私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年06月10日

中年ひきこもりクライシス(週刊朝日6/18号)

中年ひきこもりクライシス(週刊朝日6/18号)

 私も初老ひきこもりだったりしますが・・・

 う〜む、中の事例読むと発達障害に関わっている人が読んだら「こりゃ発達障害やね」と言うやろね。少なくとも私は思う。自閉症とかアスペルガー症候群とか。中には統合失調症の人もいるかもしれない。でも最近の流れは統合失調症も発達障害に含める流れになってきているそうだし。(そうやなあ。昔は統合失調症は二重拘束的な親の対応が問題、というような説があったけど、今は生物学的要因説になってるやろし。自閉症は冷蔵庫の母親説なんかあったけど、もう今は全然そんなことなくて脳の機能説になってるし)

 筆者は

引用開始
 山本さんと佐々木さんの子どもたちが不登校になり、ひきこもり始めた70年代から80年代の前半には、青少年の問題行動は甘えであり、親の不適切な養育態度がその理由というのが、臨床の専門家や学校関係者、世間の見解だった。思い通りに育たない子どもを抱えた親たちは「恥ずかしさ」とともに、親子でひっそりと身を隠すしかなかったはずだ。だが現在、不登校やひきこもりについては「発達障害がある」「学校側の問題」「行かなくても大丈夫」「職場の過度のストレス」「病理である」「適切な支援が必要」など、多様な価値観が並列している。
 実際、親は「子育てに失敗したから子どもが引きこもった」と言われても、途方に暮れる。佐々木さんは淡々とこう話した。
引用終了

 確かに70年代から80年代前半って、そうやったやろな。

 今、多様な価値観が並立している、と書いてるけど、ここに書かれていることは、別に並立では無く、全部ひとつにまとまる話のような・・・

「発達障害である」はい、その通り。中にはそう言いきれない人もいるだろうけど。

「学校側の問題」発達障害があれば、それに対する適切な対応を学校が用意しなけりゃならんでしょう。環境を整える。「わかりやすい(簡単という意味では無い)授業」「落ち着ける部屋etc.

不登校の人が学校に行けるために

「行かなくても大丈夫」もちろん学校は来てもらえる環境作りに努力すべきです。でもまあなんだかんだで行けないなら行かなくても大丈夫。ただし家の外で活動できる資源・場所はあれこれ必要でしょう。

「職場の過度のストレス」発達障害があればストレスは余計感じるだろうしね。私の場合は・・・まあゴニョゴニョだけど・・・

「病理である」って、これは何を言いたいのだろ?Wikipediaによると「病理学(びょうりがく,Pathology)とは、病気の原因、発生機序の解明や病気の診断を確定するのを目的とする、医学の一分野である。」ってことだけど、まあ発達障害がある、ってことでいいのかな?

「支援が必要である」こりゃ必要でしょう。

 ついでに「親の育て方の失敗」って、発達障害があればいろいろ配慮しなければならないことがあり、そりゃいろいろ難しい。通常学級の教師だって、どんなところに相談したらいいか、の知識は必要だろうし、特別支援教育担当者は対応を知っていて通常学級担任をフォローできなきゃなんないし、保護者に具体的なことを教えてあげたり、気持ちを楽にさせてあげたり、適切な相談先を教えてあげたりしないといけないだろうし。

 こないだも友人(?)が言ってたけど、どの家庭だって「失敗の無い子育てなんか無い」わけだしね。

 誰かを責めたって仕方ない。

 多くの方が「治そう」として1000万円とか家1軒分とかお金を使ってはりますね。
 時代としてしかたがなかったのだろうと思いますが。

 やっぱり「治す」より「治らなくてもできる社会参加」を考えていくほうがいいだろし、安上がりだろうな。

 あるお宅の場合

引用開始
「3年ほど前から、ある団体に息子への訪問をお願いしています。10分間の面会に1000円。100分息子と過ごして、その後、親と話をして、1回12000円です。息子に手紙を1通書いてもらうと、5000円です」
引用終了

 うーん、社会への参加を維持しようと努力されてる。で、公的支援無しで民間でやれば人件費はこんなものか・・・

 でももうちょっと安くできそうな気はするなあ。手紙はネットを使えば安上がりにはなる。携帯電話でも。まあ手紙には手紙の良さがあるけど。

 じゃあ、お前はどうするんだ、と問われると・・・

 まあ、歩いて行ける範囲(小学校区。中学校区だとちょっと歩いて行くのがしんどい)で何かあればしようかな、と・・・実際に不登校の子はいますね・・・中年ひきこもりの方は知らない・・・

 この記事、次週も続くそうです。


 なおこの週の週刊朝日にはアスペルガー症候群当事者で、最近亡くなった

penpenさんの四コマまんがブログ「50になってもまんがを描いている」(AHOHO!)

も紹介されてます。



 













テンプル・グランディンさんの動画

 テンプル・グランディンさんの動画がありました。

テンプル・グランディン: 世界はあらゆる頭脳を必要としている

 テンプルさんは高機能自閉症の診断のあるかたです。

 そして自閉症であり動物学者である、ということで有名なのですが、動物学者の間では自閉症と知らなくてもめちゃ有名な方だそうです。

 この講演、すごいですね。こんなに饒舌・パワフルな方とは知らなかった。表情も固い、という感じじゃなく、なんか表情豊かという感じ(表現が少し違うかな)

 著書の中に「講義をするのはいいけど、質疑応答は苦手だ。(準備ができず臨機応変に答えなければいけないから)」ということが書かれていたと思うのですが、この講演では質疑応答もばっちりこなしてはります。

 講演は自閉症(アスペルガー症候群も含まれるでしょう)の人が才能があるのに、埋もれていることが多いからもっと生かそうよ、といったあたりだと思います。

 気をつけないといけないのは、テンプルさんもちゃんと言ってはりますが「(自閉症の人が)みんなシリコンバレーに行けるわけではない」ということでしょう。すごく適性のある人が埋もれてることがあるのでそれは残念だから何とかしようよ、ということだと思います。

 でもほんと、テンプルさんみたいな人がいるってのはワクワクさせてくれます。

 こんなテンプルさんですが、日本に講演に来られた時、レストランに入ってメニューを見たのだけど選べなかったとか。日本語がわからない、ということじゃなく、情報がたくさんありすぎたからみたい。

テンプル・グランディンさんが子ども時代、危機の時に言ったこと
テンプル・グランディンさんの伝記映画(ドラマ)



君が教えてくれたこと 第4話

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。



君が教えてくれたこと 第4話

 なんつうか流れがね、自然な感じがしてね、勝負するようなもんではないが、なんか「天使が消えた街」にとりあえず判定で勝ってるるかなと・・・

 会社で「科学に偶然はありません」と言うシーンで爆笑してしまいました。で人間関係悪くしてしまうんだよなあ・・・

 でもほんまハラハラドキドキしながら見てます。

 終了がわからずに「雨宮さんて、何でいちいち指示されないとできないの」と言われるシーンとか・・・

 今回は、割と淡々という感じでしたが、次回はそうはいかないみたいやなあ。

 でも、あの「イライラする」と一番つらくあたっている同僚が記事を読んで理解者になる、という展開を期待したいが、それはないやろか・・・

 しかし・・・週刊誌に記事が出たことで、あのできた弟君にして「アルバイトやめさせよう」と言うかあ・・・

 今日は最後のタイトルバックで参考文献にテンプル・グランディンの
「我自閉症に生まれて」と「自閉症の才能開発」が上げられてました。

我、自閉症に生まれて/テンプル グランディン

¥2,520
Amazon.co.jp

自閉症の才能開発―自閉症と天才をつなぐ環/テンプル グランディン

¥2,625
Amazon.co.jp

君が教えてくれたこと第4話
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 繭子は高機能自閉症という設定。(今だったらアスペルガー症候群?)

 見た目、表情、動作も「それらしい」わけですが。

 でも、ほんと「見た目」「ちょっとやりとり」してもわかんないタイプの人がたくさんいるのだなあ、というのが実感です。




 


研究会での本の販売

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。



 研究会での本の販売の方、どなたかよろしくお願いしますね。
 注文・送金・販売も・・・

 私のほうで注文したのは学校と「れもん」で全部売ってしまうと思うので、研究会の方は別途でお願いします。(できれば研究会で買ったものをこちらも購入させて頂きたいことがあるかも・・・)

自閉症のひとのための援助システム
20冊注文


VISUAL メッセージライブラリは1巻から6巻まで出ていて

こちらはきっちり1冊500円。いつも20冊くらい注文。



 また前回「もっと欲しい」という注文のあった

「「発達障害児者の問題行動」その理解と対応マニュアル」
志賀利一著
1100円+税は一般書店でも手に入ります。
発達障害児者の問題行動―その理解と対応マニュアル/志賀 利一

¥1,155
Amazon.co.jp

−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 周囲に理解して頂くために、分厚くなく薄い本は大切でした。

 VISUAL メッセージライブラリは続刊も出ています。



保育士さんとのやりとり

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 >私は□□くんに『先生が□□くんの事呼んだら、お手てじゃなくて
 >お口で「貸して」って言ってみようか』と、誘導してみました。
 >何度か彼は、私の呼びかけに挙げた手を我慢して、(かなり辛そう、、)
 >言葉を使って欲求を訴えてましたが、その後私が『頑張ったね、偉かったね』と
 >抱き締めると、泣いていました。
 >私は、自分のなかで「これでいいのだろうか」と、弱気になってしまう時もあり
 >ます。

 ここを読んで泣いてしまいました。(ごめん、みなさん)
 ○○さんはすごく大切なことをされていると思います。

 これは、実は自閉症かどうかなんて関係なく、人間として一番大事なことをしてあげていたのだと思います。彼はすごく頑張った、○○さんがそれを認めてあげた・・・

 だからこそ、目も合うし、ってことにもなるのだと思います。

(もちろん、今後とも、障害特性に応じた対応も周囲にして頂く必要があると思いますが)

 >『おかあさん、退院してからKくんと沢山あそびました?』
 >との、担任の保育士が質問すると、
 >『一緒にテレビとかは観てました』
 >それって、『一緒』に遊んでる事になるのかなア??

 これね、もし担任さんなり○○さんがお母さんと話をする時があるなら、具体的に「こんなふうに遊ぶ時間もあったらいいね」みたいな形で伝えられたらいいですね。

 彼はテレビが大好きかもしれない。
 
 お母さんは、それ以上に彼の好きなこと、関わり方をうまく見つけられないのかもしれない。

 そのお母さんを責めるのでなく、何か、よりいいことを一緒に見つけていこう、という形で接してあげて下さるといいかなあ、と思います。

 >私は、自分のなかで「これでいいのだろうか」と、弱気になってしまう時もあり
 >ます。

 繰り返しになりますが、すばらしいことをやっておられると思います。

 >彼にとっては理不尽な事の多い生活、、、でも集団生活に対応出来るようになっ
 >て欲しいし。

 理不尽じゃないようにできたらいいですね。彼に「意味がわかる」ように。

 例えば順番を待つことがわかるにはどうしたらいいか?
 こんな手段を使えばおもちゃを必ず貸してもらえる、という方法を作る、とか・・・・

 例えば「車カード」を持って来たら、□□ちゃんに必ず車を貸してあげる、とみんなにも納得してもらっておく、とかして「車カード」を使えるようにしてあげる、なんてのもあるかも。(もちろん、音声言語で言えるならそれもいいんだけど、ひょっとしたら周囲のみんなにもカードの方が納得してもらえやすいかもしれない・・・)

 そこらへんは「はじめの一歩」って本、すごくいいかもしんない。

 学校の先生に売るために5冊買い、今日、ボランティアの△△さんのところに1冊持って行きましたが、まだ残っています。1冊は残しておきましょうか?



英国に行った新人Aさんから

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ボランティアにも協力していている新人Aさんが、英国からメールを送ってくれました。

 言葉の通じないことですごくストレスがたまり、C君など自閉症の方が頭突きをしたりする気持ちがよくわかる、と書いてありました。

 私だけが読ませてもらうなんてもったいない。

 また障害児教育や福祉に関わるところだけでなく、何でも感じられたことなど書き送って下さったら嬉しいですよね>ALL
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 新人Aさんはベルリッツで相当勉強してから行かれたのですが、それでもストレスたまるんですよね。

 自閉症の人にとって音声言語は第二外国語・第三外国語だと言われています。



ボランティアさんの出席を確認する

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 どへーっ

 学生ボランティアさん、おお、結構みんな忙しいのね・・・
 いかん、徹底的に電話で確認取らな、えらいことになるとこやった。
 
 しかしコーディネイトがぎりぎり1週間前にずれこみそうです。
−−−−−−−−−−−−−−−
ボランティア状況

 kingstoneです。

 ふーー、あちこち連絡を取って、またボランティアさんが新たな方を紹介して下さって、何とかなりそうかな・・・正式は来週になるかもしれませんが・・・

で、5月には間に合わない方も、今後の希望となるような話を持って来て下さる方もおられます。よーしーー。
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 メールで常に連絡を取っていたのですが。
 この頃は携帯メールがかなり普及してきた頃でした。

 でも直接電話(音声)でやりとりした方が確実でした。
 メールではなかなか都合までは教えてもらえません。

 もちろん最強は対面してのやりとりでした。


6月10日(木曜日)

 おはようございます。

 今日も起動できました。

 とてもいい天気です。
 さわやかです。


posted by kingstone at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする