私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年05月27日

「視覚支援を何のために使うのか」のつけたし

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 kingstoneです。

 「自主研修会 視覚支援を何のために使うのか」のつけたしです。

 昨年の私の学年では、

1.「本人にわかりやすくする」

2.「本人が少しでも自立的に動けるようにする」

3.「本人の自発的な表現を少しでも増やす」
  (こちらに本人の考えていることがわかる)

を考えて様々な取り組みをしたわけです。で自主研修会でビデオを
見て頂いた方も「すごくいろいろなことをやっていたんだあ」という
感想を述べてはりました。

 しかしその時、学年以外の人から見ていてどう見えただろうか、と
いう話になりました。たぶん、1.2.3.の意図は外部からは全然
見えず、「嫌なことを納得させずにカードを見せることで無理矢理動かして
いる」というふうに見えていたのでは・・・と思います。

 「なぜまずカードが出て来るの。人間と人間の関係なのに」という
疑問に代表されるわだかまりがみなさんの心の中に芽生えていたと
思います。

 でも、まあ、

「なぜカードなどを使ってきたか、という根本的な所とかカードを使うこと
 でかえって人間関係が良くなるのだ、というあたりは外部の人にわかって
 もらうのは無理ですよ、少人数で少しずつやっていくしかないんじゃない
 でしょうか」

というのは昨年の新人Bさんの言葉です。

 つけたし

 「人間関係の重要性」を主張される方も、でも「人間関係を作ったら嫌な
こともやらせられるんだよ」という主張では無いと思いますし、嫌なことが
あるなら、好きなことになってもらえるようなこちらの努力や、どうしても
嫌なら避けてもいいんだよ、ということができるようにしないとなあ、とは
思います。

(嫌なことをやった時にはその嫌だけど頑張った気持ちを受けとめ、
 頑張ったね、ということを返してあげよう、というのは賛成します。
 でも、だから嫌なことやわからないことをそのままさせ続ける、
 ということに私は反対なわけですね)



posted by kingstone at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くせになる。パターン化する。

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 > 1日目 わら半紙のテスト時程表に非常に小さく時計をかき足しました。
 >     S君は普通に軽くタッピングして納得しました。
 >     Sに関係のない部分もあらわしてあったのですが、これに
 >     対し、S君は間違いを指摘しました。それにバッテンを
 >     して、「君は関係ないよ」と伝えると納得しました。

 わあ、えらいなあ。
 ちゃんと間違いが指摘できるんだ。

 >     もう一人の先生が
 >     「これは、私がかまってあげなかったから。時計は関係ない。
 >     くせになるからいけない」とえらい剣幕で言ってきたので中止
 >     しました。すると、S君は時程表の紙をガリガリと鉛筆で塗り
 >     つぶし、それを責められると、今度は紙を破り、丸めて床に捨
 >     てました。(中略)

 ためいき・・・

 ところで「くせになる」って・・・
 保護者の方でも「パターン化しないで下さい」という要望を出しはる
方もおられます。

 「くせ」「パターン」・・・別に鋳型にはめようとしているのでは
ないのですよね。本人が楽に生活できる手段を考えようとしている。
○○さんの時計にしても、私のやってる自立課題活動における
ワークシステムにしても、はたまた移動のさいにカードを使うことに
しても。

 で、少なくともTEACCHではパターンを崩していくこともちゃんと
指導の中に入れている(「コミュニケーション指導法」の中にあり
ます)もちろん、ずーーっと必要な支援であるならそのまま使って
いいよ、ではあるわけですが。
自閉症のコミュニケーション指導法―評価・指導手続きと発達の確認/リンダ・R. ワトソン

¥4,725
Amazon.co.jp

 しかし「くせになるからだめ」「パターン化しないで」と強く
要望されたら、最初の「まず楽にできる方法を探る」ということが
できなくなってしまい、つらいっすねえ・・・

 でも教育というのは実は「くせをつける」「パターン化する」に
違いは無いような気もするな。例えば先生が話し始めたら生徒は
口を閉じる、とか、チャイムまでは座っている、とか。

 で、その「くせ」や「パターン」のレベルが実はひとりひとり違って
いいのだ、ということを周囲に理解して頂くことが必要なのかな・・・
なかなかたいへんやなあ、と思います。

 >・普通の人なら、「ああいやだなぁ」とぼやいたり、「あとどれくらいか
 > な、長いなぁ」とぶつぶつ言うことができるが、自閉症の人はそれがで
 > きにくい。見通しをつけてあげなければ、爆発してしまう。
 >・時計で終了時間を示してあげることは、苦痛な時間であれば、そして本人
 > が示して欲しいとあきらかに訴えているならすべきことである。
 >・見通しを示してあげることで、最大限に我慢してくれてることをもっと評
 > 価してもいいのではないか。
 >・それをしないで、表現に問題があることを責めたら、かえって問題行動を
 > 生み出すのではないか。

 まったくその通りやと思います。


posted by kingstone at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好きかどうかわからないことへの参加をカードでうながすこと

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


※他の特別支援学校の先生とのやりとりです。

 ○○さん、どうもです。
 kingstoneです。

 >え〜と、kingstoneさんの自主研修会のお話のことです。カードを
 >移動先を伝えるためだけに使うのは、間違っていると言う話、移動先とそこでの
>活動が本人の望むコトコトなのか、ということを考えないといけないというと
>いうこと。
 >
 >1.2.3も分かるのですが、実際学校では、一時間目体育館で体育、
>二時間目どこそこの教室で課題別というような一日の流れがあって本人の
>望むと望まないとに関わらず行かなければならないと言うことが多いと思う
>のですが。

はい、そうですね。

 で、私の発言もすごく誤解をまねきやすいところだと思います。

 で、○○さんの引用にもありますように「だけ」に使うのは違うよ、と私は思っているわけです。

 >どういう訳か、いやだーと言っても、絶対あきらめて行ってくれるので助
 >かってます。嫌だけど、行けば何しに来てるか分かっているので、そのとき
>には、納得して参加できると言う感じです。
 >
 >始めは、そんな感じでやっていて、分かることが、主体的に参加出来ることに
>つながるというのも感じているこの頃なのですが。

で、参加している時に納得してくれているのならいいですね。
 私の周囲では納得できない場合もいやいや参加してくれていることが多いような気がするのです。

 で、いやいやかどうか、本人にストレスがたまっているかどうかは、注意深く見ているとわかりますよね。で、初回は仕方がないとして、では次回からは授業や集会どこを変えたらいいだろうか、とかスケジュールの提示が本当にわかっているのか、とかいろいろこちらが考えていかないといけないことだと思っています。

 しかし、それをせずに「我慢しなさい」だけでずっときている時間が私の周囲には多いような気がしてね。で、私自身もそうだったりするわけです。

 >もちろん、命令に従わせるだけに使うものではないですが、今、私は、大半
 >そういう使い方をしていて、学部集会とか、カード見ただけで嫌がって、
>キーと怒ったりするのだけど、だめだめとカードを提示し続けるという
>ことをしています。

これなんですけどね・・・私も自分の学校で似たようなことはあるわけです。
 でその時にね・・・なぜ学部集会が嫌なんだろう・・・そもそも学部集会が必要なんだろうか・・・と最近あれこれ考えるようになってきたわけです。

 私、世の中ってものは「そうでもあり、そうでもなし」だと思っているのですね。つまり「学部集会は必要」でもあり「学部集会は必要なし」でもあり。

 で「学部集会は必要なし」を考えてみると、確かにそういう集会って社会に参加する時にあんまし関係ないなあ、と最近思えるのです。必要なのはほとんど「学校文化」においてだけじゃないかなあ、なんてことを考えてしまいます。

 もちろん「集会」を魅力的にしていく努力も必要だし、現在私は「集会」が少しでもわかってもらえるように「視覚支援」をしようとしていたりしますが(「行事の視覚支援」の話を書いた頃は○○さんはまだ見ていなかったかな?)

 それから、私は朝日新聞厚生文化事業団の出しているビデオ(今はDVD)の「教師のためのTEACCHプログラム」でTEACCHで指導している学校に転校して来た子がまず教えてもらうのがゴーアウェイの使い方だ、というのに感動しました。

 自分が嫌な活動がある時にカードなりコミュニケーションボードなりで「出ていきたい」というのを示してカムダウンエリア(心を落ち着ける場所)に行く、という方法を教えるわけです。

 で実はこれは「じゃあ、嫌なことはしなくていいのか」という反論が出そうです。

 佐賀大学附属養護の服巻先生の実践のビデオだったかスライドを見せて頂いたことがあります。そのお子さんは嫌な活動に入れず、教室の外のイスに腰掛けています。

 で、そのイスの位置がだんだん教室に近くていいようになり、ついには教室に入って一緒に活動できるようになった、という例でした。

 これは私の体験にも近いものがあります。

 「本当に嫌なものなんかしなくていい」と思った上で、でももし良かったら参加してみたら、というふうに常にオープンに思っていたら、そしてその活動が本当にいいものだったら、「大丈夫」と思えたら最後には参加してくれるんじゃないか、と思っているんですね。

 もちろん「耐えさせて」「我慢させて」楽しさがわかっていく、という道もあると思います。しかし、私は最近は逆方向の、まず嫌なことは避けてもいい、というところから出発してみたいなあ、と思っていたりします。(どっちの道もあると思います)

 ところで、この夏のTEACCHの研修で、髭のジャック に「Go away の使い方について」聞いたら、「?いったい Go away って何だ?」とキョトンとされてしまいました(爆笑)

 私、ビデオで見て感動していたのに、むこうではあんましポピュラーじゃないのかしらん・・・・

 >それは、提示されるばかりではなく、先生に対して自分から同じように
 >カードを提示したりすることが自然に出てきたからです。

 わっ、すごいですね(ニコ)
 これが出てくると嬉しいですね。

 >なんだか、やっぱりキーボードを打つのが苦手で、打っているうちにわけ
 >わからんようになってきてしまいました。すみません。

あはは、お気になさらずに。
 でまた、たぶんすごく時間をかけて打って下さったことと思います。
 無理はなさらないでね。
posted by kingstone at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FF大学の学生さんから

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 FF大学の学生さんと話をしました。

 託児関係、及びその後の(できうればの)発展計画の話をすると、
是非ともやらせて欲しい、ということになりました。
(すぐにでもやらせて欲しいとのことでした)

 でですね・・・次回は無理かもしれないけれど、次々回くらいかは
「研究会」にも参加できそうだ、とのことなのですが・・・

 この託児担当をして頂けそうな方々(大学生)を「研究会」に
無料で参加させてあげたいと思うのですが、よろしいでしょうか。

 学生にとっては、交通費をかけて、1000円取られる、ってのは
結構痛いと思うのです。

 で、参加して頂き、勉強した上で託児をして頂けたらなあ、と
思うのですが・・・

 なお、彼にボランティアの料金のことを聞いてみたら、彼が行く
ようなのはたいてい「交通費」「昼食代」で、12時半から始めて
「お昼ごはんは食べてきておいてね」だとまあ1000円でもいいのでは、
ということでした。

 彼の場合は「無料でもそういうのだったらやらせて欲しい」と
言ってくれてましたが。




posted by kingstone at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボランティア募集に大学に行く

 大昔の話です。

 知的障害特別支援学校にいた頃。


 今日は校外学習で外に出た後、時間休で学校を出ました。

 で家電量販店で学校で使う視覚支援用チェキフィルムと研究会での
坂井聡先生のコミュニケーションファイルを印刷するための光沢紙を
購入しに行きました。

 帰りに、「そや、目の前が○○大学」と思いつき、
行って来ました。

 学生課の□□さんが対応して下さり、ボランティアサークルに
話をしてみて、□□さんか学生から連絡をするようにする、との
ことでした。

 「研究会」の案内も「ボランティア募集の事前調査」も持って
行って無かったので、自宅へ戻ってからまた持って行きました。

 さて、どうなるでしょうか。

 あと、△△大学・AA大学・BB大学に行ってみよう
と思います。

 それから、ボランティアさんに1000円渡す、ってのはどんなもん
なんでしょうね?例えば私の家から「福祉センター」に行くのに、
バス代200円、JR290円、往復で980円かかります。

 つまりその範囲のかつかつの交通費代わりということなのですが・・・

 先日ある方にお聞きした何かの時に預けるボランティアさんの
場合は時間1000円ということでした。でもいくらなんでもそりゃ
高いよなあ・・・(研究科の場合だと預かっている時間だけで
3時間だから3000円にもなってしまう)




posted by kingstone at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私自身への診断3.9

 私自身への診断4の少し前になると思います。

 校長からはボロクソに否定されていました。

 報告しようとしても
「君は私の話を聞かない。私の話を聞け」
と怒鳴りつけられ、相当困った話をえんえんと聞かされました。

・お前の特別支援教育が間違っている。
・自閉症の子も集会では列にみんなと並べてこそ喜びがあるのだ。
・ある保護者は虐待ではない。しつけだ。

その他その他。

 私の今までやってきたことをすべて否定し、校長である私の言う
ことを聞け、という感じ。

 ある日曜日、公園に息子達と遊びに行き、帰ろうとした時、
「明日学校だ」と思い校長の顔が浮かんで来ました。その途端、腕が
しびれ動悸がしてきました。「ああ、学校へ行けない」と思いました。

 月曜日に、ある集会の司会をする予定でした。
 夜、同僚に電話しました。偶然中学の同級生であり親しい仲でした。

「すまない。明日行けない。司会を私に代わってやってくれ。
 その後も学校に行けないかもしれない」

 話を聞いた同僚は「何故だ?」と質問をし、それが校長とのあれこれだ
と知ると

「それはもったいない。校長から暴言をはかれているのは職員全員なんだ。
 お前だけじゃないよ。お前の責任じゃ無いんだよ」

 私は全然知りませんでした。校長は職員全員に暴言を吐き、今で言えば
パワハラを行っていたのです。私は当時同僚と雑談するということが無く
なっていたのでわからなかったのです。

 受話器を握りしめたまま私は号泣していました。そして号泣したことで
心が軽くなり、また学校へ行こう、という気持ちになりました。

 この後、たまたま知り合いの精神科医に会う機会がありました。
 診察ではなく、まったくの雑談です。その中で私の症状などを言うと
「それはパニック障害。昔で言う不安神経症」とのことでした。

 パニック障害と言うと、心臓が止まりそうな思いをして救急車を呼んで、
というイメージがあったので「そこまでじゃないのだけど」と言うと
「程度はいろいろあるからね」とのことでした。

 なるほど、そういう診断でもあるのだなあ、と思いました。

 で、しばらくは登校(仕事)を続けられたのですが、「私自身への診断4」
に至るわけです。

 校長先生のパワハラですが、ご本人のもともとの性格ということでなく病気
のせいだったかもしれません。

 脳の血管の障害で倒れられ、治療をしておられました。

 頻繁に激怒して職員にあたっていました。

 また特別支援学級の児童の中学進学にあたって中学と相談しないといけない
ことができました。その時、校長がすぐに動いてくれ、中学に電話をかけ、か
つその足で校長・担任・児童が中学へ行き、相談し話をうまくまとめて頂きま
した。それは良かったのですが、その翌日校長が担任にこう言いました。

「昨日、私は何かしたっけ?」


 ドラマの「ER救急救命室」の中で「もともと腕がいいけれどアルツハイマ
ーにかかり、感情失禁で激怒したり記憶の抜けができる」という医者が出て来
ます。彼の場合は、自分で気がついて引退を決意するわけですが。

 彼がERを去ろうとするまさにその時、難しい患者が運ばれて来ます。彼は
見事に救命します。そして(まだ局面では力があるのに)去って行きます。

 校長の場合は「やめろと言われても、定年まで勤めきるのが責任と言うものだ」

と言っていました。

 しばらくして私は休職に至りますが、その間に管理職を除くすべての教員が
一致して連名で教育委員会に「校長を替えるか処分して欲しい」と直訴をする、
という異例の事件が起こります。

 しかし何も起こりませんでした。

 「校長の権限」「委員会からの校長への信頼」というものはそれほどまでに
強いようです。



 







posted by kingstone at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月27日(木曜日)

 おはようございます。

 今日も起動できました。

 空には厚い雲が覆っていますが、すきまは明るいです。

posted by kingstone at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする