私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年05月21日

目立ちたい けど 目立ちたくない

 ブログの「アクセス解析」を見るのは楽しみです。

 読んで下さる人がいるのは嬉しい。

 自分が「目立ちたい」のだ、と自覚したのは高校生の時。

 保健の時間に「発表させてくれ」と教師に言い、「前立腺癌」に
ついて発表し、黒板に男性器の絵を大きく描いてウケた時、ああ私
は目立ちたいのだなあ、と思いました。

 しかし片隅にひっそりしていたいのも本当。

 ブログランキングに参加していないのは「書いている内容にやば
い点がある」というのもあるし、あんまり目立っちゃいけない、と
いう思いもあります。

 どっちの自分もほんまですね。

 たいていの人にもそんな両面があるのかもしれません。


posted by kingstone at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「れもん」ボランティアさんへの話8「外へ出ること ガイドヘルプ計画」

 大昔の話です。

 今回は「講義」でなく「話」ですね。
−−−−−−−−−−−−−−−




1.自己紹介
   すでに何度かやった人は、感想。特に
      1.「へーっ」とか「ありゃりゃあ」とか予想と違っていたこと。
      2.「むつかしいなあ」と感じる点。
      3.「楽しいなあ」と感じる点。
   (あっ、3点全部に答えようとしなくていいです。1つでも結構ですので)
   初めての人は自己紹介

2.コーディネートの方針
   1.できるだけ多くの人に体験して頂く
   2.着替えのこと
   3.研究会に行く人

3.TASのボランティアの手引きを見ながら



4.ガイドヘルプ計画
   一緒に外に出ることについて(生活地図)
   夏は失敗 冬もできないだろう
   AAOのこと
      2人一組でつく必要性(私の体験・・息子のこと)
   来年度は・・・・

                              生活地図
−−−−−−−−−−−−−−−
 生活地図ってのは、まず真ん中に家を描き、周囲に出かけるところを
書いていき、どれだけ外(外部資源)に行っているかを描く図のこと。
こんなものです。

http://web.kyoto-inet.or.jp/org/atoz3/kuni/map/map.html




posted by kingstone at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私自身への診断2

 昔の話ですが。

 1軒目のクリニックにこりゃ行けないわ、と思って次に行ったのが昔から
名医と言われたDr.のやってはるちょっと遠くにあるクリニック。名医という
か・・・

 大昔には「精神科医はちょっとのいいお医者さんとたくさんのよくない
お医者さんがいるんだ」と聞いていて、その「いいお医者さん」と噂され
ていた方です。知り合いが大昔にうつになった時に、私がそのクリニック
を勧めたら一発で良くなったこともあります。

 クリニックに行ったらお客さん(患者さん)が満員でした。随分待たされ
てからまずケースワーカーさんの聞き取り。30分くらいかな。

 で、しばらくしてからやっと診察。

 知らなかったのですが、そのクリニックは複数のお医者さんでまわしてい
て、病床は無いけどまるで病院のようなシステムになっていました。で、私
は噂の名医じゃない方との診察。

 ワーカーさんに言ったことをもう一度繰り返した感じ。正直きつかったで
す。

 でお医者様の言ったのが

「私は環境を変えることはできません。薬は出せます。以前のクリニックで
 でたパキシルをお守りでなく、毎日飲んで下さい。」

 そうなのか、と思ってパキシルを飲み始めました。

 まあ「環境を変えることはできません」は、その通りかな、と思ったので
す。現実原則ってやつか。自閉症の人への対応なら「まず環境を整えましょ
う」と私なら言うところですが。

 でも休みは欲しかったな。
 お医者様の判断として「休む必要は無い」ということだったのかな。

 あと睡眠導入剤(?)は1回目からあったのか無かったのか、記憶はあい
まいです。

 パキシルを飲み始めても睡眠はうまくいかなかったのは覚えています。

 効果的にはしばらくして「あれ?頭の緊張が幾分かましになってるかな」
とは思いました。これってプラセボ効果なのだろうか?でもまあうつの症状
にはあまり改善は見られなかったかな。

 診断名については特にはおっしゃらなかったし、聞きもしませんでした。








posted by kingstone at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「れもん」ボランティアさんへの講義7「保護者からの話」

 大昔の話です。

 ボランティアさんへの講義というか話は、この回は
「保護者からの話」でした。ペアレント・トーク(Parents Talk)ですね。

ボランティアグループ「れもん」(何回目?)

 レジメには「保護者からの話」の部分は何も書いていません。
 後ろに発作について書いてあります。発作のあるお子さんもボランティアさんに
お任せしていたわけです。
−−−−−−−−−−−−−−−
講義


1.ペアレンツトーク
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・


2.発作について
   ・横向きに寝かせて安静(よだれや嘔吐物が気管につまらないように)
   ・できれば始まった時刻、続いた時間を確認(自分が落ち着くためにも)
   ・側にいる人に「kingstone」「保護者」に連絡を取ってもらう。
     プール中は「保護者」(研究科をやってる部屋に階段を使って走る方が早い)
         ※口に物を突っ込まない

3.連絡事項
   ・参加者ファイルは部屋から持ち出さない。

4.次回は○月○日(日)
posted by kingstone at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「れもん」ボランティアさんへの話6「なぜれもんを始めたのか」

 大昔の話です。

 この回は「講義」じゃなくて「話」になっています。
 これだけじゃ、なんのことかはわからないかもしれませんが。
−−−−−−−−−−−−−−−



1.れもんをなぜ始めたのか
   1)知的障害養護学校で
   2)TEACCHとの出会い
      さぼりやない、なまけやない・・・
   3)私のやってきた研究会
      実践を重ねてそれなりの成果は出たけれど学校だけでやっていても・・・
      教師が代わると・・・IEPの必要性・・・保護者が学習する必要
   4)レスパイトの必要性
      ボランティアさんがいない・・・
   5)メンバーとの出会い
   6)活動
      4月からの定例(2月の練習会)   4月のSOS
      5月の支援ネット2000
      8月の支援物制作会        8月の失敗
  
2.れもんを始めて
   1)保護者がびっくり(私への理解)
   2)保護者会や支援物制作会の取り組み
   3)保護者からボランティアへ、そして教師へ

3.私が得ているもの、みなさんが得ているもの
いかにマネジメントするか・周囲の理解・元気・

4.今日の予定など
−−−−−−−−−−−−−−−
もういちいちリンクははりませんが。過去に書いてきたことをひっくるめて
という感じですね。



posted by kingstone at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人手がいると言うけれど

 これは「ふたつめの「月がまわってくる」〜自閉症・発達障害支援会社社長のブログ〜」の

つきっきり
午前中始まる

から。

 特別支援学校でも特別支援学級でも通常学級でも、人手を増やせ、人手を
増やせ、と教師からも保護者からも要求されることは多いのですが・・・

 もちろん人手が欲しい場合もある。

 しかし、環境を整えればうまくいくことも多い。

 まあそのためには

「何がわかるのか」
「何ができるのか」
「何が好きなのか」
「何をやってもらい、何をしなくてもいいと考えるか」

 なんかがわからないとできないわけですけど。

 環境を整えるのにお金がかかる?

 教師一人(平均?かどうかはわかんない)直接の人件費が年500万円として、
裏でかかる費用も含めると1000万円??それが毎年。

 もちろん直接の人件費がもっと安い人、高い人、いろいろですけど。

 しかし環境を整えるよりは随分高い。
 環境を整える方ははるかに安い。

 かつ「人頼みで動く」を続けていると、卒業後は確実にそれはできなくなる。
(って、それは本人さんにとって本当はいいことだったりしますが)

 で結局は人手をかけるより環境を整え、自分でできる方が、本人さんのために
もいいことだったりします。

 特別支援教育担当者は人手がなくてもできる方法を考えるのもいいかも。

自閉症の人(?)の働く場
たった一人のために「自閉症の人(?)の働く場 続報」











posted by kingstone at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月21日(金曜日)

 おはようございます。

 今日も起動できました。

 明るい曇りです。


posted by kingstone at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする