私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年07月21日

街で

 今日は大病院へ。

 検査と診察。

 今日から主治医交代。若い女医さんでした。

 診察で控えの間にいたら、カルテを見てずっと大きな声でひとりごとを言ってはりました。
 面白い。

 高い新薬のおかげか数値は改善。ちょっとびっくり。
 現代医療というやつの力か。
 

 帰りの駅で、実物大の大きさの手形がいっぱいついたジーンズをはいてる女の人がいました。私でも頭のすみに「手を置いたら」みたいなのがよぎりました。自閉症の人だったら本当に手を置いてしまう人がいるのじゃあるまいか。ドライブされた行動というやつで。で、痴漢と間違われる・・・

posted by kingstone at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サポートブックの作り方

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 >『1,父親に2時間預けるとして、
 > 2,親せきのおばちゃんに2時間預けるとして、
 > 3.よく知ってるお姉ちゃんに2時間預けるとして
 > 4,知らないお姉ちゃんに2時間預けるとして
 >
 > どのようなことを文章にして伝えたらいいでしょうか?』

 さすが!!

 具体的によくわかります。
 
 よく教師でも「先入観を持たせずに、まず人間としてぶつかって」と言う言われ方がされる時があります。そう言いたい気持ちもわかるのですが、それを「言葉にできない言い訳」に使ってはいかんですね。

 > 時間の方も、2時間から→午後いっぱい→1日→お泊まりという風に少しず
 >つのばしていく。

 そうですね。
 これができればガイドヘルプなんかも随分楽になる。

 > たとえば、あるお母さんが、「ひまになると、ズボンに手を入れます。」と
 >考えられたとします。
 > でも、フォーマットにのっとると「ズボンに手を入れると、ひまになった証
 >拠です→さりげなく出して、なにかおもちゃを持たして下さい」という表現に
 >できます。

 あああ・・・聞かせたい人がたくさんいる・・・



posted by kingstone at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

□□くんのプールでの着替えの様子

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 >今度必要なときは、実名入れます。

 あ、実名でいかれますか。じゃあ次男さん、いつもの呼び名の□□くん、と呼ばせて下さいね。

 私、ここんとこ□□くんと着替えの時のみ関わっています。

 最初関わった時、当日担当のボランティアさんが着替え担当の私が来るのをまたずに□□くんを更衣室に入れてしまいました。で、私が入ると・・

 おお、□□くんはひとりでちゃんと着替えている。
 荷物も周囲に無い、ちゃんとロッカーに入れたんや!!
 (ひょっとして誰かの指示があった??でもみなさんにそんな余裕があっただろうか??)
 すごいなあ、えらいなあ、と思いました。
 
 しかしい・・・カギを持っていない!!

 つまりどこに入れたか全然わからないわけで(爆笑)
 (ひょっとしたら□□くん、プールから出てきたら、自分のロッカーがわかってさっさと着替えてただろうか??)


 まあその時、なんとか探し出してカギをしました。
 なおカギを腕にするのは嫌がりますね。
 腕にカギをつけている写真も用意したのですが、ある時はプールで投げてしまってどこに行ったかわからなくなりました。で、最近は1度だけつけるようにさせて、はずせば持ってあげてます。

 ということで、私は□□君が
「着替えてロッカーに荷物を入れ、カギをかける」をめあてにしようとしています。

 そのために「ロッカー」「ロッカーの前でカギ」の写真を用意しました。

 まずは音声言語と1枚ずつの写真つきでやることを理解する。
 次に写真で。
 次に連続した写真でひとりで1連の流れでできる、とねらいたいと思っています。

 最初の時にロッカーに荷物を入れていましたが、ロッカーに荷物を入れるのを忘れる時もあります。(着替えはばっちりです)

 あと「コインを入れてカギをする」「カギをぬく」というあたりがすっとわかればいいです。ただしカギが結構固くてたいへん。


posted by kingstone at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A君のための支援を考える時に

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 > Aの母○○です。息子にどういう視覚支援をしていったら
 >いいのかなあと悩んでいます。

 もと担任です。
 すんませんです(アセ)

 で、どんな支援(視覚支援を含めて)をしていけばいいのだろうか、ということ、ほんま考えないといけませんよね。でその時に、やっぱり「将来どうなったらいいのかな」を考えていくことが大事だろうと思います。

 あるいは「困っていること」(本人が、周囲が)は無いか。また今の生活形式では困っていないけど、そしてそのままの生活を続けていくなら困らないのだろうけど、もっとこんなことしたいのに今はできないとか・・。

posted by kingstone at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後で、そして今、楽になれるように

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 >昨日今日と、障害児者
 >放課後学童(通称みっくす)の、ボランティア講座があり、行って来ました。

 ほお、ボランティアさんを集めて、活動開始できそうなんですね。
 良かった。

 >なんか、エラそーな事言ってますが、実は、母が、後々楽したいがために、言ってる
 >だけですので、気にしないで下さい。

 「後々楽したいがため」そうですよ。それですよ。
 ついでに今、楽になれたらもっといいっすよね。

 みーんなが楽になれる道を作らないとね。

 >P.S kingstone先生、うちは、子供のことどんどんかいてもらってOKです。
 >嬉しいくらいです。

ありがとうございます。
 お子さんの名前なんかもまた○○さんから書いて頂いたりするといいですね。



posted by kingstone at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

助成金を得るための作戦

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 Oさん、どうもです。
 kingstoneです。

 > 多分財団で一番出しやすいのは、コンピュータを10台くれたらこんなことができ
 >ます。というような取り組みとか、作業所の送迎車をくれるとか、危急に必要で、即
 >効果があるというようなものだと思います。

 来年は、「視覚支援のためにカラーレーザプリンタが必要」で30万円!!
 これでいこう。

 > 何か、準公的な組織になればいいんですけれどね^_^

 これはねえ・・・無理でしょ。
 公的ではなくNPOの方をねらいたくはあるけど。



posted by kingstone at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宿泊の日のこと & 書き込み許可について

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 >こんばんは。兄弟母です。今日は、次男の宿泊の日です。

 元気で、楽しんで、戻られましたか?

 >の失敗があるんで、宿泊先でもやってへんかと・・・。兄弟それぞれに見てやんない
 >といけないんですが、時々母の手から、こぼれてしまう事も。

 そりゃ、そうです。
 どんな家庭でも、そうですよ。
 うちなんかも、こぼれる、こぼれる・・・

 >まったくタイプの違う兄弟なんで、少々、母は、疲れ気味です。

グチもどんどんどうぞ。
 でも、研究会がちょっとでも○○さんが「楽」になることに役に立てばいいのですけど。

 私のモットーは
「子どもが楽、保護者が楽、そして教師や職員が楽」ってやつです。

 そういやお子さんのことを関わったボランティアさんがこもごも書いて下さっていますね。

 うーん、ちょい気になっていたんですが、これからは「れもんにおいては、ここなどでお子さんとのやりとりのことなどが話題になることもあります。もしお嫌な方はあらかじめkingstoneまでお申し出下さい」と最初にお知らせしといたらいいかな。

 そうしたら書いてもいいってことになりますもんね。
 ほんまはそういうの書きたいし、読みたいな、って思います。

 A君のサポートブックは土曜日に次男さんにお渡ししますね。



posted by kingstone at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

助成金を得るための作戦のこと 文集とか

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 ○○さん、□□さん、どうもです。

 >えーっ!れもんならきっともらえると思っていたのに、
 >すごいショックやわ!きびしんですねえ。

どういう点があかんかったか、まじに勉強のために聞いてみたいですね。まあ「組織としての危うさ」は言ってはったので、そこらへん大きいかな。

 ほんま話をした時のうけ方はごっつい良かったのですが。

 >たとえば、じゃあ、研究会でお世話になってる保護者として、
>どんなバックアップができたんだろうかと考えたら、
>保護者が、”自閉症児を育てて、”とかの涙の(?)苦労話とか、
>それで、この研究会での勉強会がどんだけ役に立っているかとか
>なんか皆さんそれぞれの思いってあるじゃないですか、
>そんなんを文章も託して、お願いするなんてこと、考えたんですが・・・・

えーと、自分とこの勉強会のための託児活動などは、ボランティアと認められないので、あくまでも「研究会」と「れもん」は別組織で・・

 そやけど、まじにその文集はいいかもしんない。
 まあいつになるかは?ですけど。

 つまり、どう苦労したり悩んだりしてはって、それがどう解消されたのか・・・(でも、その解消や解決、あるいは進む方向づけとか、そういうところまで行けてるかなあ・・・)

 あのお〜〜障害児教育フォーラムなんかでは「言い出しっぺ」の原則、というのがありまして、思い立ったら思い立った人がする、ってやつで。で、その原則に従って「研究会」「れもん」も作ってきちゃったわけです。

 ってことで□□さん、いつでも結構ですからまた呼びかけ人になって下さいませ。(ニコ)

 でこんなこと書いたからって「もう何も書かんとこ」にならないようにね>ALL




posted by kingstone at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝手にTEACCHのトレーニングセミナーをやってしまえないか、という話

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 実は・・・今年の夏休みは「勝手にトレセミ」をやりたかった・・
 ところが自閉症関係だけに関わっておられなくなって・・・

 ここには書いてませんけど、かなりの精力を自閉症関連以外についても注ぎ込んでいます。

 で、できなかったんだけどね・・・

 トレセミって宿泊を考えなくて、自分の行ってる学校の管理職の理解を得られて、施設を使わせてもらえれば、結構簡単にできてしまうような気もする。お金もそんなにかけずにね。

 ほんま、自分の学校の子どもを預かるなんてえ、ほとんど反則のボランティア活動を始めてしまうと、たいていのことはできそうな気がする・・・




posted by kingstone at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月21日(水曜日)

 おはようございます。

 今日も起動できました。

 いい天気。
 昨日みたいに暑くなるのかな。

 今日は大病院に行く日です。


posted by kingstone at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする