祉センターに電話してみました。

 まず「福祉センター」が無償で取れる部屋が2つまでと決まっているそうです。つまり「れもん」と「研究会」で既に2つ取っているわけね。

 でならばと「ボランティアルーム」を当たってくれたんですが、午後は会議でつまっているとか。

 ひょっとすると、有償(確かだいたい5000円くらいだったと思う。視聴覚機材を使うと7500円だったと思う)だとあるのかもしれませんが・・・・ちょっと今のところ余裕が無いなあ・・・

 でも、ほんま、3年前とえらく変わってきました。
 3年前は第2日曜なんて「研究会」しか使ってなかったのに、今はいっぱいみたいやもんなあ。

 ふむ、ビデオを持って行って、放映するか・・・一室でうるさいかもしれないけど・・・



posted by kingstone at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やばいと言いながら・・・

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 やばい、と言いながら、たくさん書いてるなあ(笑)

 今日もあるボランティア希望の方からいろいろ嬉しい話を聞きました。
 人数も、今回も何とかクリアできそうです。
 たくさんの方に支えられている、と感じています。

 ここでは、外では見せない部分を書かせて頂いているところがあります。まあ、だから「調子悪い、悪い」と書いてても、外からは見えないくらいたいしたことないのだ、という言い方もできるかもしれません。




posted by kingstone at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間ゆうゆう(NHK教育)で脳波スイッチの実践が紹介されたが

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 >解説が昨日の中邑賢龍さんなら、もう少し気の利いたコメントつけてくれたでしょうね。

 トロンプロジェクトの坂村健さんでしたね。

 放送が始まった瞬間に、なんでやねん、と思いました。
 あっちゃーーー、です。
 そら人選間違いやわ。

 トロンプロジェクトについて語らせたら、そりゃすごいもんですけど、特別支援教育の現場は全然知りはらへんもん。

 トロンは、まあ言うたらユニバーサルデザインを目指している、というあたりで特別支援教育などにも関心は深い方なんですけどね。現場は全然知らへんわなあ。

 今年の3月の研究会に私を東京に呼んで下さった方ですけど、そら・・・コメンテータは無理やわあ・・・・

 放送中に、「なんで肝心なこと言わへんねん。周辺のことばっかり言うとお」と嫁さんに解説がてら、突っ込みを入れてました。

 でもコメントはタコでも、映像はインパクトあったと思いますよ。

晃一くんの桜吹雪―人工呼吸器をつけた少年と母の夢/荒木 智子

¥1,890
Amazon.co.jp

 一見、コミュニケーションなんて無理と思えるようなウェルドニッヒ・ホフマン病のお子さんが、それまであれやこれやでコミュニケーションし、その後脳波スイッチで意思伝達したり、おもちゃを動かしたり、登山したり、とより積極的になっていったという記録です。


posted by kingstone at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月29日(木曜日)光からあなたへ −戸部けいこさんからのメッセージ−(仮)がある

 おはようございます。

 今日も起動できました。

 大雨です。
 普段は雨だと気分も落ちてくるので歓迎しないのですが、
 暑さ続きの後の今日の雨はめちゃ嬉しいです。 

 今夜8時、NHK教育
 「光からあなたへ −戸部けいこさんからのメッセージ−(仮)
 まだ(仮)だ・・・
 何年かぶりにDVD−Rを買って来ました。

 ちなみに私んちの新聞のラテ欄は
「自閉症 反響をよぶ子育て漫画 作者の願い」
 となっています。
 なんのこっちゃ、ですな。
 なんとか「自閉症」というい言葉が入っているから関心のある人が見るか。

 そういや(仮)のほうには「自閉症」という言葉が入ってなかったんだ。




posted by kingstone at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする