私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年03月16日

就学前施設で

 大昔の話です。

 知的障害養護学校2年目の終わり頃かな。
 もうTEACCHについて知って、少しあれこれやり始めた頃です。

 就学前施設に「本校の教育」という題で話に行ってくれ、と依頼されました。

 断りました。だって「本校の教育の主流は威嚇と暴力です」って言ってはい
けないという「暗黙のルール」は感じていましたし。かといって「本校の教育
はこんなにすばらしい」なんて嘘はつけない。

 でも頼む、と言われ「「本校の教育」でなく「TEACCHについて」だっ
たらしゃべれる」と言うとそれでいい、と言われました。(しかしよく許可が
出たもんだ)

 で、就学前施設の保護者にTEACCHについて話しました。
 自閉症の特性、個別の対応、目で見てわかるように、などということだった
と思います。

 話し終わるとすぐに園長先生が発言を求められ
「この園には自閉症の子はいません。対人関係に問題がある子がいるだけです」
とおっしゃったのは時代ですかね。

 自閉症の子はいないはずですが、後で何人かの保護者が情報を求めていら
っしゃいました。

 ずいぶん後年、その園に行ったら「TEACCHroom」みたいなのができ
ていました。診断は当然あって、という話になっていたのでしょうね。



追記

  この園長先生、かなり「憤然」とした様子で私に「抗議」してました。
  なんでだろう・・・
  うちの子たちは「自閉症(今で言えば自閉症スペクトラム)」なんかじゃない!!
  という子どもへの「優しい」心??
  それとも「親御さんをがっくりさせてはいけない」という親御さんへの配慮??
  当時も今も、私はとっても変に感じます。

自閉症の人と「TEACCH」とか「PECS」とか「療育」とか

から、診断名を告知した後の髭のジャックの言葉。

 ジャックは親に対して重度の自閉症だとはっきり言った後、

「これは一生のものだ(life long)、おそらく生涯に渡って自立は不可能だろう」

とまで説明したので私もちょっと驚きました。当然のことながら、母親は泣き出してしまいました。ジャックは

「あなたが思っていたより悪い結果か?」

と聞き、母はうなずきます。

「これは確かに良い知らせではない。でも我々はずっとAのことも親御さんのことも必要なだけサポートする用意がある。まず自分のことを大事にして欲しい。 あなたが必要と思うだけ話はできる。後で疑問に思ったり、聞きたいことがあったらいつでも電話してくれ。私がいなくても子どものことを知っているセラピス トがあと2人いる。3人のうち誰でも相談にのる」

と言った後で、今度は別のセラピストから

「どこそこの幼稚園に自閉症のクラスがあるから、そこだとTEACCHセンターが援助できる。また自閉症の親の会に入ると親同士で助け合ってあなたにも きっと役に立つだろう」

などと説明されます。ジャックも親の会に入ることを薦め、

「我々は自閉症の専門家だから、自閉症の子どもをどう援助するかについてあなたに助言することはできる。でも自閉症の子どもを持つことはどういうことかに ついては、何も言えないのだ。親の会には素晴らしい人がたくさんいる。彼らも今のあなたのようにつらい思いをしたことがあった。きっとあなたの力になって くれるだろう」

と締めくくりました。ジャックはいつも診断の最後に親に向かって

「自分のことを一番大事にするのが大切だ」と説明します。



  いったい園長さんは、何をしたかったのだろう?

posted by kingstone at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子ども自身が周りに伝えてくれることもある

 大昔の話です。

 私がTEACCH的な取り組みをしていた時。

 ある先生がいました。私とは肢体不自由養護学校(特別支援学校)時代
からの仲良しでした。

 この先生、すごい先生です。

 肢体不自由養護学校に赴任して来られたばかりの時、ある緊張の強いお
子さんに食事介助につきました。周囲の先生は「この子は緊張があって大
変やから」と事前に助言しました。「あら、そうなんですか」と言って子
どもの前に座ると、そのとたん子どもが緊張を解いてすごーく楽そうに食
事介助を受けました。

 知的障害養護学校で。なかなか多動でいろいろたいへんなお子さんと。
手をつなぎ歌を歌いながら、めっちゃ楽しそうに散歩をしてました。

 ってわけで、この先生ご自身は自閉症のお子さんとのつきあいも、特に
困っておらず、特に勉強される、ということもなかったように思います。

 で、私が写真やカードで子どもとやりとりしている様子を見て、主とし
て「どこかへ行ってね」のところかな、見せて無理矢理やらせてる、みた
いに思われたのか、しかめっ面をしてはりました。

 ある日、コミュニケーションブックを使って表現コミュニケーションを
するお子さんが、その先生にブックの中の写真を指さして何かを伝えまし
た。

 その先生、はじめて笑顔で「あれってこんな使い方すんねんねえ」と言
ってくれはりました。

posted by kingstone at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベッテルハイムとショプラー

 閑話休題的に

 ショプラーはベッテルハイムの弟子だった。

 これは2ch的に言うと「これ豆知識な」というところですね。

 「ベッテルハイム ショプラー」でググるといろいろ出て来ます。

 あの自閉症の保護者、特に母親を無茶苦茶に傷づけたベッテルハイム。
 (Wikipediaでもいろいろわかります)

 TEACCHを作ったショプラー。

 ベッテルハイムに反論する論文を書いたために、ショプラーは泣く泣く
ノースカロライナという「地方」に行かざるを得なかった、という話も
あります。それが良かったんでしょうね。シカゴなんていう大都市だと
(ってどのくらいの規模かわかりませんが)あの方法もあるこの方法も
あるってTEACCHのような地域全体を巻き込んだやり方はできなか
ったかもしれない。


posted by kingstone at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学部の威嚇と暴力はどうなったのか

 大昔の話です。

 知的障害養護学校(特別支援学校)から異動した話を書いてしまい
ましたが、まあまだ中にいた時のこともいろいろあります。

 中学部の威嚇と暴力についてはどうなったのか。

 若者達にはあれこれ言ってましたから、威嚇と暴力は無くなって来
ました。例えばこんな具合。

 ある自閉症の生徒が若者Bのメガネを取った。若者Bは、一瞬手を
上げようとしたが、私に気づいてはっとして手を下ろした。

 ・・・って、全然根本的な解決になってない(^_^;)

 まあ、この時は笑いながら近づいて
「あんなあ。困った時は、困った、って伝えてええねんで」と伝えま
したけど。

 でも確かに若者達は威嚇と暴力を使わなくなっていったようです。

 頻繁に暴力を使う先生はどうだったか。私よりかなり年上だったの
で、私からは言いにくかったです。

 学年も違っていたのですが、たまたま私がいた時に給食のお盆で
自閉症の生徒の頭を叩こうとしました。私はおどけた風を装って「おっ
とっと」と言いながらそのお盆に手をそえ叩けないようにしました。
するとお盆から手を離し、素手でパコンと叩いてはりましたね。

 私にできたことはそれくらいです。

 後年、以前書いた「私と同じように変わった先生」が中学部でリーダ
ーの立場になりました。「あの頻繁に暴力を使う先生、どうしてる?」
と聞いたら「大丈夫。私の目の届かない所に行きそうになったら、○○
先生!(ニコニコ)こっちおいでよお!(ニコニコ)って具合に目の届
く範囲にいてもらってるから暴力振るわないよ」と言ってました。

 現実的な解やなあ、と思いました。

 不安になられてはいけないので書いておくと、もう退職されたと思い
ます。

posted by kingstone at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

応用行動分析

 私はよく応用行動分析という言葉を使っています。でも正式な研
修や訓練といったものは受けたことがありません。パソコン通信で
の「耳学問(目学問か?)」や、2〜3の本を読んだだけです。

 私の知っていることといったら

「ある行動をした時に、その人にとっていいことが起これば、その
 行動は維持される、あるいは増える」

くらいです。これはまったく正しいと思います。

 応用行動分析もいろんな名前がついていますね。

 行動療法
  ↓
 行動分析・行動変容
  ↓
 応用行動分析

といったあたりでしょうか。

 昔その関係の本を読んでいて「同性愛の人も(本人が希望すれば?
周囲が望めば?)治せる」みたいなことが書いてあって無茶苦茶怒っ
たことがあります。まあその方は障害児教育で成果を上げているよう
だったので、他の部分を我慢して読みましたが。

 当時のパソコン通信では感想として「私は自然の前で謙虚でありた
い」と書いたと思います。

 なんか「治すようなことでないものを治そうとしている」と感じた
のでしょうね。もう今ではそんな記述、無くなっているかもしれませ
ん。

 あと、一部の方には、何でも机の前に座って1対1でお勉強、みた
いな感じで身につけさせようとされる方もいるようで、それは違うな、
と思いました。

 「本人にとっていいこと」が起こる、あるいは授業で取り扱ってい
ること自体が「本人にとって楽しいこと」である、ってのが大事で、
「お勉強」としてやられると「本人がしたくもないこと」「本人が嫌
なこと」が混じってきてたいへんになると思います。

 私が「何かがおかしい?(A君の音声言語表現について)」で書い
ているような指導は応用行動分析的だと思うんですが(?TEACC
H的?よくわかんなくなってきた・・・)ある生活の局面だけのこと
だと思うのです。生活の間中ずっと、そういったねらいがあったら、
それはしんどい。

 とか何とか言いながら、TEACCHの背後に応用行動分析の考え
が「常識」としてあるのは事実だろうし、大事な考え方だと思います。
ハルヤンネさんの「得する体験」も同じだと思いますし。

 最後に私が感動してぞくぞくしながら読んだ本。

応用行動分析学入門―障害児者のコミュニケーション行動の実現を目指す/山本 淳一

¥3,780
Amazon.co.jp


 読んだ当時の感想はこちらに書いています。

posted by kingstone at 16:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パソコンが調子悪い

 パソコンが調子悪いです。

 秀丸エディタで書いてたら、急に応答が無くなったり。

 頻繁に上書き保存してます。まるで昔のMacみたい(^_^;)

 いろんなところにガタが来てるんだろうな。
 あり、このAmebaのエディタの方が反応がいいか。

posted by kingstone at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

効果が無かった(?)話

 大昔の話です。

 教室の側にカーテンで仕切られるようになった小さな空間があり
ました。たぶん着替え用に作られた空間。私はそこにソファ(どっ
かでただで貰って来た)を置いて休憩場所(カームダウンエリア)
として使っていました。

 そこを利用する生徒がソファの上に立ってカーテンレールにぶら
下がるということをやり出しました。カーテンレールが壊れそう。

 そこで彼がソファに座っている写真とソファに立っている写真を
撮り、座っているほうに○、立っている方に×をつけてカーテンレ
ールのところに貼り付けました。

 これは即効性は全然無かったです。

 2か月ほどしたら、彼はソファに立たなくなりました。
 写真は貼ったままでしたが、その効果かどうかはわかりません。
 この場合は無かったのかな。
posted by kingstone at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泣いた自閉症児が笑った話

 大昔の話です。

 私はTEACCHを中心として学習する研究会を立ちあげ、その
後、その研究会に参加される家族のために託児ボランティア(って、
その研究会だけのためではなかったですが)を始めました。

 その託児ボランティアの時の話。

 託児活動が終わり、保護者への引き継ぎが終わった時。

 ある一人のお子さん(支援学級在籍)が泣いて動けなくなってい
ました。お母さんにうかがうと、そのお子さん、帰りにデパートに
寄ってエスカレータに乗るのが好きなのですが、その日は都合が悪
くて行けないということ。研究会に来てるくらいのお母さんですか
ら「見せて伝えよう」と「デパートには行けません」というのを文
か絵で描いて見せたのだが、泣き出して動けなくなったということ
です。

 お母さんは言葉では「明日行くのに・・」とおっしゃってました。

 そこで私は「明日行く」というのを確認、念押しした上でこんな
絵を描いてその子に見せました。

デパートのロゴに×
  ↓
  家
  ↓
ふとんで寝ている絵(お月様も描いたかも)

右隣に列を変えて

ふとんから起きてる絵(お日様も描いたかも)
  ↓
デパートのロゴ

 そのお子さんは一発で笑顔になって帰って行きました。

 これは「楽しいことがあるとわかれば我慢できる」例とも言える
し「×には○を」の例かもしれないし・・ちょっと違うか。

 まあ、そんなこともありました。


posted by kingstone at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「おめめどうの商品」で書き落としていたこと

 「おめめどうの商品」というエントリーで、書き落としていたな、
ということを。

−−−−−−−−−−−−−−−
 逆に言うと、工夫してやって来られた方は、「おめめどうの商品」
が無くてもできなくはない。でも、使い出すといろんなことが随分
楽になる、というところかな。
−−−−−−−−−−−−−−−
なんてことを書きましたが、確かに自閉症の人に対して良き実践者の
方は、「おめめどうの商品」なしでもいろいろやれちゃいます。

 しかし、それを「普通の人」に引き継ごうとする時、そのやり方の
多くが引き継がれないままになることが多く、それでは自閉症の人が
困ってしまう場合も多いかと。

 そういった時、おめめどうの商品群があると、まず形として引き継
がれやすい。そして使っているうちに「考え方」(見てわかるように
伝える、選択活動の重視、×には○を・・・etc.)がわかるようにな
る、そういうメリットがあると思います。
posted by kingstone at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんかいまいち

 なんか体調いまいちです。

 って、これが普通。
 単なる寝てばかりによる「運動不足」かもしれない。
 これはかなり当たってそう。

 ブログにこんなこと書くのは
「見て、見て。私ってこんなに体調悪いんだよ」
と注目を集めたいだけかもしれない。

 ははは、ですけど。
posted by kingstone at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月16日(火曜日)

 おはようございます。

 今日も無事起動できました。

 外は薄日が差していますが、寒くなるとか。
posted by kingstone at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする