私の関わりのある法人
ksbutton.png omemebuttan.png sowerbuttan.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2010年03月10日

ある場面での視覚支援をやめた時の例

 大昔の話です。

 小学部で、私のクラスでTEACCH的な取り組みをやっていた
頃。

 ある自閉症のお子さん。視覚支援で様々な効果があがっていた時
です。

 校外ランニングの時、待機場所までの移動は視覚支援でうまく行
っていました。しかし走る時は何もしていませんでした。非常にゆ
っくり走るので私は押したり引っ張ったりしていました(馬鹿・・
ですね)

 ある日、私はやってる最中にふくらはぎを肉離れしてしまいまし
た。それくらい強くやってたのか・・

 これは神様が「お前、考えを直せ」と言ってはるのだろう、と思
いました。

 そこでランニングのおり返し点にカード受けを用意し、おり返し
点の写真を撮りました。それを私の代わりに担当してくれた先生に
渡し、もしお子さんがゆっくり走り過ぎて困るようなことがあった
らお子さんに渡してくれるように頼みました。

 その先生が渡したとたん、そのお子さんはピューッと走って行っ
たそうです。後でその先生「いったいあれは何やったん?」と言っ
てました。私は「へっへっへっ」と答えました。

 しかしその後、だんだんその子は速く走らなくなりました。

 私は考えました。彼はランニングコースはわかったようだ。でも
結局のところ別に走りたくも何ともないのかもしれない・・・

 この場面の視覚支援はやめました。もちろん押すのも引くのも止
めたままです。

 結局、彼はゆっくりのままでしたが、まあ別には困らなかったで
す。こっちの考え方が変わっただけの話かな。
posted by kingstone at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別支援教育や関わり方など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スケジュール

 私の以前の発言でスケジュールという言葉を多く使っています。

 おわかりでない方は、またおいおい学んで頂ければ、と思いますが、
とっても素敵な発言(エントリー)を見つけました。

 よくお邪魔するpopoのブログさん。
 この中のスケジュールというエントリー。
 読んでいて笑みがこぼれて来ますけど、大事なことを書いてはります。

 このエントリーはアメンバー限定公開になっています。
 私は、アメンバーというのにはほとんどなっていません。
 でも、これは読みたくて、アメンバーにして頂きました。

 公開記事(これがほとんど)でも、参考になったり、うなずいたり、笑
ったりできるのがたくさんあります。
posted by kingstone at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | おめめどう・視覚支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯電話

 私は携帯電話を持つのをやめました。
 完全に引退状態だし、必要ありません。

 中3の次男に渡しました。
 古いmovaです。
 通話とメールができればいい、と最初は言っていました。

 でももうだめです。
 デコメールができない、読めない。写真の画質が悪い。友人から
の画像が見えない・・・・

 工業系の高校に進むので、1学期間は待て、と言っていました。
 たぶん周囲にiPhoneや他のスマートフォンを使う人もいて情報が
入ってくるのじゃないか、と思って。

 でももう我慢できないみたい。本体代は自分が出す、とも言って
います。

 iPhoneでも他のスマートフォンでも、大体機種代は2万円。
 さきほどdocomoに聞いたら次男の欲しいのは4万円・・・

 過渡期だから仕方ないですね。
posted by kingstone at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業式での校長先生のはなむけの言葉

 今日の次男の卒業式でのこと。

 校長先生は、はなむけの言葉の中で瀬戸内寂聴さんの言葉を引用
されていました。

「薔薇の花を摘みなさい」

 若い人は傷ついても、回復するから、という意味だそうです。

 15歳の生徒に贈る言葉としてまことに適切。しかし、学校で校
長先生が卒業式で、というのに何かおかしみを感じてしまう私は変?

 瀬戸内寂聴さんというより瀬戸内晴美さんという感じ。
 何かなまめかしさを感じてしまいます(^O^)

posted by kingstone at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次男の卒業式

 次男の中学卒業式に行って来ました。
 先日は長男の卒業式に行きましたが、私がこんなに式に参加でき
るなんてびっくりです。

 良かったです。
 「手紙 拝啓十五の君へ」は混成三部合唱で感動的でした。

 次男もいろいろありました。

 言葉は遅かった。今は普通(?)に話せてます。

 いつもつま先立ちで歩いていた。
 これは今も傾向はあります。過敏の問題ではなくアキレス腱が短
いみたいです。
 でも運動部を3年間やってきたし、高校進学もそこの運動部に入
りたくて決めたみたいです。

 「おかえり」と言うと「おかえり」と言っていた。
 「ただいま」と言うようになったのはごく最近のような。
 今は答えてくれないことが多いかな(^_^;)

 卒業式の場に参加していた生徒たちは、最後まで立派に参加して
いたようでした。1度だけ大きな声を出した生徒がいました。おお
むね「こっち側の文化」というか「学校文化」といったものに、う
まく合わせられる生徒たちのようでした。

 「場に参加していた生徒」と書きました。今は1校に数名の不登校
の生徒がいるのが普通なようです。そんな生徒もいたかもしれません。

追記 不登校の生徒の中には「自閉症(アスペルガー含む)」やその
   他の発達障害の方が一定数おられるのは、今ではよく知られて
   いることだと思います。

posted by kingstone at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月10日(水曜日)

 おはようございます。

 今日も起動できました。

 曇りで寒いです。
posted by kingstone at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・パソコン・携帯など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする