私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年07月29日

今日の自閉症児託児活動「れもん」

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。



 今日、「れもん」でした。

 3連休の中日、ということで子どもたちの欠席も多く、楽勝と思っていたら・・・・ボランティアさんの方も都合が悪い方、体調を崩される方が多く、ひやひやもんでした。

 また、いつもはプールに入る、ということをやっていますが、プールに入れないボランティアさんも続出・・・しかし子どもの方でも入れなくなった子がいたりしてぎりぎりセーフ・・・

 いやあ、こういうの、だんだん快感になってくるなあ。

 今回は、ボランティアさん用にサポートブックを持って来られた保護者も何人かいらっしゃいます。先日、保護者の方が集まられて「どんなことを書いたらいいのかなあ」と話し合ったりされたとか。

 また私の試みとしては、今回、TASをまねて、「個人用スケジュール」を印刷して持って行きました。今朝8時から制作にかかったので、不完全なこと著しいのですが、とりあえず「時計の絵」「数字の時刻」「やること(選択肢も含めて)の絵」を並べています。字も入れたかったのだけど時間が足りなかった・・・(アセ)

 これは私のかかわったお子さんにはすごく役に立ちました。
 他の方はどうだったかな。

 また今まで「ぐちゃっ」と段ボール箱に荷物をつめていたのを、透明コンテナに代えました。少しでも構造化しようってわけです。しかし中に入る物の名前などを書いていなかったので、帰る時には再び混沌としていましたが・・・

 いかん、いかん・・・まあ少しずつ構造化していこう。

 今日は初めてのボランティアさんも5人ほど顔を見せて下さいました。
 なんや、かんや、綱渡りながらも、何か回っていっています。

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 やっと個人スケジュール(ひとりひとりに合わせたのじゃないですが)を作ったんや。おそ。

posted by kingstone at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の周囲のほとんどのお子さんが通常校の特別支援学級でやっていけるのではという話

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 今日は「研究会」の保護者の感想をお一人しかお聞きできませんでした。

 でも「わかりやすかった」という感想で嬉しかったです。
 またみなさん感想をお聞かせ願えたら嬉しいな。

 でね・・・ああいう指導がなされていたら、私の周囲のほとんど(ひょっとして全部?)のお子さんが通常校の特別支援学級でやっていける、と思いません??



posted by kingstone at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

部屋が取れた

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 明日の自閉症児託児「れもん」ですが、部屋をもうひとつ○号室を取ることができました。

 一室3000円なんですが、療育手帳があれば半額ですむ、というのでお願いしちゃいました。

 明日、○○さんにA君と来られた時に受け付けで手帳を見せて頂くようにお願いしました。

 ただ、先々の分もお願いしたのですが、既に満室で取れない時もありました。また恐ろしかったのは、2月に介護講座があって3階がいっぱいの時、「研究会」の部屋を□で取っているのに「れもん」を取ってくれていない月があったこと・・・

 幸い△.●が空いていたので、確保しました。この部屋はどっちも狭いので、壁ぶちぬきで使うことになると思います。(?壁、あったままの方がいいかな・・・なんせ狭いからなあ・・・)

 なーーんか、いろいろありますねえ。
 油断なく受け付けともコミュニケーションを取っておかないといけませんねえ・・・



posted by kingstone at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サポートブックをみんなが作り出した

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 先日、たまたまBさんのおたくにうかがった時に、作りかけておられるサポートブックを見せて頂けました。

 またA君のサポートブックを担任さんから見せて頂けました。
 担任さんも付箋をいっぱいつけて追加情報など知らせて下さっていました。私の意見も聞いてくれはりました。

 ってわけで、サポートブックがいろいろできてきています。
 何か嬉しいです。



posted by kingstone at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自閉症児託児活動「れもん」で託児部屋を増やせなかった話

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 ビデオ部屋とかいうふうに、小さな部屋がもう一室取れたら、と思って福祉センターに電話してみました。

 まず「福祉センター」が無償で取れる部屋が2つまでと決まっているそうです。つまり「れもん」と「研究会」で既に2つ取っているわけね。

 でならばと「ボランティアルーム」を当たってくれたんですが、午後は会議でつまっているとか。

 ひょっとすると、有償(確かだいたい5000円くらいだったと思う。視聴覚機材を使うと7500円だったと思う)だとあるのかもしれませんが・・・・ちょっと今のところ余裕が無いなあ・・・

 でも、ほんま、3年前とえらく変わってきました。
 3年前は第2日曜なんて「研究会」しか使ってなかったのに、今はいっぱいみたいやもんなあ。

 ふむ、ビデオを持って行って、放映するか・・・一室でうるさいかもしれないけど・・・



posted by kingstone at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする