私の関わりのある法人

スクリーンショット 2015-01-19 0.09.07.png

スクリーンショット 2015-01-19 0.16.04.png
※このブログに書いていることは、私の関わりある法人の意見ではなく、
 あくまでも、私個人の意見です。

2016年02月13日

2月13日(土曜日) 定まれることにはあらず(徒然草)



 おはようございます。

 天気予報は曇り時々雨。
 予想最高気温が17℃!!
 すごく暖かいな。


原文『徒然草』全巻より


・ 第六十一段

 御産(ごさん)の時、甑(こしき)落す事は、定まれることにはあらず。御胞衣(おんえな)滯(とどこお)る時の呪(まじない)なり。滯らせ給はねば、この事なし。

 下ざまより事おこりて、させる本説なし。大原の里の甑をめすなり。ふるき寳藏の繪に、賤しき人の子産みたる所に、甑おとしたるを書きたり。


 呪いについて、「別に決まってることじゃないよ」というわけか。
 何となく続けられてるけど、「意味ないじゃん」みたいなこと、いろいろあるわな。


こしき【×甑】
   昔、強飯 (こわいい) などを蒸すのに使った器。
   底に湯気を通す数個の小さい穴を開けた
   鉢形の素焼きの土器で、
   湯釜の上にのせて使った。
   のちの、蒸籠 (せいろう) にあたる。
甑に坐するが如し
   《韓愈「鄭羣贈簟詩」から》甑に座って
    下から蒸されているようである。
    夏の暑さのはなはだしいさまのたとえ。
こしきおとし【甑落(と)し】
   《「甑」と「腰気(こしき)」とが同音で
    あるところからという》天皇家や公家で、
    安産のまじないとして、御殿の棟から甑を
    庭に落とすこと。男子のときは南へ、
    女子のときは北へ落とすという。
こしきたおし【甑倒し】
    酒の醸造元で仕込みが終わったことの祝い。
posted by kingstone at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日のつぶやき




































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

2月12日(金曜日) 人に厭はれず、萬許されけり(徒然草)



 おはようございます。
 天気予報は晴れ後曇り。
 で、予想最高気温が15℃!!
 かなり暖かくなるのかな。


原文『徒然草』全巻より


・ 第六十段

 眞乘院に、盛親僧都(じょうしんそうず)とて、やんごとなき智者ありけり。芋頭(いもがしら)といふ物を好みて、多く食ひけり。
(中略)
 この僧都、みめよく、力強く、大食(たいしょく)にて、能書・學匠・辯説、人にすぐれて、宗の法燈なれば、寺中にも重く思はれたりけれども、世を輕く思ひたる曲者にて、萬(よろづ)自由にして、大かた人に隨ふといふ事なし。出仕して饗膳などにつく時も、皆人の前据ゑわたすを待たず、我が前に据ゑぬれば、やがて獨り打ち食ひて、歸りたければ、ひとりついたちて行きけり。齋(とき)・非時(ひじ)も、人に等しく定めて食はず、我が食ひたき時、夜中にも曉にも食ひて、睡(ねぶ)たければ、晝もかけ籠りて、いかなる大事あれども、人のいふこと聽き入れず。目覺めぬれば、幾夜も寝(い)ねず。心を澄まし嘯(うそぶ)きありきなど、世の常ならぬさまなれども、人に厭(いと)はれず、萬(よろづ)許されけり。徳の至(いた)れりけるにや。


 盛親僧都という人は「芋頭(なんだか里芋に似た物みたい)」というものばかり、しかも好きな時に食べては、好きな時に寝て、人に従うなんてこともなかっし、普通じゃない様子だったけど、嫌われたりせず、「そういう人なんやな」と許されていた、という話やな。

 まあ、そうありたいもんや。



posted by kingstone at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日のつぶやき




















































































posted by kingstone at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

2月11日(木曜日) 捨てがたしとて捨てざらんや(徒然草)



 おはようございます。
 天気予報は晴れ。
 予想最高気温が12℃。
 なんかだんだん暖かくなってきてますね。


原文『徒然草』全巻より


・ 第五十九段

 大事を思ひたたむ人は、さり難き心にかゝらむ事の本意を遂げずして、さながら捨つべきなり。「しばしこの事果てて」、「同じくは彼の事沙汰しおきて」、「しかしかの事、人の嘲りやあらん、行末難なく認め設けて」、「年来もあればこそあれ、その事待たん、程あらじ。物さわがしからぬやうに」など思はんには、え去らぬ事のみいとゞ重なりて、事の盡くる限りもなく、思ひたつ日もあるべからず。おほやう、人を見るに、少し心ある際は、皆このあらましにてぞ一期は過ぐめる。

 近き火などに逃ぐる人は、「しばし」とやいふ。身を助けむとすれば、恥をも顧みず、財(たから)をも捨てて遁れ去るぞかし。命は人を待つものかは。無常の來ることは、水火の攻むるよりも速かに、遁れがたきものを、その時老いたる親、いときなき子、君の恩、人の情、捨てがたしとて捨てざらんや。



 大事なことはすぐやること。
 命がかかってりゃ、大事なものを捨ててでも、逃げるでしょう。

ってわけですね。
 しかし「大事やな」と思うことを「後で」というように考えずにすぐするのと、「逃げなきゃ死ぬ」状況で逃げるのと、同じなのか?なんかちょっと違うような気もするのだけど・・・
posted by kingstone at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スクリーンショット 2015-01-19 0.09.07.png