私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年03月15日

おめめどうの商品

 って、この流れで何でそうなるの?かもしれませんが(笑)

 おめめどうの商品群はまず「価格」が十分に安い、というのがち
ゃとした「商品」になっているところだと思います。

 「使い方がわかる」という点ではどうでしょう。コミュニケーシ
ョンメモ帳
などは、今まであれこれと工夫して目で見えるやりとり
をしよう(こちらから伝えるだけでなく自閉症の方本人からの表現
を大事にしよう)とされて来た方なら使い方は一発でわかると思い
ます。

 逆に言うと、工夫してやって来られた方は、「おめめどうの商品」
が無くてもできなくはない。でも、使い出すといろんなことが随分
楽になる、というところかな。

 じゃあ思いはあっても今までうまくいってなかった方は?
 「ふたつめの「月がまわってくる」」や「popoのぶろぐ」にも使
っている様子が一部出ています。それだけ読んでも感動的です。し
かし「字」や「単語」や「文」がわかり、書ける人じゃないとだめ
なのか、と思われるかもしれません。(「字」や「単語」や「文」
については、また書きたいと思います)

 おめめどうさんが直接屋台(?ってどう言ったらいいんだっけ)
で販売する時には、コミュメモを実際に使っておられる方から送ら
れて来た使用例がクリアファイルに入れたものがあって、絵や写真
を貼ってやりとりされているのがあってめちゃ分かりやすかったで
す。しかし、あれは「期間限定」で、その時だけ許可を得て公開し
てあったものかもしれません。そういう方がネットでブログなどで
うまくいってる様子を教えて下さるといいのですが、他人が言える
部分では無いですね。

 巻物カレンダーについては「巻物カレンダーのある暮らし」でま
とめられています。

「効果」はどうか?

 どの商品もすごくあると思います。

 ただし(私は、ただし、が多い(笑))周囲の思いで従わせよう、
指示するのみに使おう、たって効果は無いと思います。

 目指すは本人さんの「居心地のいい暮らし」ですから。

 そこらへんの考え方は、おめめどうで売ってる書籍やe-book(あれ?
今e-bookのサイトに入ろうとしたらリンクが切れてる?)の出番とい
うことになるのかな?これは安い。

 使い方、考え方はハルネット(有料メーリングリスト)では答えて
もらえることは確実です。でも内容を知らない人は誰でも「価格」に
躊躇するかも。内容を知ると、サービスと価格のコストパフォーマン
スで言うと十分商品になっていると思います。

 無料で雰囲気だけ掴みたい方はおめめどう通信のバックナンバーは
こちらで無料で読めます。

 裏にある考え方や心を知らなくては使えない、というのは、実は
TEACCHや応用行動分析でも同じかもしれません。全然TEACCH
的でも応用行動分析的でも無い言い方ですが。

posted by kingstone at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品

 肢体不自由養護学校時代にパソコンを始めとした様々な機器を導入
しようとしていた頃。

 よく仲間と「これは商品になってる」「なってない」などというこ
とを話していました。もちろん自助具として使えるかどうかは大事。

 それとともに「いかに簡単に使えるか」ということと「値段」とい
うことが、大事でした。「値段」は「コストパフォーマンス」という
ことになるのかな。

 いくらいいものでも高すぎれば購入に躊躇してしまうし、継続して
使うことも難しくなる。

 そういう意味では当時、肢体不自由児・者にパソコンであれこれや
ろうという時、Macという選択はたいへんリーズナブルだったと思
います。

 一番最初の本体価格は、同程度のNEC98やDOS/Vマシンより高めだっ
たのですが、入力装置を購入しようという段になると値段が安く豊富
な中から選ぶことができました。(自作すりゃいいじゃん、という意
見もありましたが、自作は材料費は実費ですみますが作るのには知識
も時間も必要です)

 いかに簡単に使えるか、という点になると当時、こうしたら使える
という情報はMacの方が、ユーザーグループなどが活発で他よりはるか
に多い情報がありました。

 またアップルディスアビリティーセンターのような会社(部署?)
もありましたし。

 Macは全体として「商品」になってましたね。

 少し後になってくると怒濤のDOS/VそしてWindowsの時代に入ってい
き、情報もネットでどんどん入ってくるようになります。入力装置も
どんどん安いものが出てくるようになってきます。
posted by kingstone at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商売あるいは商売人

 私の父は商売人です。
 そのことに誇りを持って来たし、私のアイデンティティにもなっ
てます。私は商売人にはなれなかったけど。

 ドラゴンクエストV(私がやった唯一のRPGロールプレイングゲー
ムです)をやる時には、必ず商人を仲間に加えました。魔術師なんか
の方がレベルは上がりやすいという情報はあったのですが。やっぱり
商人へのリスペクトの方が強かったので。

 ドラゴンクエストVが出たついでに思い出を書くと、ある時、進め
なくなったことがありました。肢体不自由養護(特別支援)学校時代
だったのですが、ゲームが好きだという筋ジストロフィーの生徒(普
段関わりの無い生徒でした)に状況を説明し、教えを請うたことがあ
りました。彼はしゃべるのもしんどそうでしたけど「池を探せ」と教
えてくれました。正解でした。やっぱり好きなことは詳しくなるので
すね。で、そこでもって話ができる。

posted by kingstone at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフェリエイト

 私も、最近、アメブロの使い方がわかってきて、本やDVDをイ
メージつきで紹介しています。ごっつい便利。

 で、アマゾンからの情報だと、アフェリエイトって言って、そこ
をクリックして注文が成立したら私にも紹介料が頂ける仕組みがあ
ることを知りました。

 ふむ、私は紹介したいし、もちろん購入したい人にも便利。そし
て少しでも紹介料が入るならありがたい。私、無職だし。

 で、アマゾンアソシエイトっていう所に行ってみましたが、う〜
ん、今までと本やDVDのイメージが変わってしまうのか?今の形
気にいってるんですけど。

 やっぱりやらないかもしれません。
 やるかもしれません。

 ま、変わるかもしんないし、変わんないかもしれません。
 そこんとこよろしく。
posted by kingstone at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視覚支援を断られた例

 って私の長男なんですけど・・・

 中学生になってお弁当になった時。

 いつも弁当箱を鞄に入れたまま出しませんでした。
 妻は何回か普通の声で「弁当箱出しよ」と言うのですがなかなか
出しません。ついに大きな声で
「何遍言われたらわかるん!はよ弁当箱出し!」
で、長男が無言で弁当箱を出す。

 これがくり返されました。

 で、私が
「帰って来たらすぐ見えるところに「帰って来たらすぐに弁当箱を
 出す」と書いて貼っておこうか?」
と提案したのですが長男に激しく拒否されました。

 結局、以後6年間、あまり事態は変わりませんでした(^_^;)

 まあ、どこのご家庭にでもある話かもしれません。
posted by kingstone at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書いて(描いて)伝えるといいかもしれない(だめかもしれないけど)

 このエントリーははらぺこぺーこさんの
好き・嫌い」というエントリーに触発されて書いています。

 まず最初に書いておきたいのは、場の雰囲気を読まず、本音を言
ってしまう、というのはある人々の特性であり、それは「美しい特
性」と言ってもいいかもしれないこと。そしてそれがみんなが場の
雰囲気を読み過ぎて閉塞した状況になった時、それをぶち破る原動
力になる場合がおうおうにしてあった、ということ。って、何か大
げさですね(^^ゞ

 まあそんなことをわかったうえで・・・

 後、みんなと仲良く、というのではなく、狭い範囲で仲良しがい
ればいい、なんてことも思いつつ。

 実際問題、周囲といらぬ摩擦は起こさないなら、起こさない方が
いいかもしれない。

 自閉症やアスペルガーの人に、伝える時「書いて(描いて)伝える」
といいかもしれません。(もちろん個人の特性、日頃から書いて伝え
ているか、タイミングなどにより撃沈の可能性も高いです)

 ソーシャルストーリーを書くと・・・

ソーシャル・ストーリー・ブック―書き方と文例/キャロル グレイ

¥2,100
Amazon.co.jp


を参考に
−−−−−−−−−−−−−−−
 ともだちとたのしくあそぶのはいいことです。

 あそんでいるときに「○○くんきらい」というと、
 ○○くんはいやなきもちになります。
「○○くんきらい」って言わないでおくと
 ○○くんはいいきもちです。

 いいきもちはいいことです。
−−−−−−−−−−−−−−−
まあ、こんな文を書いて「一緒に」読んでいくわけです。

 上の文の場合、「〜をしないでおく」というのは「否定」の文が
入っていますから難しいかもしれない。こつは「具体的に」「肯定」
の文で書くとわかりやすいのですが。

 実践される方は上記の本を読まれることを薦めます。

 それから「「おはなしツイン」と「おはなしメモ帳」について
のエントリーで書いたコミック会話的に描くと下のようになるでしょ
うか。画像はクリックすると大きくなります。

$kingstone page-きらい1

$kingstone page-きらい2

 これも「否定」が入っているので撃沈の可能性大ですが。

 なお私は「気持ち」を点線の吹き出しで表しましたが、コミック
会話では○のとぎれた吹き出しで描いています。

 まあ、いずれにせよ日常が音声言語でこと足りている(と思って
いる)場合、視覚優位とわかっていてもついつい「書く(描く)」
ことを忘れがちになるものですが、お互いの居心地を良くするため
に「書いて(描いて)」伝えるのを癖にすると良いようです。

posted by kingstone at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月15日(月曜日)

 おはようございます。

 今日も起動できました。

 曇りです。
 近所の公園の菜の花が満開です。
posted by kingstone at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする