私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年06月28日

威嚇を使った指導のこと 剣道の話も

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 剣道なんですが・・

 > 「戦法」としての威嚇の意味(かけ声や大きな動作が威嚇になります)は、

 「気合い」のことかな。大きな動作の場合、実力的に下位の者には通じますが、上位の者には通じず返って一本とられることになりますね。(かつぎ技とか)

 「気合い」の場合は、相手を威嚇するというよりも自分を奮いたたせる、攻撃のリズムを作る、という感じが多いような気もします。

 しかし相当強い人に気合いの指導を受けたことがあります。
 学校の壁に向かって気合いを入れていました。で、「お前ら、そんなん気合いとちゃう。こうするんや」とその方が気合いを壁に向かってかけたら、壁から圧力がやってきて体が後ろへいきそうになりました・・・


 > 「指導」としての威嚇は効果がないようです。それは、

 > ・技術があり、威嚇を駆使してワンマンで引っぱれていても、目の届かない
 >  時は反動が出る。また、後任者に引き継ぐ場合、後任者に同等の力量がないと
 >  短期間で破綻する。

 これ、ほんまありますね。学級崩壊のある部分はこういうことであるかもしれません。私自身も通常校時代ちょいと経験があります。

 > ・威嚇でなく、自分たちで納得し、理解して活動している場合、上のようなこと
 >  はあまりない。

 ですね。

 > 絵カードを使ったり、TEACCHの手法を取り入れたやり方に、すべてはあてはまら
 >ないと思いますが、
 >   ・おどろかさない。
 >   ・理解させ、納得させることをめざす。
 >   ・人が変わっても大きな変化がない。
 >   ・本人を安定させ、本来の力を発揮させる。
 >
 > といった部分は共通ではないかなぁと思っています。

 ほんま、これこそTEACCHに限らず、なんだけど、じゃあ他のやり方をやってはる方がこうして下さっているか、というと疑問があったりするわけですね。

posted by kingstone at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TEACCHのこと PECSのこと

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。



 ○○さん、ありがとうございます。
 kingstoneです。

 >1、TEACCHという言葉をどのようなイメージで使っているのか

 これね、ほんま困るんですよね。

 > 援助システムの問題なのか、

 知ったかぶりして、「あれは行政を含めたシステムだからできるんだ。日本ではできないんだ」という言い方ね。参考にできるとは参考にしていい環境を作ればいいじゃないか、あなたが「何かをしない」言い訳に使うなあ、と言いたくなりますね。

 あと「世の中に出ればそういうわけにはいかないんだ」という言い方ね。私なんかは「んじゃあ世の中の方を変えていかなきゃ」という立場だったりします。

 しかしいろいろな支援物を使ったコミュニケーションでも、工夫することによって、他の全然知らない人たちにも有効なものになったりするんだけどなあ。

 > 構造化の背景となる自閉症理解か、

 これも結構ありますね。これについては実践してきた実感でしか私なんかも言えませんが。でそうなると別のご意見をお持ちの方も実践した実感で言ってはる・・・そして結構いい実践をしてはったりもする。でも、「ああ、私が担当していれば、全然別の方法でいい関係を作ったりもできるかもしれないなあ」と思うこともあります。

 それと「集団」の中は配慮なしで入れようとするのも、この「自閉症理解」の問題になるのかな。


 > 構造化の手立てなのか

視覚的な支援をとることを嫌がる方は多いですね。
  
 >あの一貫した本人と家庭への援助を否定する人がいる
 >としたら、よっぽどの人でしょうから。

勉強せずに批判する人も多いです。



 >2、カードコミュニケーションという表現について
 >  最近は、PEC(Picture Exchange 
 >Communication)という表現をしたほうがより適切では
>ないかといわれています。

ふむふむ、この言葉は初めて知りました。
 ただPictureと言うと「絵」や「写真」とこれまた思う方もおられるかなあ・・・

 またPECと言うと、カードを直接見せる方はそうであるとして、リマインダー(心おぼえ)として持っていて、チラッと見て、相手には音声言語で、あるいはもう覚えていて相手には音声言語でコミュニケーションするタイプの方の場合はどうなるのかなあ、という気がします。

 あっ、でもそういう方に「こちらから伝える」時は視覚的な手がかりをつける(カードやコミュニケーションブックを見せる)ことが有効だったりするからいいのか。

 私がカードコミュニケーションと言う時は、実際にカードを使ったり、絵や写真の入ったコミュニケーションブックを利用したり、という場合を頭に描いています。

 で、具体物や、パソコンを使ったりということを含めるともう全部AACと言った方がいいかもしれない。しかしマカトンサインを精力的に勧めている方がカードやパソコンを使うことを嫌ったりという場合もあったりしますね。

 結局は「生身の体だけでできる」ことと「支援物」を使うことの差に対して違和感をお持ちなのかな。
.ne.jp/gombo/

PS.
 たくさん書きまくっていますが、いちおう子どもと虫取りに行ったり、キャッチボールしたり、妻と話をしたりもしておりますので・・・。
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 PECとはPECSのことですね。
 この前後から一部で話題になってました。


posted by kingstone at 09:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月28日(月曜日)

 おはようございます。

 今日も起動できました。

 とってもいい天気です。
 暑くなりそう。

posted by kingstone at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

戦い余話

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。



 kingstoneです。

 個人メールでも、いろいろはげましを頂いております。

 ほんとうは若い方や特に学生さんの前で「戦っている」ってことは出さない方がいいと思っているんですが、書かずにはいられない、というあたりでご勘弁下さい。(って大人扱いしていないってことになるのかな?でも、ほんと見せなくていい部分は見せなくていいと思い、発表者にもA教授との過去のあれこれなんて言ってなかったんだけど・・・)

 私の知ってるある先生。(近辺の方ではありません)

 ものすごく勉強してはる先生です。反TEACCHではありません。でもいわゆるTEACCHの使い手というわけでもありません。

 で、保護者の方がTEACCHを勉強して「こうやってね」と構造化の写真とかいっぱい持ってきはったそうな。使っているカードも。で、実際にやってみはったそうです。しかしよく見るとわかっている部分とわかっていない部分がある。

 で「まずこうやってみましょう」と提案され、違うやり方でやり始められました。でうまくいって、今は保護者との信頼関係もできてはります。

 これなんですよね。

 でもこの方の取り組んだことがTEACCHで無い、と言えるかどうかはまた別問題なんですけど。具体的にはコミュニケーションレベルをアセスメントして、カードコミュニケーションからレベルを下げて指さしなど(さらに具体物なども使ったのじゃないかな、これは想像)を使って、本人からの表現を引き出して行った、というものなんですけど。でも見方によったら「これはTEACCHです」ということになります。(ただ指さしと言っても、これまたカードコミュニケーションよりレベルが下かというと・・・これも何と言うのか「形」を見るとそうでもないこともあり得ると思います)


 アセスメントに基づいて、本人にあったレベルの自発的コミュニケーションを引き出していった、そして問題行動を無くしていった、というあたりなんですもん。

 先日、私が「カードにこだわらず」と書いたあたりですよね。

 ほんま、「保護者にひきずり回される」などと言わずにちゃんと勉強して「でもね」と言えるようにして欲しいっす。

(勉強せずに、そして子どもの様子を見ずに「でもね」と言う方は多いけど)


 私は周囲からTEACCH信奉者と思われていると思います。確かに行動もそう見られても仕方がないから、特に否定はしませんが。

 でももともとカウンセリングの勉強をしていて面接・箱庭・描画などについては半端じゃない勉強と体験をしてますし(自分で言うな、って(笑))動作法はトレーナー資格も持ってます。(これはわかっている人が聞くと恥ずかしかったりする(笑)トレーナー資格ってほとんど「意味なーいじゃん」の資格なのです。まあ1週間キャンプに3回は出席した、というだけのことなのね)

 肢体不自由児の意思表出のためのAACの学習や実践。

 それから「○○法」の達人さんには、現在でももう頻繁に相談をかけています。


 例えばある地域の幼稚園でもTEACCH的な取り組みを大幅に取り入れてはおられるけど、ポーテージもやりいの、様々な勉強をされていい指導ができるよう努力してはりますもんね。


 まあほんま自分でええと思うことを勉強し、実践していくしかないよな、と思います。

 ある先生「私もTEACCH始めようかな」
 私「(渋面を作りながら)でもね、私の周囲でも形だけまねする
   人が多くてね。こだわらんでええから勉強してほしい」
 あ「(我が意を得たりというように)そうそう、ひとつの方法に
   こだわらなくていいと思う」
 私(心の中で)「で、ひとつの方法にこだわらなくて「威嚇」を
  使ってはってんねえ・・・」


 あっ、私が「叱る」ことを否定しているとはとらないで下さい。

 私の周囲で某先生「大声で叱る」というのもしはります。

 私は若い人に「某先生の叱り方、見とけよ。お前は大好きだよ、というのがちゃんと伝わる叱り方やろ。あんなふうに叱れたらいいよね」なんて言ってました。

 ただし他の先生が叱っている時は決してそんなことは言いませんでしたけど。
−−−−−−−−−−−−−−−
追記
 上のエピソードの「ものすごく勉強してはる先生」は太田のステージを深く勉強されていました。その実践は私から見ればTEACCHに見える。ある応用行動分析家はTEACCHのうまくいってる実践を見て「これこそ応用行動分析だ」とおっしゃいました。

 そんなもんなんだと思います。




posted by kingstone at 10:29| Comment(7) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経験と戦略眼を持つスタッフとパートタイムの支援者

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、Oさん、どうもです。

 >個別の対応をするために、1番ロスが起こりやすい部分を、経験と戦略眼をもつ
 >スタッフがカバーし、後は汎用性のあるプログラムの組み合わせで対処する。

 ほんまねえ・・・
 特にアセスメントと基本的戦略の部分で思います。

 私は決して名人・上手ではありません。

 そしてアセスメントも下手やし、どっちかというと「下手な鉄砲も」になっているところがあります。

 ほんま定期的にコンサルテーションして下さる方が欲しいです。(ある意味でネットワークを強引に使ってコンサルテーションしてもらっているところはありますが、これこそゲリラですよね。で、アセスメントの部分は無茶弱いし)

 もずらいとさんの送って下さった調査報告の中にTEACCHのパートタイムスタッフの話がありました。正規スタッフだけでは手が回らないから、ボランティアのスタッフを作り、研修を積み現場への援助に出向くわけね。

 パートタイム(非正規)の人でもできるんですよね。



posted by kingstone at 10:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする