私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年07月04日

JIN−仁− 第10話




−−−−−−−−−−以下ネタバレ−−−−−−−−−−−−−−−


 咲には縁談が来ます。

 仁は頭痛で倒れる。

 久坂玄瑞は、坂本龍馬を攘夷の裏切り者として切ろうとしている。

 あれ?まだ蛤御門の変(1863年、玄瑞が死ぬ)は起こってないのか。

 野風は2500両で身請けされることに。野風のたっての頼みで、仁は身請け前の体の調べをすることになる。乳房にしこりのあることに気づく仁。しかし歴然としたものではなく、また野風が身請けされることで未来(みき。仁の現代での恋人)が生まれるのではないか、との思いから癌の可能性に口をつむぐ仁。

 野風はもとよりしこりに気づいており「何かありんしたか」と仁に聞くのだが。

 当時、乳癌には華岡流と言われており、山田順庵も華岡流を身につけているらしい佐分利に聞いてみることを仁に勧めるが、何故か佐分利は知らないふりをする。

 咲が野風に仁への思いを諦められるものなのか、と相談に行く。

 龍馬は仁に「咲さんの気持ちがわからんのか」と言われるが・・・いくらなんでもわからんわけはないだろうと思うけれど。ドラマとしてはわかってなかった、という設定だが。

 

 咲は縁談を進めてもらうことにする。

 まあ時代的にはどうなのか。私の両親も妻の両親も1回の見合いでそれこそつきあうこともなく結婚している。江戸時代なら武家や女郎なら「惚れあって一緒になる」は無いだろうな。

 仁は橘家を出て行くことにする。そして咲に「お幸せに」と声をかけて。

 龍馬は仁とともに玄瑞に会いに行く。

 玄瑞は龍馬が転向した(?)と非難するが、龍馬は

「夷敵にペニシリンを売り金を巻き上げる。何もわしは変わっとりゃせん」と言う。

 そして玄瑞配下の梅毒の志士にペニシリンを注射。仁は「5〜6刻で効いてきます」というが、そんなに即効性のあるものなのか?

 仁と龍馬が夜道を戻る。ペニシリンで世の中を変えようとする龍馬に対し仁は「戦で失われるべき命は戦で失われるべき」と言い、ペニシリンから手を引こうとする。

 玄瑞は少し考えを改めたかもしれないが、配下は既に刺客を手配している。

 襲われた龍馬と仁は崖を転げ落ちる。


 で、いよいよ最終回に向かうわけです。

 龍馬はまあ言えば「目の前のことを改善していこう」という考えなわけで、仁は「援助は無意味論」につながっていくかな?私はこの場合、龍馬の方に共感しますが。しかし・・・「失われる命は失われるべき」と言うのは、例えば私は「死ぬときが来たら死にたい」と思っているわけで、やたら高齢者になっても生きたい(ってその可能性はまず無いでしょうが)とは思わない・・・しかし「べき」は問題かもしれないけど、たくさんの医療で命をつないでいる状態ってどうなんだ、と思わぬでも無い。

 まあ、難しいとこです。


posted by kingstone at 16:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・記事・番組など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボランティアさんの提案する活動

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 自閉症児託児活動「れもん」について、いくつか、ボランティアさんから「こうしたい」という提案をお聞きしています。全体じゃなくってあるお子さんとこうしたい、とか。どんどん提案して下さい。でもって「みんな一緒に行動」なんてえことには全然こだわってませんので、個別に動くのも本人・保護者・ボランティアさんの合意があればどんどんやって頂いて構いません。

 プールにしたって、まあ出入りの時刻がずれたって構わないと思っていますから。

 ただし、1時半のはじめの挨拶と、4時の終わりの挨拶だけは、できる限り(遅刻したとか早く帰らないといけないとかが無ければ)「みんなで」やりたいと思います。

 せっかくみんな集まってるんですから(ニコ)

 あっ、今日、近辺の大学を4つ回って、ポスターの掲示をお願いしてきました。2週間くらい貼ってくれるかな。
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 「せっかく」とやっていた「みんなで挨拶」ですが、いつからだったか、やめました。挨拶までの時間、集まって待っているのがつらいお子さんが出て来たのと、保護者に三々五々引き継いでいくことが多くなったためです。






posted by kingstone at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ATACのHPとメッセージメイトで号令をかける話

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 Oさん、どうもです。
 kingstoneです。
 
 > 今年講師を務められるATACですが、公式HPどこでしたっけ?

(注・過去のものを書いても仕方がないので現在のものを書きます)
http://www.e-at.org/

 ところで私は講師じゃないです。単なる実践報告者です。

 > それから...お借りしたVOCAは日曜にお返しするのでいいでしょうか?

 OKです。

 ちなみに私が購入しておくら入りになっていたメッセージメイト40/200(?)は今日から副会長になったY君が、集会でみんなに号令をかけるのに使っています。今日は結構みんなにうけてました。

$kingstone page-メッセージメイト


posted by kingstone at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あるグループの託児ボランティアを受けた話

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 ○月○日は私は行きます。
 さて、他の方はどうかな・・・
 とにかくみなさん、日が近づかないと予定がたたないみたいっすよ。

 そこらへんで仕切る方は苦労します。
 でもしゃあないですね、これは。

 私も車で繁華街あたりでみなさんを拾って行くことは可能です。

 ところで終了の時刻が書いていない・・・恐ろしい・・・(笑)
 でも冗談抜きで終了の時刻も知りたいですね。
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 我々が自閉症児託児ボランティア活動を始めると、いろんなところから「協力してほしい」という依頼が来て、行ける限りは行っていました。逆にこちらが活動する時に助けてもらえますから。(って、結局、こちらから助っ人に行くばかりだったかな(^-^)






posted by kingstone at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学校内の様々な動き しかし教師へのサポートが必要だ、という話

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 学校の中でも、いろいろ視覚支援や機器を使ってみようか、という動きも出てきました。でもまだまだ例えば私が使っているデジカメデータを印刷してあげる、とかサポートは必要ですね。かなりの部分が自腹になったりもするなあ。

 で、それやってるうちに肝心の自分の担任や教室のことができなかったり・・・

 で、そこらへんのことが学校ではやりにくい(家のパソコンの方が能力高く、必要なソフトが揃っており、プリンタの仕事も速い)、ってのがまたやっかい。今日も「うう、早く家に帰って仕事したい」と思いながら、ちょっとうだうだ学校にいてしまった・・・

 でも学校でやらないといけない仕事もたくさんあるんだけど。



posted by kingstone at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現場に出ない方が良い教師とか、保護者に選んでもらうことなど

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 >少々過激な事を書いてしまったと反省しきりです。

 前回のどこが過激やねん。
 しかし、今回のはちょっと過激というか、思いが詰まりすぎて文意が読みとれないとこがある・・・(酔ってるせい(笑))

 >また、これからは、本当にたとえ公立と言えども、施設の運営自体が危なくなります

 でも学校は強いかもしれない・・・

 >6000万円でも1億円でもいいです。前金で支払ってでも教壇に立たず、12年間
 >現場に関わらない研修に出ていただいてるのがいいようなスペシャリスト(?)って
 >いるんでしょうね。

 コメントはひかえますが、ほんま学校でも保護者が教師を選べるようになればいいのにな、って思います。でそうなれば教師も真剣に勉強するでしょう。

(注・私は自分が優れた教師などとは思っておりません。でも、何人かの保護者は嫌がったとしても、何人かの保護者は選んで下さるのじゃないか、と思っています)




posted by kingstone at 06:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日学校で こそばしっこをしたり教室へさっさと戻ってくれたり

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 今日は学校の活動初日ですね。

 まず最初にみんなで作った掲示を背景に写真を撮りに行きました。
 Bさんにも、カメラを見せたりして説明。

 でBさんはベンチに座って撮影。

 さて教室に帰ることを伝えようかと私の少しバージョンアップした手帳を取り出すとC君がのぞきに来ます。

「おっ、新しいやつやん。どんなかんな」という感じでしょうか。

 人のコミュニケーションブックは気になるようです。渡してあげるとパラパラめくっています。でも自分のとほとんど同じだったからつまんなかったかな。

 で私にそれを返してくれると、やおら自分のを取り出して見せてくれました。いろいろ知らない間に新しいのもついてますね。「ほー」という感じ。でさそうようにして自分はベンチに座り「ギュッして」「こそばして」

 ひととおり遊んでから、「んじゃ教室に行くね。ばいばい」と手をふるとばいばいしてくれました。

 それを見ていた先生が「こんなのいいなあ。やっぱりコミュニケーションブックを使いたくなりますね」とおっしゃって下さいました。

 で、Bさんをうながしたのですが、立ってくれません。そこでゴールドカード(教室へカード)を渡すとすっと立って教室に向かってくれました。

 最近、「もうよくわかってるの。別にカードを見せる必要は無いの」みたいな様子も示すBさんですが、今日はちゃんとやりとりできたなあ、という感じです。

 Y君ともいろいろやりとりできたし、F君はすっごく賢かったし・・・なんか嬉しいです。




posted by kingstone at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自主研修会 参加した先生が同僚の目が気になると言っていたこと

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 KING STONEです。

 障害児教育フォーラムに書いたものにつけたします。
---------------------------------------
 今日は自主研修会でした。
 
 「様々なサポートグッズ」ということで話をしました。

 私以外に5人、私を含めて6人でやることができました。
 
 ビデオを見て頂いたり、いくつかのコミュニケーションブック(これは私の手持ち)やメッセージメイト・ビッグマック・ステップバイステップ(以上、学校備品)に先日作ったライトタイマーにも実際に触れて頂いたりできました。

 非常に具体的でわかりやすい。でも障害児教育の本を読んでいてもこんな具体的な話があまり出てこないのはなぜだろう、なんて疑問を出した方もおられました。
---------------------------------------
その他、やはり周囲の同僚の目とか、そういった話も出ました。
 
 それは・・・やっぱりIEPという考え方でいくしかないかなあ、と答えましたが。教師と保護者でどんな指導をしていくかを考えていく、そうすれば教師が変わっても指導の一貫性は保たれていく・・

 でもほんま忙しいのに集まって話を聞いて下さる・・・ありがたいことです。




posted by kingstone at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月4日(日曜日)

 おはようございます。

 今日も起動できました。

 雨上がり、曇っていますが、気持ちいい。

posted by kingstone at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする