私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年03月14日

「おはなしツイン」と「おはなしメモ帳」について

「おはなしツイン」と「おはなしメモ帳」について

 何だか後ろ向きの話ばかりになってきたので、ちょっと前向きというか役に立つ情報を。

 「株式会社おめめどう」(まだホームページでは「(有)おめめどう自閉症サポート企画」になっていますが)の商品はすべて自閉症の人本人さんが居心地がよくなるように、との願いを込めて作られています。

 おめめどうのコミュニケーションメモ帳群に対する見解も別発言でしたいと思いますが、今回の一押しは「おはなしツイン」と「おはなしメモ帳」について。

 人の略図と吹き出しが描いてあるやつです。

おはなしメモ帳
おはなしメモ.png

おはなしツイン
おはなしツイン.png

 これは、自閉症の人が、相手の気持ちが想像しにくい、自閉症自身の人の気持ちを相手に伝えにくい、というのを解決しようとするものです。

 この技法そのものはコミック会話として知られたものでした。

コミック会話 自閉症など発達障害のある子どものためのコミュニケーション支援法/キャロル グレイ


 たぶん優れた実践者なら、そこらへんにある紙と鉛筆でチョイチョイと描いて実現していたこと。

 それを「おはなしツイン」と「おはなしメモ帳」は、誰にでも簡単にできるように形にして見せてくれたわけです。そしていちいち絵を描かなくていい、というのは周囲の人にも本人さんにも負担の少ないことです。

 使い方はハルヤンネさんも「ふたつめの「月がまわってくる」」で、時々書いて下さっていますが、ブログテーマとしてはまとまって出て来ませんので探すのがたいへんかも。

 popoさんの「popoのぶろぐ」では「コミュメモ」というブログテーマがあり、そこでよく出てくるのでわかりやすいです。

 お知らせまで。

追記
 私が思っている有効な範囲(あくまでも「おはなしメモ帳」と「おはなしツイン」に限ってです)

字や単語のわかる自閉症の方・・・非常に有効
アスペルガーや高機能自閉症の方・・・非常に有効
LDやADHDの方・・・よくわかりません
絵・写真・具体物レベルの自閉症の方・・・使い方はあるかも。ネットに具体例があるといいかも。

追記
 探せばたくさん具体例がありました。

追記 2014年8月28日
 「LDやADHDの方・・・よくわかりません」と書いてますが、
 私が今まで関わって来た中では「純粋のLDやADHDの人」って
 いたかなあ・・・という感じ。で、どう考えても自閉症スペクトラム
 の方の診断を優先すべきじゃないの、で、そっちから学習上の問題や
 注意があちこち行くことが起こってきてる人が多数のような・・・
 だから、なんか困ったことがあるなら、一度、使ってみられたらどう
 ですか?
posted by kingstone at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長男が誘拐されかけた話

 長男が小学生時代です。

 長男は少年野球をやっていました。その日はプロ野球選手が少年
野球をしている子に教えてくれる、というイベントがあり、そこか
らの帰りの話です。息子はユニフォーム姿でした。

 私と妻と息子の3人。私と妻はバス停で立って並んで待っていま
した。息子は少し離れたところにあるベンチに一人で座っていまし
た。ベンチには他には誰も座っていませんでした。

 初老の男がどこかからやってきて、すとんという風に息子の隣に
座りました。そして息子の手を握るとさっと立ち上がりました。息
子も立ち上がります。そしてそのまま何処かへ連れて行こうとしま
した。

 私は目をパチクリさせて見ていました。妻が先に声を上げました。
「どこ連れてくの!」

 男は手を離して逃げて行きました。

 まあ、いろんなことがあります。

 お気をつけ下さい。
posted by kingstone at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安心・自信・自由 の話をしたら

 大昔の話です。

 知的障害養護学校(特別支援学校)での送別会で。

 送別会の少し前に長男が誘拐されかけるという事件が起きました。
(これはまた「よしなしごと」で書きますね)

 それでCAPに興味を持ち、講習会に行ってみました。
 CAPは「人権」を大事にしています。

 そして「安心・自信・自由」を大事にしています。
 安心して生活し、自信を持って生活し、自由に生活する。

 安心のポーズ。両手を交差して胸にあてる。
 自信のポーズ。ガッツポーズです。
 自由のポーズ。万歳のポーズ(両手の間隔は開いて)

 これはいい。これって学校生活でも追求するものでは。

 で、送別会の挨拶の時にこの安心・自信・自由の話をし、みんな
にポーズを覚えてもらい「みなさんも本校をこんな学校にして下さ
い。私も異動先をこんな学校にしたいと思います」で挨拶をしめく
くりました。

 校長先生は「いい話を聞いた」と笑ってはりました。

 しかし受容的交流療法がお好きな素敵な先生には「なんで、いつ
もあなたはそんなことを言うの!」と叱られてしまいました

 上から目線が嫌、みたいなことかなあ・・・
 でも言いたかったんだもん。
posted by kingstone at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の異動がわかった時

 大昔の話です。

 私が知的障害養護学校(特別支援学校)から異動することがわか
った時。

 ある先生は人目の無いところで、私に最敬礼し、しばらくじっと
頭を下げてはりました。

 ある先生はやはり人目の無いところでうつむきながら
「kingstoneさんは勇気があるから・・・」
とおっしゃいました。

 公的な会議の場では、私に賛成することはまだまだ難しいと思わ
れていたのでしょう。
posted by kingstone at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女の先生を怒鳴りつけた話

 大昔の話です。

 知的障害養護学校(特別支援学校)中学部で。

 秋の頃だったか。

 ある授業のことで、その授業のチーフの女の先生と話をしていま
した。この先生はいろいろあって障害児教育には真剣に取り組もう
と思っておられた先生です。私は自閉症の生徒のことで、ある手だ
て、配慮が必要なことを説明していました。

 30分くらいたった時でしょうか。その先生が苦笑するように
「なんでひとりのためにそんなことしないといけないの」
とおっしゃったのに私はキレてしまい、怒鳴りつけてしまいました。

 ・・・たぶん後でも謝らなかったと思います。

 たまたま実習生さんの前でした。
 その実習生さんには「ごめんね。嫌なものを見せてしまった」と
謝りました。実習生さんは
「いいんですよ」と笑顔で答えてくれてはりましたけど。

 同じ授業でも、個別の配慮がある・・今はそれが常識になってい
るかな?
posted by kingstone at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金が出た時の話

 大昔の話です。

 知的障害養護学校(特別支援学校)中学部で。

 ある時、教育委員会から臨時にお金が出ることになりました。

 使い道を決めようという会議で
「宿泊つき校外学習へ行こう」という案が出ました。

 反対したのは最初私一人、後から明らかに「しんどいことはした
くない」という理由(表向きは違う意見を述べてはりましたが)の
人が反対をされましたが。

 いや、私の反対が「筋違い」な感じはもっていました。
 しかし何となく「日々の生活や授業を放っておいて校外学習に逃
げるな」という怒りみたいな気持ちが沸いていたのです。この時は
何となくでした。

 まあ、本来は「生活・暮らし」も「校外学習」も楽しくないとい
けないんですけどね。

 会議の時じゃなく後で、若者Dさんが私に言いました。

「僕の担任している自閉症の生徒は学校生活で笑顔がないんです。校
 外学習の時だけ笑顔が出るんです。だから僕は校外学習に賛成しま
 した」

 私は
「日々の生活や授業こそ笑顔が出るようにしないといけないんじゃな
 いか」と答えましたけど。
posted by kingstone at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何でそんなこと書くの?

 特別支援教育(障害児教育)について大昔の話を書いてます。

 何で今更、そんなことを書くのか。
 しかも前向きでは無いことも書いて・・・
 たぶんいろんなものへの非難も出てくるでしょう。(ってもう出てるか)
 今更書いてどうなるのか・・・

 誰かの役に立ったら、というわけではありません。
 ただただ「私を理解して欲しい」というだけでしょう。
 なぜ私が周囲からは過激・過剰と思われる行動を取っていたのか。

 ネットの世界の言説など、どれほどの信用がおけるものかはわかんないですよね。変なサプリの宣伝の「あくまでも使用者個人の感想です」というのと同じです。

 でも読んだ、一部の方に「ああなるほど」と思って頂ければ望外の幸せです。

 ちなみにノースカロライナのTEACCH部はメジボフ先生が

自閉症の理解―原因・診断・治療に関する最新情報/G.B. メジボブ


の中で
(引用開始)
 自閉症は両親にも教師にも理解しにくく、扱いにくい障害である。両親や教師の間などに強い感情的対立が生じても不思議はない。なぜなら完璧に治療できたり介入できたりした人は1人もいないし、反対意見が出ることもよくあることだからである。最近論議されていることは早期介入・インクルージョン・援護就労・罰・診断名をつけることに関してである。現在のところ自閉症を治すことはできないし、すべての自閉症児を助けることもできない。治療法だけが一人歩きし、ある方法やモデルが子ども達や家族に押し付けられることもある。最良の方法は、親や教師が他人を非難することに時間や労力を費やすよりも、自分のなすべき仕事にエネルギーを注ぐことであろう。
(引用終了)

と書いておられように、親や教師だけでなく、多くの他の療法にも、まことに大人の態度で終始しています。(しっかりデータは取ってると思いますが)

 ま、しかし私は大人じゃないし・・・
posted by kingstone at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検索で来て下さる

 ブログテーマは「ネット」かもしれません。

 アクセス解析の「リンク元URL」というところを見ていると
OCNのブログ人検索
http://blog.ocn.ne.jp/
から「構造化 知的障害」の検索キーワードで飛んで来て下さった
方がいました。

 デフォルトでは「ブログ人のみ」にチェックが入っているので、
「すべてのブログ」にチェックして検索したらOKです。

 へえ。グーグルじゃあたぶん引っかからないのにな。
 検索エンジンも、時折変えてみるのもいいのかもしれませんね。
posted by kingstone at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

齋藤宇開さんでした。

 今、グーグルで「構造化 知的障害」で検索をかけていたら
特別支援学校(知的障害)における自閉症等のある生徒の教育について ...
という記事に目が止まりました。

 中を見てみると・・

 おお、おなつかしい。
 私が「特殊教育学会にて」で
−−−−−−−−−−−−−−−
 いくつか面白いものがありましたが、特に興味が引かれたものが
ありました。

 わお、発表者さん、誰だっけ。
 お名前を失念した。最近とみに物忘れがひどくて・・・・

 当時北海道教育大学におられて、ボランティア活動をしすぎて、学部か
院かを卒業しそこねた、って面白い方です。確かその後、特総研に移られた
と思っていたのですが、サイトでは確認できませんでした。
−−−−−−−−−−−−−−−
と書いた先生、私のために長い時間をかけて質問に答えて下さった先生の
名前がありました。

A講師:齋藤宇開氏(NPO法人一貫性と継続性ある支援づくりのネットワーク
  「たすく株式会社」代表、元国立特別支援教育総合研究所主任研究員)

です。頑張ってはるんやなあ。
posted by kingstone at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カムイロケットの打ち上げ

 今日は早朝に起きたものの、なんかしんどくて寝たり起きたりして
ました。

植松努さんのブログを見てみたら、カムイロケットの打ち上げが、昨日
は強風でできなくて今日だって。ニコニコ動画のニコ生でやってるとい
うので見に行きました。

 7時10分のが見れました。
 って一瞬で何が何かわかりませんでしたけど。
 コメントをつけてた人も「見えなかった!」とか書いてた人が多かった。

 でもこんなものが見れるようになるなんてすごい。
 放送はまだまだ続いています。



 これ元気の出るすごくいい本でした。
 中に「今なら私は学習障害と言われる」みたいな記述もあり、なるほど
というような写真もあります。

posted by kingstone at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月14日(日曜日)

 おはようございます。

 無事起動できました。

 昨日は早めに寝たので、今日は早く目がさめました。
 外はまだ真っ暗です。
posted by kingstone at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする